行動

知人には言えない…不倫の悩みを無料相談できるところを紹介

投稿日:

良くないことだと知りながら関係を止められずに悩んでいたり、不倫相手の配偶者に知られて多額の慰謝料を請求されて困ったりしてはいませんか。

不倫関係のトラブルや困りごとは、内容が内容だけに知人や友人にも相談するのも難しいものです。

自分のことをよく知っていて信頼できる相手が一番ですが、話す相手を誤ると噂として広まったり子供にまで知られたりと取り返しのつかない結果となる恐れがあります。

そんなときは、信頼できる第三者機関に相談するのがいちばんです。

そこでここでは、信頼できて、無料で不倫関係の悩み事の相談ができる施設や機関を紹介していきます。

弁護士でも無料相談をしてくれるところもある

不倫がバレ、高額な慰謝料を要求されるとどうしていいかわからず困りますね。

しかし、わからないからといって無視してはいけません。

請求額が増額したり、裁判を起こされたりする可能性もあります。

法的にきちんと対応すれば、言われるがままの金額を支払わずにすむ可能性がありますので、まずは専門家である弁護士に相談してみましょう。

弁護士というと高額な費用が必要で、とても無理だというイメージを抱いている人もいるかもしれません。

また、弁護士にはそれぞれ得意とする分野があり、不倫相談をするならその方面を強みとする事務所を選ぶ必要がありますが、どうやって探せばいいかわからないという方もいるでしょう。

そんなときは、ぜひお住まいの近くの法テラスを頼ってみてください。

法テラスとは日本司法支援センターのこと。

ここは法的トラブルを抱えてしまった人に対して弁護士に無料で相談できるサービスや弁護士費用の一時的な立て替えサービスを提供している国の機関です。

目についた弁護士事務所に手当たり次第に相談に行くといったことをすると、30分間で5000円といった費用がかかることがあります。

しかし法テラスを通した場合は、費用はかかりません。ただし、相談は無料ですがその後正式に依頼する場合は当然費用が発生します。

この費用の支払いが難しい場合は、法テラスで立て替えてもらうことが可能です。

また、法テラスと契約している弁護士事務所であれば、直接訪問しても無料相談や民事法律扶助(立て替え制度)を利用することが可能です。

NPO法人のカウンセリング

不倫や浮気、離婚などの諸問題に関してアドバイスやカウンセリングを行っているNPO法人に相談するのもおすすめです。

NPO法人によって異なりますが、専門のカウンセラーが相談に乗りますので、有益なアドバイスや情報が得られたり、今後の方向性を見出したりすることができます。

電話やメールフォームでの相談を基本とすることが一般的ですが、直接対面して相談できるところもあります。

その場合は予約が必要となり、都合がつかないとなかなか日程が決まらないこともありますので注意しましょう。

なお、プライバシー厳守が基本ですので、同居の家族に相談の内容が知られるといった心配はありません。

その点は安心してください。

ただし、カウンセラーのレベルは一定ではありません。高圧的であったり、こちらの立場を理解しないで説教してくる相談員がいるといった可能性も残念ながら否定できませんので、留意してください。

迷い悩んでいるときにそのようなカウンセラーに当たると精神的に参りそうになることがあるかもしれませんが、さまざまな意見があると考え、あくまで参考程度にとらえると良いでしょう。

もちろん、ほとんどのケースで、親身な対応や専門的な立場からの助言が期待できます。

どうしていいかわらない、弁護士への相談は抵抗があるという人は、まずはNPO法人に連絡してみることをおすすめします。

ただし、NPO法人によっては不倫をしている側の相談は受け付けないというところもあります。

不倫の電話相談・ホットラインもある

不倫関係の悩み全般に関して、無料相談を受け付けているサービスやホットラインも存在しています。

運営している団体によってサービスの内容や特徴はさまざまで、2回目以降は料金が発生するケースもありますので、自分にあったところを選ぶことが大切です。

電話でのみ相談を受け付けていて、内容によって手続きの方法や専門機関の紹介をする電話相談やホットラインもあります。

その場合は、情報を得た後は自分で考えて動くことが必要となります。

どうしていいかわらない、とりあえず情報がほしいという人はこのタイプのホットラインにまずは相談して話を聞いてもらうといいかもしれません。

電話やメールフォームによる相談は無料で受け付けていて、その後にさらにサポートを受ける場合は料金が発生するというところもたくさんあります。

司法書士や弁護士といった専門家と提携しているところも多く、電話相談で提示された解決策を承諾して契約した場合、必要に応じて専門家の助けも借りることになります。

法的トラブルの解決だけでなく、精神面でのケアを行うカウンセラーの紹介なども含まれることがあります。

最初の相談の段階で、契約するとどういったサポートが受けられるのか、いくらくらいの料金がかかるのかをしっかり確認しておいてください。

このタイプのホットラインは、無料だからちょっと相談してみたい、とりあえず内容を聞いてみたいといった人にはおすすめできません。

不倫トラブルの解決をしっかり図りたいと考えている人向けでしょう。

公言できない恋愛だからこそ第三者の声が必要

恋愛が始まるきっかけは人それぞれです。

最初は不倫関係だと知らず、交際してから知ったけれどやめられなかったという人もいれば、既婚とわかっていて好きになったという人もいるでしょう。

周りには隠す必要のある恋愛というのは、デートでもいつも以上にドキドキして盛り上がるもの。

しかし、いったん周囲に知られてしまうと、その代償は大きなものとなる可能性があります。

考えらえる代償としては、まずは勤務している会社で減給や降格といった処罰を受けたり、最悪の場合は解雇されたりするというもの。

そして不倫相手の配偶者からの多額の慰謝料の請求です。

また、子供に知られれば一生軽蔑されるという恐れもありますし、友人や知人たちも離れていくことでしょう。

しかし、恋愛に夢中になっている間はこういったリスクは考えられないものです。

不倫は公言できない関係ですので、さらに友人や知人などの意見を聞くことがなく、歯止めがかからないといったことにもつながります。

だからこそ、冷静で事態に直接の関係がない第三者の意見が必要となります。

利害にまったく関係ない人からの意見は意外と聞くことができます。

今不倫をしていると言う人で、もしも現状をどうにかしたいと考えているのであれば、ホットラインや無料相談などを利用して聞いてみることをおすすめします。

冷静になれれば、盛り上がっていた関係も冷める可能性があります。

また相手の配偶者にバレてトラブルになっているといった人ももちろん、弁護士など専門家への相談は有益です。

まとめ

不倫をしてしまい、お悩みの方が相談できる窓口を紹介してきましたが、いかがでしたか。

不倫関係の悩みは、家族や友人など自分をよく知る人には相談しにくいものです。

アドバイスを受けても素直に聞けない心理状態になることもあります。

また、バレてしまって慰謝料を請求されているときなどは、専門家の的確なアドバイスが必要となります。

そこで有効なのが、無料で相談できる第三者機関の活用です。

関係のない立場の専門家からの意見であれば、冷静に聞けるという人も多いでしょう。

ぜひアドバイスを役立て、悩みから解放されてください。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報