未分類

不倫記事によって自分の営業していたお店がつぶれた 訴えることはできる?

投稿日:

不倫の記事を書かれたことによってお店が損害を受けるというような事があれば、これは訴える根拠となります。

またお店ではなく精神的な苦痛を受けたという事も根拠となりえます。

不倫の記事が正確に書けるという事はなく、人のプライバシーに関する部分を当人の許可なく公衆に公開したという事で、誹謗中傷からさまざまな精神的な苦痛を受けるという事が実際に起きるわけですから、これによってストレスなどの精神的な苦痛を受ければ、それを賠償する責任は当然記事を書いた側が負わなければなりません。

それだけの罪を記事を公開した側は持っていると考えなければなりません。

芸能人と不倫したことが雑誌に掲載

芸能人と不倫したことが雑誌に掲載されるという事はあり得ることかもしれませんが、これによってお店が不利益を受ければ当然訴えることは出来ます。

まず不倫をするという事を記事にして世間に情報拡散するという事自体が問題とされても不思議ではありません。

不倫そのものは別に他人かとやかく言うべきことでは無く、これについて文句を言うことが出来るのは当事者とその家族や関係者の身という事になります。

他人の家族の行動について報道機関が記事にすること自体プライバシーの問題だと言っていいでしょう。

しかも、その記事が正しく情報を伝えることなどありません。

他人の不倫の記事を正しく書くなど出来ることではありませんから、その事によって生じた損害については当然訴えて責任を取らせることは出来るという事になります。

訴える内容としてはいろいろなモノを考えることが出来るでしょう。

名誉棄損という形でもいいですし、損害賠償というような事でもいいでしょう。

精神的苦痛を受けたというような事も考えられますし、当人の許可も取らないで個人のプライバシーに関することを公にしてしまうという事をする報道機関は今の行動について自粛すべきといってもいいぐらいです。

何でもかんでも言えば許させるというような今の風潮は問題があるといっても良いでしょう。

芸能人だから許させるというような事もありません。

芸能人の不倫が当たり前のように週刊誌などで出てきますが、そのこと自体に問題があるとも言えます。

ネットで自分の個人情報がさらされる

ネットで自分の個人情報がさらされるという事も当然問題となります。

不倫だからいいというような事ではありません。

不倫を公の罪のように考えている人もいますが、これについては被害者との関係によって生じることなので、他人がそれを知って動向というような事ではありません。

よく、知る権利というような事が言われることがありますが、個人のプライバシーに関して知る権利は発動しない。

特に不倫のような個人の問題に関してそれをネット上にさらすというのは大きな問題といってもいいでしょう。

何しろその時には名前やプロフィールのような個人情報も一緒に出てくる事になるわけですから、そのような事を赤の他人がしていいはずはいりません。

記事を公開した人もとうぜん訴えられることもあるという事を覚悟する必要があるでしょう。

個人情報をネット上に公開するというような事はして良いことではありません。

その記事によって不倫というような行為が問題になるだけではなく、お店がつぶれてしまうというような事になれば、当然その責任は記事を掲載した人が負わなければならない事になり、損害賠償であれ、名誉棄損であれどのような訴えを起こされても文句を言えるような事にはなりません。

人の個人情報はそれぐらいに慎重に取り扱わなければならないもので、うかうかと簡単にネット上に掲載して記事にしていいような事ではないという事です。

そのことによって精神的に被害者が追い詰められるという事は十分に考えなければなりません。

経営している店にも誹謗中傷の電話やメールが

経営している店にも誹謗中傷の電話やメールが来るという事は当たり前のように起きることになります。

ネットや新聞、テレビなどを見て悪い事をしている奴がいるという事を知った人の中にはこうした直接的な行動によって相手を貶めることで満足するという人達が大勢いるわけです。

自分たちは抗議の意思を示しているという事にもなるのかもしれませんが、それを誘引したのは間違いなく情報を記事にしたメディアにあると言えます。

不倫の記事だから問題ないというような事はありません。

不倫罪というようなものはありませんし、たとえあまり褒められた行動ではないにしても、確たる証拠もなく当人の許可なくそのような情報を記事にすることは認められていないわけです。

何故ならこのような誹謗中傷がさまざまな方法によってなされるからで、ある意味では営業妨害に当たるといっても良いでしょう。

風評被害というようなものも考えることが出来るようになります。

不倫とお店の営業とは全く関係がないにも関わらずにお客さんが来なくなるというわけですから、これはそう考えても不思議ではありません。

誹謗中傷の電話などの場合には具体的に電話対応に時間を取られるという物理的な損失も発生しているわけで、こうした事を誘引した記事には大いに問題があるといって間違いはありません。

精神的な苦痛も考え合わせれば記事を作成し、公表した人の罪は大きなものがあるといっても良いでしょう。

それだけの意味があるという事を知る必要があります。

掲載した雑誌社を訴えることはできるのか

掲載した雑誌社を訴えることは当然できます。

それもさまざまな罪を考えることが出来ます。

情報が持つ意味というのは大きなものがあって、それが事実に基づいていないものは、憶測によるもの、当人の許可なく公開されたものとなると、それぞれに罪が考えられることになります。

まずは名誉棄損ということが考えられますが、これは不倫ということが事実に基づいているのかどうかということもありますが、程度というようなことも考えられます。

会っていたというだけで不倫と言われることもありますが、程度にはいろいろなものが考えられるでしょうから、行き過ぎた報道という事でも訴えられることになるでしょう。

次にはお店が受けた損害を賠償するという損害の賠償請求を考えることが出来ます。

これについては精神的な苦痛を受けたという事と合わせて請求されることも出来るでしょう。

雑誌社の勝手な判断によって様々な苦痛を受けて精神的な病になったというような事も訴える根拠となります。

不倫についての言い訳も全く違う言葉として記載している場合には、自分が言っている言葉とはちがうとして訴えることも出来ることも考えられます。

基本的に不倫の記事を記載しているという段階で自分に対して明確に意図するものがあるわけで、不当な不利益を被っているわけですから、それに対して賠償する責任は当然相手側にあるという事になります。

何でもかんでも記事にしていいというような事はないので、記事によって受けた全ての損害について賠償する請求をすることは出来ます。

まとめ

芸能人との不倫だからといって個人のプライバシーに関する情報を雑誌社が自由に記事にすることは許されません。

ですから、その事によって生じた損害を請求するという権利は当然ある事になります。

それは物理的なものもですが精神的なものも当然あって、それらについての賠償責任は記事を書いた側が負わなければならない。

何故ならそれだけの影響がある事も自覚して記事にしているわけで、それを意図して記載したという事も罪に問われても仕方がありません。

不倫とお店の営業とは全く無関係であるにもかかわらずに被害を出しているわけですから、これは当然の事とも言えるかもしれません。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-未分類

運営者情報