行動

「証拠はないけど不倫してるに違いない!」と思ったらすべきこと

投稿日:

結婚相手やパートナーとは長い時間を一緒に過ごしてきた経験から、相手の些細な変化にも気付きやすくなります。

少しでも怪しいと感じたときは、不倫などの浮気をしていることが考えられるので深みにはまってしまう前に早く対処をすることが必要です。

不倫関係が長引いてしまうと、離婚を切り出されることもあるため、そうなると家庭が崩壊することも考えられます。

離婚に合意をする場合でも、精神的に痛めつけられた代償として慰謝料を請求することができますから、とにかく浮気をしたという証拠を集めることが重要になります。

証拠の有無によって、請求できる慰謝料の額も変わってきますから、離婚後の生活にも多大な影響を与えてしまいます。

不倫の証拠となりえるものとは

不倫の証拠となるものは、浮気相手と一緒にホテルに入っているところをツーショットで撮影された写真や動画が一番有効です。

既婚者でありながら、奥さんとは別の女性とホテルである程度の時間を一緒に過ごしたということは、不倫を示すことにつながるからです。

二人で一緒に部屋やホテルに入っている写真があれば、はっきりした証拠になるため、それによって不貞行為をしていたことが認定されやすくなります。

その他には不倫相手とのメールや電話のやり取りも有効ですが、これらはプライバシーの観点から見つけるのは難しい傾向があります。

スマートフォンはロックすることができますから、いくら夫婦であっても相手のものを確認することは難しいからです。

その他には浮気をしていることを問い詰めたときに相手が認めた内容を録音したり、念書として書かせたものも証拠になります。

ただ人間は自分の過ちを認めようとはしない傾向がありますし、浮気の場合は言い逃れができるのではないかと考えがちなので自白されるのは難しいです。

そのため一番証拠として得やすいのが、写真は動画ですが、素人では大事な場面を見逃してしまいがちです。

追跡をしているときにばれてしまうことも考えられますから、不倫を疑ったときは探偵事務所などに依頼をしてプロに証拠を確保してもらうことが一番手っ取り早いといえます。

調査対象者にばれずに証拠を確保してもらえるので、自分は疑っているそぶりを見せずに相手を油断させるようにします。

微々たるものでも複数の証拠を組み合わせて事実を明らかに

不倫をしている人は心のどこかで後ろめたい思いを持っていますし、大半が家庭は壊したくないけれどスリルを楽しみたいという人が少なくありません。

そのため不倫をしていても、奥さんを含めて周囲にはばれないように行動をしているため、ホテルを利用するときも一緒に出入りすることを避けようとします。

時間差で出入りをすると、ツーショット写真が撮影できませんから、不倫の証拠としては認められないことがあります。

ただ証拠というのは、小さなものでも積み上げていけば立派なものになります。

ホテルでの不倫相手との写真が撮影できなくても、複数回利用していれば同じ人が時間を前後して出入りしていることがわかります。

そしてホテルなどの支払いにはクレジットカードを利用することが多いですが、カード明細によって利用した日時がわかります。

それらを集めていけば、これから不倫相手と会う機会を予想しやすくなるので、証拠写真を撮影するときに役立ちます。

電話やメールなどの履歴を確認して頻繁にやり取りをしている相手が見つかれば、その人が不倫相手ではないかとめぼしをつけて、徹底的に調査をすることによって不倫の証拠が見つかることがあります。

相手の行動がおかしいと感じたら、疑われないようにじっくりと観察をして、ぼろが出るのを待つのも大事です。

すぐに証拠を集めようとするのではなく、長い時間をかけて少しずつでも集めていけば、それが大きな事実を導き出すことになります。

証拠がないのに疑うなと逆上されてしまったときの対処法

不倫を疑ってしまったら、相手の行動を確認したいという気持ちになってしまうので、詮索しがちになってしまいます。

人間は自分に後ろめたいことがある時に疑いの目を向けられると、反省をするよりも逆上してしまいがちです。

怒りっぽい人は、特に先に逆切れして自分を優位に立たせようという意識が働いてしまいます。

逆上されても証拠があれば、それを盾にして反逆することができますが、証拠がないときは喧嘩に発展してさらに自分を信じてくれていないからという理由をつけて離婚を求めるずるい人間もいます。

そのため証拠を手にしていないときは絶対に不倫を疑っていることをばれないようにすることが大事ですが、もし疑っていることがばれたら冷静に対応をすることをおすすめします。

一緒になって喧嘩ごしになってしまうと、修復できない状態になってしまいます。

そのまま喧嘩から離婚になっても、まだ証拠が得られていない状態では不利な状況に陥ってしまうことがあるので注意が必要です。

逆上されてもその場は自分が冷静になって相手をなだめるようにして、その場をやり過ごすようにします。

こっちが冷静になって疑っていないということを話せば、相手も後ろめたいことがあるので少しずつトーンダウンをしていきます。

さらに疑っていないことを信じさせることができれば、ばれていないと油断をして不倫相手と連絡を取るなど大胆な行動に出ることがあるので、その機会を逃さないようにして証拠を確保します。

逆に慰謝料請求されるリスクも…証拠は必ず集めるべき

不倫をしている人の中には、奥さんと別れて不倫相手と新しい生活を始めたいと考えることがあります。

新しい生活を始めるためには資金が必要ですから、できるだけ別れる相手にはお金を渡したくないと考えています。

そこで離婚するまでに自分が浮気をしていることがばれないように慎重に行動して、離婚するときにも自分の不倫が原因であることを隠そうとすることがあります。

また奥さんに不倫がばれていることに気付いているときは、逆に不倫をしていることを疑わせるような行動をして自分を信頼していないことやプライバシーの侵害だとして、逆に調査をしたことを理由に慰謝料を請求することもあります。

離婚をするときには不貞行為を示すことができなければ慰謝料が驚くほど少なくなってしまうことがあるので、相手が離婚を切り出そうということを察知したらできるだけ早く証拠集めを行うことが重要になります。

不倫相手にも精神的に痛めつけられた代償としてお金を請求することもできますから、泣き寝入りだけはしないように早めに証拠集めをしましょう。

証拠があれば言い逃れを許さないようにすることができますし、離婚した後の自分の生活を立て直すための足掛かりになります。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように、離婚するときに金銭面ではっきり折り合いがつけば、心のダメージも少しは和らげることができます。

不倫をした相手に負けないように、早くから証拠集めの段取りをつけることが次の人生のために役立ちます。

まとめ

信頼していた夫に不倫をされるのは、年齢に関係なくいつでもつらいものです。

しかし一方で自分を裏切った相手と我慢して一緒に暮らすよりも、きっぱりと別れて自由を満喫するほうが長い目で見たら良い選択肢だったということもあります。

ただ離婚をするにしても、自分の受けた傷を癒して新しい人生を始めるためにはお金が必要になります。

相手から受けた傷をお金に換算するためには、不倫をしていた証拠が必要になりますから、怪しい行動だと感じたときは自分から積極的に動いて証拠集めをしましょう。

探偵事務所などを利用すれば、効率的に証拠集めができ、それが新しい人生を開くきっかけになります。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報