基礎知識

40代の女性が不倫に走ってしまう要因とは

投稿日:

不倫はもちろんのこと、恋愛をするのに年齢は関係ないと言われています。

特に40代は恋愛が激しく行われる年代であり、早々に結婚した女性からすれば恋愛をしたくなる年頃でもあります。

その理由には、結婚生活が長くなり、旦那からの刺激が少なくなった、子育てが余裕が出来てライフスタイルが変わった、自立した生活ができるようになったなど様々なことが背景にはあります。

40代の女性が不倫に走るのは、体力的な面やこれから先に不倫や恋愛をするのは難しくなるというタイムリミット的なことも考えられます。

40代で不倫に目覚める人が多いのはちゃんとした理由があります。

性欲が大きく変化する

男性は10代後半に性欲のピークを迎えると言われていますが、女性の場合は40代にそのピークを迎えます。

これはそれまでたくさん分泌されていた女性ホルモンが減少していき、男性ホルモンが多くなってきたことで積極的になってくるのが原因とされ、40代になって急にアグレッシブになる人が出てきます。

30代は受身、40代は強気と称する人もいるなど、それだけ年齢を重ねると性欲に変化が生じるようになり、アグレッシブな恋に目覚めていきます。

若い男性を求めたがる40代が増えていますが、性欲の観点で言えば実は相当釣り合っています。

20代男性と40代女性であれば性欲の面で言えば同じようなものです。

これに40代のテクニックや20代男性のスタミナが重なれば互いにメリットのある関係性になります。

強まる欲望を鎮めてくれる存在こそが不倫相手であり、こちらが相手を貢ぎ、その代わりとして夜の営みのサポートをするという主従関係が不倫関係として成立することになります。

元々不倫に目覚めるのは刺激が足りないことが大きな原因ですが、若い男性と行為に及ぶことが出来るというのはそれなりの刺激を得ることができます。

家族に対する罪悪感というのは少しあったとしても、これまで一生懸命支えてきたのだから少しばかりはいいのではないかという甘えも含まれています。

欲望が強まり、結果的に不倫に走ることになったとしても、年齢による影響や運命的な出会いなど色々と要素が重なってのことです。

ライフスタイルが変化する

結婚してすぐに妊娠し、出産ということになれば女性はお母さんとしての一面を見せます。

子育てに忙殺され、家事や仕事の両立に悩み、そのことで旦那と衝突するなんてことはどこの家庭でもある話です。

そこに子供が大きくなってやんちゃな時期を迎え、今度は妹や弟を作るとなれば不倫なんて考えている暇はありません。

そんな状況が当たり前になっている中で子供が小学校に行き、時間が空いてくるとこれまで抑圧していたものが爆発するように噴出してくることになります。

きっかけは社会復帰としてパートに行き始める、共働きをするために職場に復帰するなど外に出ることがほとんどです。

また習い事などでママ友と一緒に外に出かけるようになってから出会うこともあります。

それまで大人の男といえば旦那ぐらいしか接してこなかった奥さんからすれば、旦那とはまるで違う精悍な顔つき、引き締まった体の若い男性を見かければ、恋のような感情を抱いてもさほど不思議ではありません。

ライフスタイルが変化することはこれまでの環境と大きく変わる部分もあります。

そして子育てなどで自分の時間を犠牲にしてきた分、少しでもそれを取り返そうとして不倫に走ってしまうことが考えられます。

40代が色々な意味でタイムリミットだとしたら、ここから勝負をかけていくことは不思議ではありません。

40代に入って不倫が多くなるのは環境の変化やこれまで抑圧してきた分の反動であることが多く、旦那さんは注意が必要です。

夫婦生活に飽きてくる

40代で不倫に走るようになる要因の最たるものは夫婦生活に飽きてくることです。

旦那などは奥さんに対してもっと尽くそうとか、テクニックを磨いて喜ばそうという思いは段々としなくなるものです。

子育てをしていくうちに1人の女性ではなく、お母さんとして見るようになるからです。

奥さんからすれば、あれだけ好きだった男性なのに好きという感情が消えていき、腐れ縁のような不思議な関係へと変化していくことから、40代になれば当然夫婦生活は冷え切ってしまいます。

冷え切らないようにするには、常に相手に尽くすことが大事ですが、これを維持するのは相当大変です。

お互いに好きであることを維持し続けなければなりませんが、たいていは男性がそうした気持ちに萎えてしまいます。

そうなってくると女性側は刺激が足りない、つまらないと思うようになり、不倫をしたくなるという構図です。

同年代の男性を狙い打ちするよりも、下の世代の男性を手玉にとることでイニシアチブを握りたいという思いもあります。

自分に尽くしてくれる男性を求めたいという人が多く、それで何とか夫婦生活を保とうとする人も少なくありません。

これが過ぎると不倫がエスカレートして大変なことになってしまいます。

欲望を紛わせるために不倫を行っており、コントロールすることはとても大変です。夫婦生活に飽きてきたと感じる男性は不倫をされる可能性が高いことを知っておくべきです。

そして、危機感を持たないと大変です。

金銭的・精神的にも余裕ができてくる

40代という年齢は旦那にとってみても稼ぎ時です。

収入も上がり、ちゃんとした大企業であれば1000万円をもらうケースも徐々に出始めます。

また子供の手がかからなくなることで自分自身も職場復帰、もしくは副業を始めて金銭的に余裕が出てくることもあります。

金銭的に余裕が出れば精神面にも余裕が出てくるのが世の流れです。

こうなってくると自分の時間というものを大事にするようになります。

それが40代の不倫につながってくるようになります。

ただでさえ奥さんは家庭のお財布を握っており、へそくりなどいくらでもしようがあります。

旦那の財布をチェックし、お小遣いのコントロールをしていくことは容易であり、稼ぎがどんなもんかを完全に把握し、その中でやりくりをしていきます。

これに自分の副業が加われば不倫をするだけの財力は備わります。

不倫は結構お金がかかるものであり、旦那にとってはやりにくいものですが、反対に奥さんは財力も時間もあるため、とてもやりやすいです。

精神面でゆとりが出てくると、周囲も見えていきます。

そうなってくると、ある種の開き直りのようなものも出てくるようになり、1人の女性として振舞うことに何の問題があるのかと感じます。

家族を犠牲にする形になるとは分かっていても、そこは今までのことを貯金として自由に遊ばせてほしいと思うようになり、さほど罪悪感は感じていません。

良くも悪くもストレスを発散させて遊ぶようになるのが40代とみて間違いありません。

まとめ

男性ホルモンが勝ってくるようになり、アグレッシブになっていくのが40代です。

その一方で、金銭面でもゆとりが出てくるのもまた40代であり、いかに40代を謳歌するかが焦点になっています。

もちろん不倫で楽しむ人もいれば趣味に熱を入れる人や友達と旅行に行くことでストレスを発散する人もいます。

アグレッシブであることに変わりはないですが、それが男性に向かうか、趣味に向かうかの違いです。

男性からすればこれだけ結婚していれば大丈夫だろうという思いがありますが、結婚生活が長くなり惰性的な感覚になった40代が正念場であり、ここを乗り越えないと熟年離婚が待っています。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報