行動

不倫後に別居をするメリットとは

投稿日:

不倫は信じていた人から裏切られる行為です。

そのショックは計り知れません。

信じがたい出来事を目の前にして冷静な判断ができる人がどれほどいるでしょうか。

今すぐにでも荷物を整理して、今後一切関わりたくないという気持ちも分かります。

しかし、感情的に動いてしまい、後悔してしまうことだけは避けたい問題です。

すぐに離婚しようと考えている方も少し深呼吸して考えてみることで様々なことが見えてくるかもしれません。

結論を出す前にどんな問題があって、解決手段があるのかを理解してからでも遅くはないはずです。

ここでは不倫後に別居をした場合に、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

相手が改心することがある

長年夫婦をやっているとちょっとしたことが当たり前になってしまい、お互いの大切さを見失うことがあります。

不倫に至った理由も相手を思う気持ちの欠如が原因かもしれません。

そういった場合には少し距離を置くことで相手が改心することがあります。

なぜなら、二人でいたときには気づけなかったことが、冷静になることで見えてくるからです。

不倫をされた状況では目を合わせるのも腹が立ってしまうもの。

顔を合わせることは、さらなる関係の悪化に繋がりかねないのです。

本当は寄りを戻したいと思っていても、感情が抑えられないのであれば別居することは効果的だと言えます。

その間のやり取りはLINEなどのメッセージアプリを活用することで顔や声を聞くことなく応対できます。

相手の淡白な反応は、不倫した相手にとっても罪悪感を感じやすいと言えます。

あくまで冷静に、淡々としたやり取りは行ったことの現実を突きつけるのです。

また、離婚してしまえば独身生活を送ることになりますので、男性にとっても料理や洗濯などの家事全般を自分で行う必要性がでてきます。

普段は当たり前にやっていたことの大変さに気付く良いきっかけにもなります。

どうしたら良いか分からない問題でも時間が解決してくれる可能性があるのです。

別居が離婚事由として認められる

夫婦両者の同意があれば離婚を行うことは可能ですが、どちらかが拒んでいる場合には裁判を執り行う必要性が出てきます。

法律上、離婚を成立させるためには「第三者から見て夫婦関係が破綻しているかどうか」が基準となります。

長期間の別居は破綻の明確なサインとされ離婚事由として認められるのです。

単に別居状態になっただけでは難しく、目安としては5年から10年間程度の期間が必要とされます。

ただし、これは不倫などの不貞の事実がなく価値観の違いなどを原因に至った場合です。

不倫を行ったことが原因である場合、期間以外の細かい事情も考慮されるため不倫や激しい対立があったケースとして比較的短い期間でも離婚が認められる場合があります。

逆に離婚原因を作った側の申し出は原則的には認められていません。原因を作った本人が離婚を請求することはあまりに身勝手で不合理なため却下されてしまうのです。

そのため、離婚をするかしないかの主導権は不倫をされた側にありますので、相手から離婚を申し出されて成立するという心配はいりません。

どちらにしても離婚裁判が執り行われた場合には別居歴がある場合、またその期間が長ければ長いほど離婚できる判決が下されやすくなります。

いざという時の切り札になり得るのです。

離婚の準備をゆっくり進められる

仮に離婚することを決めていたとしても結婚する時とは違い、離婚には様々な準備を要します。

基本的な手続きだけでも離婚届の提出・住民票の移動・国民年金・健康保険・印鑑登録・各種名義変更などが必要です。

夫婦の間に子供がいる場合にはさらに複雑化してしまいます。姓と戸籍の変更・児童扶養手続きの申請・学校の手続き・学資保険等の受取人の変更などが加わります。

また、距離を置くことで離婚後の仕事はどうするのかなど将来の計画もじっくりと練ることが可能です。

離婚とは違い、別居では夫婦の関係は継続しているとみなされ相互に幇助義務が生じます。法律でお互い助け合って、生活レベルを均等にするように定められているのです。

感情のままにすぐに離婚をしようとすると精神的にも肉体的にも、そして経済的にも大変な負担を強いられることになります。

今までの婚姻費用の請求は収入に見合った額となりますが、経済的な不安を抱えずに済むことで離婚の準備を冷静にゆっくりと進めることが可能です。

結婚の場合はポジティブな感情を原動力に行いますが離婚する際、特にその原因が不倫ともなると気が進むものではありません。

別居には、なるべく心の負担を少なくして準備できるメリットがあります。

まとめ

別居をするメリットは、以上のように「相手の改心の可能性」「離婚事由」「準備をゆっくり進められる」ことが挙げられます。

しかし、実際に別居を行うべきかどうかの判断や、どのように別居の手続きを取ったら良いのかが分からないこともあります。

一人で解決できそうにない場合や、精神的に余裕がない場合には探偵事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

探偵事務所は不倫調査の依頼を受けることがありますので、その分だけ多くの不倫から離婚に至るまでの事例を見てきています。

心に抱えた不安も、的確なアドバイスできっと和らげてくれるでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報