行動

自分に本気にさせよう!不倫相手を離婚に踏み切らせるための手順

投稿日:

不倫相手を本気にさせることにより、相手との妻と離婚させるように仕向けましょう。だからこそ、あの手この手で対策をしなければなりません。

離婚に導くためであれば不利な状況であっても利用して、相手の精神を利用しなければならないのです。

もちろんこの方法は裁判沙汰になることはなく、浮気であることが発覚しないので、金銭を要求されることはありません。

そのため、不倫を行った後に結婚するためには、相手に離婚をさせるように仕向けることが何よりも円満に解決させるためには重要なことなのでしょう。

これにより相手の判断を鈍らせる必要があります。

付き合い始めた時のことを思い返させる

付き合い始めた頃のことを思い出させることで相手に本気になってもらいましょう。

付き合い始めた頃は相手の奥さんに不満を持っていた頃であり、夫としても欲求不満であったことは間違いがありません。

そのときの状況を思い出してもらうことにより、本気で真剣に離婚を考えるようになるでしょう。

不倫によって自分の本気度が思い出せるようになります。

このメリットは、自分が遊びではなく本気でお付き合いをしたいと考えていた時期を思い出させることにより、不倫を正当化させることができることです。

もちろん飲み会での席で行ったことを思い出させることで、自分が不倫を行ってしまったという負い目を感じることもできるのです。

常に夫は妻の言うことを聞かなければならないので、不倫をすることでストレスを解消することもできたでしょう。

それが今後も続くと思えば不倫に関して本気になることができるかもしれません。

重要なことは初心にかえることであり、相手に本気だった昔のことを思い出してもらうことです。

相手に限らず誰でもはじめてやった自分の行いは間違っていないと信じたいものであり、それが揺るぎないものであれば、本当に行動に起こしてしまうことがあるのです。

だからこそ、付き合いを始めた頃のことを振り返ってもらうことで、最初の自分の行動が本気であったのか確かめてもらうことができるようになるでしょう。

付き合い始めた頃を振り返ることで、自分に対する考え方が改まります。

不倫相手のすべてを受け入れる無償の愛を持つ

不倫相手は、かなりの負い目を感じて生活しています。

法律上は問題がありませんが、結婚したにもかかわらず不倫を行ったということは決して消えることのない過去になるでしょう。

だからこそそれを受け入れるためにも自分は不倫相手の全てを受け入れる無償の愛を持つことが重要になります。

愛はお金で売買できるなどといいますが、相手をその気にさせるにはお金ではなく心が重要になるのです。

心で動くことで相手はあなたに対して本気になる可能性が高くなります。

相手の妻が、金銭を要求して裁判沙汰に発展しようと考えているのであれば、あなたの無償の愛は非常に素晴らしく尊いものであることが明白に理解できるようになるでしょう。

それだけでなく、本来であれば、自分の行いが間違っているものであっても金銭が関わることにより正当化させることも簡単にできます。

だからこそ、相手に対して無償の愛を提供することで、離婚を行うという正攻法で行うことが重要な意味をなすのです。

不倫において重要なことは、相手が自分を本当に愛しているかどうかという問題です。

遊びでやっているのであれば、それまでで終了してしまいますが、相手が本気で考えているのであれば、行動を起こさせる必要があるのです。

自分に対する愛を確かなものにするためにも、無償の愛を提供することで、真剣に考えさせる事ができるでしょう。

それだけでなく裁判沙汰にならないので、金銭に関わる問題が発生することはありません。

連絡の頻度を少なくするなど一歩引いて気をひく

相手に対して、本気度を高めるためにも、あえて連絡の頻度を少なくするなどをして気を引きましょう。

男は焦らされると、欲求が高くなります。

会いたくても会えない状況が続くと今の環境に不満を持つことが多くなります。

たとえ些細な問題であっても今の妻に問題を考えるようになり、最終的には離婚に導くことも可能です。

もちろんそれまでに大量の愛を貯金しておくことが重要になります。

大量の愛とは、具体的に言うと、肉体関係だけでなく心も満たすことができるほどの愛情です。

普段キツくされている妻から離れて優しく接触する相手には好意を持たないわけがありません。

そのため連絡の頻度を少なくさせるまでにしっかり愛情を貯金しておくことが何よりも重要になります。

愛情を思い出させることにより、本気で離婚を考えるようになるでしょう。

それだけでなくあなたと結婚することも実現するかもしれません。

たとえそれが既婚者であったとしても、自分に対して優しく接触してくれた人間に対しては、不愉快に思うこともなく、自分の環境を良くしてくれる救世主であると認識するようになるでしょう。

もちろん重要なことは、自分が連絡を遮断する前に、愛情をしっかり注ぎ込むことです。

この愛情の量こそが相手を本気にさせるために重要な意味を作っていくことになるでしょう。

しっかり愛を投げかけることにより、不倫相手は現状の不満を解決させるために本気で行動を起こすことができるようになります。

第三者の協力を依頼するのも手

もちろん、第三者の協力を依頼することも良いでしょう。

第三者とは、不倫相手の友人や上司などのことです。

それらと関係を良好に保つことが重要になります。

お金を使用することも良いでしょう。

具体的には、不倫相手の友人に自分のことを良くするためのことを言ったり、友人も不倫関係にあることを告白して、不倫は正当な行為であることを、しっかりと認識させることです。

間違っても弱みを握ることで、バラされたくなければ不倫相手と付き合えなどと言うことはやめましょう。

弱みを握るとそこに不満が出てしまいます。

弱みを握って不倫に付き合う方法は正攻法ではありません。

重要なのは愛情をもたせることです。

自分の行っていることが間違っているものではないと判断させ、正当に離婚をすすめるようにさせることが重要なのです。

そうして愛情をもたせて不倫を正当化させることが、より相手を本気にさせるスパイスになるでしょう。

それだけでなく、不倫相手の上司を利用することで、自分のボスが不倫をしていることにより、より不倫が正当化することができるようになります。

自分の上司は自分にとって模範となる存在であり、真似する対象であります。

だからこそ、上司が不倫をしているとしれば、自分もやっても問題ないと考えるようになるのです。

上司がやっていることを知れば、あなたとの付き合いも本気に考えるようになる可能性は十分あります。

だから会社の上司を利用することが効果的になるでしょう。

まとめ

不倫を行っていることを本気にさせて、離婚に導かせるためには様々な方法がありますが、いちばん重要なことは相手に愛情を提供させ、相手の同意を得ることで離婚に導かせることが重要なのです。

間違っても弱みを握って暴力的に不倫に付き合わせることは避けなければなりません。

圧力がかかっていると更にそこから逃れるためにあの手この手で対策を行い始めます。

そのため離婚がうまくいく事が無くなる可能性もあるのです。

だから、愛情を提供させる方法が正攻法であり、一番確実なやり方であると言えるでしょう。

愛情のないところに本気な考えはありません。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報