行動

夫の不倫はこう見破る! ママ友協力で旦那のスマホのパスワードを盗み出せ!

投稿日:

不倫を疑ったとしても、それを素直に打ち明けるような男性はいません。

だからこそ世の妻たちは、自力で証拠集めをしていくことが必要となるのですが、夫のガードがかたいとそれもなかなか上手くはいきません。

そこで頼りになるのがママ友です。

同じ既婚女性としての悩みを抱えていれば、お互いの夫の悪事をあばくために協力をしあうことができるでしょう。

また自分の妻とは違うので、例え尾行されたりしても警戒したりする必要はありません。

では具体的にママ友と協力してどのようにすれば夫の悪事を見破ることができるのでしょうか。

特に証拠がありそうなスマホに焦点をあててその方法を紹介していきます。

ママ友に協力してもらって、旦那が乗る電車に乗ってもらう

まずは尾行をするということですが、どんなに物陰に隠れてあとをつけても、それが妻だとバレやすくなってしまいます。

なんとなく視線を感じたり、道路のミラーで隠れているのが見つかったりするからです。

刑事や探偵などのプロであればそういったミスはほとんどないのですが、素人は簡単にバレてしまうものです。

またもしも「どうしてあとをつけているの?」と聞かれてしまうと、その後の言い訳ができなくなってしまいます。

だからこそ妻が夫のあとをつけるというのはとてもリスクが高いのです。

しかしママ友ならどうでしょう。たまたま同じ方向に用があっただけと言われれば何も違和感はありませんし、問題はありません。

そして同じ電車に乗るようにします。

電車内ではスマホを操作して時間をつぶしている人が多いので、夫もスマホを出す可能性が高くなります。

その際にスマホをこっそり盗み見るようにすれば、パスワードをゲットすることは十分可能です。

この方法で難しいのは、お互いの距離感です。

近すぎると世間話をするためにスマホを出さない可能性がありますし、怪しまれないようにと距離を置きすぎていると、せっかくスマホを出してもどんな操作をしているのかがまったく見えない場合があります。

近すぎず遠すぎずの距離を保つことがこの方法の成功の秘訣です。

どうしても電車内で距離を縮めることが難しいという場合には、夫婦そろって家に招待したり、あるいは自分が遊びに行かせてもらうなどしてチャンスをうかがうようにしましょう。

旦那にLINEして、パスワードを打たせ、それを後ろから盗み見る

夫のスマホを見ることができるような距離まで来たら、次は妻にLINEを送ってもらいます。

その際にはできるだけ長めの文章を送ってもらうようにしましょう。

短い文だと、わざわざロックを解除しなくても通知だけで内容の理解が可能となってしまいます。

目的はロック解除の操作をさせることなので、少し長めの文章を送ってもらうようにすることが大切です。

また後で見ればいいやと思われてしまわないようにするためにも、少し緊急性を持たせると良いでしょう。

このように妻から連絡をしてもらうことで、夫はなんの警戒心もなくロックを解除して内容を確認しようとします。

その瞬間を見逃さないようにし、ママ友にパスワードを盗み見てもらうのがこの方法です。

4桁の番号や、点線を繋ぐタイプの解除方法であれば、それほど難しくはないので一度見るだけでも覚えられるでしょう。

桁数が多い場合にはなかなか覚えられないという可能性もあるので、何度かチャンスをうかがって内容を確定させていく方が無難です。

実際に私もママ友の依頼でやってみたことがあるのですが、実際に盗み見をしようとするのはそう簡単ではありません。

一番難しかったのは距離感ですし、あからさまに見ているような感じでいると次からは警戒されてしまいます。

だからこそ私はママ友の旦那さんに背中を向けるようにして立ち、手鏡を使ってスマホの中身を盗み見したことがあります。

通常と左右が逆になるので間違えないように整理する必要がありますが、この方が自然と見ることができます。

後で、そのママ友から旦那のスマホのパスワードをゲット

パスワードをゲットしたら、ミッションは成功と言っても良いでしょう。

後はその内容をもらえば終了です。

不倫をしている男性は、妻にスマホの中身を見られることを極端に嫌います。

だからこそ自宅ではスマホの操作に慎重になりますし、勝手に中身を見られないようにロックもかけています。

バレないように気を付けながら操作をしていることでしょう。

それだけ気を付けているにも関わらず、まさか妻がロックの解除ができるなんて思いもよりません。

「見られないようにすれば大丈夫」という過信が不倫がバレる結果を招いてしまうものなのです。

不倫をしているのであれば、必ずLINEや電話などの何かしらの連絡をとっていると思って間違いないでしょう。

中には不倫相手の写真を大事そうに保管している人もいます。

できるだけ不倫の証拠になりそうな材料を見つけることが妻の仕事です。

私もママ友に協力をしてもらったおかげで、夫のスマホを見ることができるようになりました。

お風呂に行った時や寝ている時などの隙を見てチェックをしてみましたが、そのおかげで不倫の証拠を見つけることができました。

そして自分の携帯で画像をとって大事に保管しています。

いざ不倫問題によって離婚などのトラブルが発生したときに、より優位に事を進めるためです。

本当はスマホを覗き見ること自体が良くないことなのでしょうが、実際にそれが犯罪になるわけではありません。

モラルの部分よりも、私は確かな証拠をつかむことを優先させることにしたのです。

お礼は、ママ友の旦那にも同じようにしてパスワードを盗み見る

なんとかうまく接触し、パスワードを盗み出すというのはそう簡単なことではありません。

一歩間違えれば相手に不快感を与えてしまうことになりますし、今後のお付き合いにも響いてきます。

だからこそママ友にとってもリスクがあるのですが、やはり結婚をしている以上は不倫を心配してしまうのは仕方がありません。

何もないに越したことはないのですが、真実を知りたいと思う人がほとんどでしょう。

そんな気持ちに賛同して協力をしてくれたのですから、当然お礼が必要です。

ここでのお礼としては、物やお金を渡すのではなく、やってもらったことをそのままお返しするということです。

つまりママ友のご主人をターゲットにして今度は自分が行動を起こすのです。

これでお互いが自分の夫の悪事を見破ることができるようになりますし、真実が分かれば心のもやもやがとれて晴れ晴れしい気持ちで毎日を過ごすことができるでしょう。

私はママ友に協力してもらって夫の不倫の証拠を見つけることができたので、そのお返しにママ友に協力をしました。

調べてみた結果不倫はしていなかったようなので、とてもホッとしたと喜んでいました。

それが分かっただけでも無駄ではなかったと私も嬉しく思います。

スマホはガラケーとは違って画面が大きいですし、画面を直接操作することなので、情報をゲットしやすくてとても助かりました。

この件以来ママ友とはより深いお付き合いができるようになったと感じています。

不倫調査の仕方としてはあまり褒められたことではないという自覚はありますが、何もしないよりは確実に情報をつかむことができます。

まとめ

不倫をするようになると、何らかの変化が見られるのでそれをきっかけに夫に不信感を持つようになる人は多いでしょう。

だからと言って直接尋ねたり、常に疑いの目をかけているのは夫の警戒心を更に強めてしまうだけです。

片時もスマホを離さなくなったり、スマホのロックもこまめに変えるようにするなどの対策をするようになってしまっては、探る側としてはとても面倒です。

一度不倫を疑うようになったら、まずは夫に警戒されないように少しずつ探っていくことが大切です。

態度を変えたり疑っていることを投げかけたりするのではなく、周りの協力ももらいながら情報を集めた方が堅実です。

そうすれば必ずどこかで不倫の尻尾をつかむことができます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報