行動

職場内の不倫、実はバレバレです!

投稿日:

職場内で不倫をしている人がいますが、周囲の人たちにはバレているのが通常です。

当事者同士はバレていないつもりでいても、思わぬところから家族などに不倫を知られ大変なことになる可能性もあります。

私が勤めていた八百屋は駅ビルやデパートなどにも出店している業界大手の会社でしたが、やはり不倫をしているパートさんたちがいました。

相手は他のテナントや同じ会社の社員です。

地元で不倫をしていると、知り合いに見かけられる可能性もあります。

多くの人が不倫をする時代かもしれませんが、自分は大丈夫という思い込みは本当に危険だと思います。

見えないと思っている社内での隠れてイチャイチャ

パートナーとのすれ違いによる寂しさを埋めるためだったり、単純にチヤホヤされたいなどの理由で不倫相手を探すためにパートに出る女性は少なくありません。

特に子供が中学生や高校生になったくらいの40代から上の世代の女性が、不倫のパートナーを求めて働きに出る傾向があります。

私は駅ビルにテナントを出している大手の八百屋で働いていました。

もちろん私の場合は生活費を稼ぐためです。

他のパートさんの中には、お金に困っていないのにお小遣い稼ぎと不倫相手を探すことを目的として働きに出ている人たちがいました。

特に驚いたのは旦那さんが公務員をしているケースです。

旦那さんが市役所の職員という安定した地位にあり、生活に困ってはいないのに不倫相手を探すためにパートに出ている40代の女性がいました。

社内で浮気をしていると、周囲の人間は変化にすぐ気づきます。

その女性の不倫相手は会社の社員さんでしたが、時々2人で食事に行ったり社員さんが休みの日に出かけたりしているようでした。

夫婦関係がすれ違い、不倫をするために働きに出る女性は少なくありません。

職場では隠れてつき合っているつもりでも、言葉や態度などで周囲の人間にはすぐバレてしまいます。

また職場の人間だけでなく、地元の知り合いにもバレる可能性があります。

本人たちはタイミングを見計らって隠れてイチャイチャしていますが、職場不倫を隠すのは至難の業です。

家族にバレるようなことがあれば大変なことになるので、職場不倫はおすすめできません。

二人だけの合図、本当にバレないと思ってます?

私の働いていた八百屋は全国的に店舗を出店している会社でした。

若い男性の社員さんが多く、中にはもちろんイケメンもいます。

最近では若い男性の間でも熟年女性の人気があります。

年上の女性の包容力に甘えたいと考える男性が多い時代となりました。

熟年女性も若い男性からチヤホヤされると嬉しいものです。

私が働いていた職場でも20代の男性社員と50代のパート女性が不倫をしていました。

この女性の旦那さんは会社員で単身赴任中だったので、基本的に男性の母親と二人で暮らしていたそうです。

夫の母親との二人暮らしでストレスが溜まっていたのでしょう。

職場の若い男性社員と隠れて浮気をするようになりました。

し二人だけの合図を決めて、タイミングを見計らって職場でイチャイチャしていましたが周囲から見るとバレバレです。

態度や言葉で怪しいというのはすぐに分かってしまいます。

この女性の場合は男性社員が少し離れた店舗に転勤になりましたが、その後も不倫関係が続いていました。

最終的には男性社員が県外に転勤になり、不倫関係が終わったようです。

ただこの50代の女性は男性にチヤホヤされたいという欲求が人一倍強いので、新しいパートナーをすぐに見つけました。

次の不倫相手は隣にテナントを出店していた雑貨屋さんの大学生アルバイトの男の子です。

二人でよく仕事終わりに食事に行ったり、休日も遠くまで出かけていました。

職場で浮気をする人たちは、自分たちだけの合図を決めていても周囲の人には簡単に分かってしまいます。

会社付近での密会は密会じゃない

職場付近での密会は非常に危険です。

地元の知り合いや家族に見られる可能性があります。

私が働いていた会社でも社員さんと不倫をしているパート女性が何人もいました。

他のスーパーなどでも状況は同じだと思います。

スーパーなどで働いているパート女性は、生活費を目的として働いていると思われがちです。

確かに子供が幼く、生活費や教育費を稼ぐために働く女性も多くいます。

しかし特に熟年女性でパートに出る人の多くは、生活に余裕のある人たちです。

もしくは離婚して独身なため、生活費を稼ぐためにパートに出るというケースも見られます。

駅ビルや百貨店、スーパーには八百屋や肉屋、魚やなどのテナントが入っています。

それらのテナントは社員だけでなくパートやアルバイトがいないとお店を運営できません。

そのため多くのパート女性が働いています。

一見すると生活費を稼ぐために頑張っているように思われますが、実際は生活に余裕があるにも関わらず不倫相手を探すためにパートに出る女性がいるのも事実です。

職場不倫を求めてパートに出るケースは、40代以上に多く見られます。

女性はいくつになっても綺麗に見られたいという欲求があります。

40代を過ぎると基本的に男性からチヤホヤされる機会が少なくなるのが通常です。

夫婦間のすれ違いなどをきっかけとして職場不倫を求めて働きに出る人たちがいます。

しかし会社付近での密会は、職場の人たちだけでなく地元の知り合いなどにも見られる可能性があり非常に危険です。

見られているかもという快感が悲惨な結果を引き起こす

不倫をする人の中には、わざと職場の知り合いや家族に見られているのではないかという快感を求めるケースがあります。

しかし一時の快感を求めて職場不倫をするのは悲惨な結果を引き起こします。

私が働いていた職場では、その会社の社員だけでなく他にも二人の愛人がいる40代の女性がいました。

そのうち一人はインターネットの掲示板を通して知り合い、もう一人は日用品の宅配員だそうです。

インターネットで知り合った愛人は同じ市内に住んでいると言っていました。

また日用品の宅配員は自宅を訪れた際に女性の方から口説いたそうです。

その女性には中学生の女の子と高校生の男の子がいます。

家庭があり子供たちがいるのに職場不倫を求めてパートに出ているだけでなく、他にも愛人がいると聞いたときには信じられない気持ちでした。

女性は何歳になっても男性からチヤホヤされたいと思うものです。

誰であれ女性ならばそのような気持ちがあるというのは分かりますが、家庭を壊すようなことをするのは間違っています。

その40代の女性は浮気相手の家だけでなく自宅でも不倫をしているそうです。

見られるかもという快感が病みつきになっているのでしょう。

旦那さんや子供たちを裏切っているという背徳感や、家族に知られるかもしれないというスリルは一種の興奮をもたらします。

一方でそのような危険なスリルに身を任せていると、いずれは破滅することになります。

私が働いていた職場の40代女性は、前にも一度不倫を旦那さんにバレたことがあるそうです。

そのときは子供も小さくなんとか取り繕うことができたそうですが、今度見つかれば完全に家庭が壊れてしまうでしょう。

まとめ

最近では多くの女性が職場不倫をする時代になりました。

特に熟年女性が不倫相手を探すためにパートに出るケースが目立ちます。

私が以前パートとして働いていた駅ビルの八百屋でも、不適切な関係を持つ女性がいました。

不倫相手を探すためにパートに出る女性が、必ずしも経済的に困窮しているわけではありません。

ある女性は旦那さんが地元の市役所の職員で生活は非常に安定していましたが、会社の社員と職場不倫の関係にありました。

当事者同士は他の人にバレてないと思うかもしれません。

しかし職場の人たちにはすぐにバレてしまいます。

また地元の知り合いや家族にも知られる可能性があるので非常に危険です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-行動

運営者情報