行動

不倫相手ときっぱり分かれてもらう方法

投稿日:

配偶者が利用していた場合には、そのまま離婚する選択肢もありますが、夫婦仲を改善し婚姻関係を継続させるならば別れてもらう方がよいでしょう。

とはいえ、遊びで不倫をしていたならともかく、本気で不倫をしていたとすれば別れてもらうことは容易ではありません。

そもそも不倫をするのは、男性や妻のどちらかに不倫をするだけの理由が存在しているからです。

このような場合には、単に別れてもらうことを考えるだけでなく、自分自身も配偶者に対して何がいけなかったのかを考えることが重要になります。

それができたならば、別れてもらうための具体的な行動を始めましょう。

慰謝料を請求する

別れてもらうための一つの方法は、慰謝料を請求することです。

相手に対して何も請求しなければ、不倫を容認されていると勘違いしてしまうかもしれません。

そこで、本格的に慰謝料を請求した場合には、相手も本気の行動と感じるでしょう。

しかも、金銭的な面で大きな痛手を受けることになるため、別れざる得ない状況に持ち込むことが可能になります。

ただし、慰謝料を請求する場合には不倫をした両方が認めているか、あるいは認めていないとすれば何らかの客観的な証拠を手に入れなければなりません。

証拠を手に入れるためには、不倫を示唆するようなLINEの文書を見つけただけでは不十分です。

仮にその文章を写真に撮ったとしても客観的な証拠能力は低いといえます。

このような場合には、証拠を見つけるプロに相談してみるのもよいかもしれません。

本格的な証拠と言えるのは、ホテルに出入りした時の写真を何枚か撮影した時や、不倫をしていると決定づける音声や写真を撮影した場合になります。

これらの証拠能力がある証拠を見つけて、初めて慰謝料請求ができると考えて間違いありません。

請求金額は相手の収入などにもよりますが、100万円以上になることがほとんどです。

示談書に署名捺印を求める

慰謝料請求を行う場合には、同時に示談書を書いてもらう必要があります。

本来であれば、裁判を行い判決を待つところですが、実際に裁判を行った場合にはかなりのお金がかかってしまいます。

せっかくお金の請求が決まったとしても、裁判費用で消えてしまうことも考えられるでしょう。

そこで、多くの人は裁判はせずに示談を成立させていることが多くなります。

示談ならばお金はかからないからです。

ですが、当人たちが話し合いをしたとしても客観的な証拠は残らなければ後でそんな話しはなかったといわれてしまうこともあるかもしれません。

やはりなんらかの証拠を残す必要がありますので、その点を考えて示談をする必要があります。

後で問題を残さないためには、示談書が大事になります。

これを用いることで、第3者に対抗することができ客観的な証拠として残るでしょう。

内容の中に、今後一切近づかないようにすることを述べるべきです。

相手も本気ならば、そうやすやすと示談書にサインをしてこないでしょう。

そのような場合には、示談が成立しなければ裁判に訴えると言うことで有利な展開になりやすいです。

示談書は不倫をした二人に書いてもらうとよいです。

結果的に、別れてもらうことができます。

不倫相手の親に話をする

別れてもらうためのもう一つの方法は、不倫をした相手の親に話をすることです。

不倫をした側も、悪い気持ちはありつつも気持ちが抑えられなくなり不貞行為を経験してしまうことも少なくありません。

不貞行為自体は、あまり表ざたにされたくないのが人間の心理です。

特に、自分と深い関係にある親などにはばれたくないでしょう。

これを逆手に取り、相手の親に対して自分の配偶者と不倫関係にあったことを話せば、そこで関係が終わる可能性もあります。

もちろんこの場合には、状況をよく判断して行う必要があるでしょう。

不倫した相手の親が、激怒する可能性もあるだけでなく、警察などに相談して問題が大きくなってしまうこともあります。

良識のある親であれば問題ありませんが、そうでなければ別の問題を引き起こしてしまうことになります。

そのため、事前に相手の親がどのような親なのかをよく調べてから連絡をとってみるべきです。

もちろん親といえども、すでに親権があるわけではありませんので、子供に対して具体的な行動をしない可能性は高いですが、親権はなくても心理面で圧力をかけるものになりますので、実行するだけでも効果があります。

話すときには、あまり感情的にならないようにするべきです。

まとめ

配偶者が不倫をしたけども別れたくない場合には、まずお金を請求する方法があります。

裁判沙汰で行う方法もありますが、和解などをすればそれほどお金はかかりません。

次に、示談書を双方に書いてもらい客観的な証拠としてこれ以上不倫をしないように求めることもできます。

客観的な証拠として残りますので、それ以降は別れさせることができるでしょう。

さらには、不倫相手の親に事実を報告する方法もあります。

もちろん、この場合には冷静に話をすることが大事になります。

もし自分たちだけで解決が難しそうな場合には、探偵に相談してみるのも良いです。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報