基礎知識

不倫の相談は専門弁護士が安心?

投稿日:

結婚をしてその後夫婦関係を続けていると、パートナーとうまくいかなくなることがあります。

多くの場合にはいわゆる倦怠期が原因であり、時間が経てば自然に解決することになりますが、パートナーの様子に不審なところがあれば不倫を疑うことが必要になるかもしれません。

不倫を理由として離婚を請求したいという場合などには、やはり不倫を専門とする弁護士に依頼をするのが安心で確実です。

相手方との離婚の話し合いの代理人となってもらうことができますし、話し合いがうまくいかず離婚調停や離婚裁判へと移行する場合も、手続きなどを任せることができるのです。

不倫の専門弁護士とは?

弁護士は法律の専門家であり、不倫についても相談することができます。

男性の奥さんや女性の夫が不倫をした場合には、パートナーに不倫をされた男性や女性は相手に対して、離婚を求めることや慰謝料を請求することができるのです。

離婚や慰謝料の請求は本人が直接行うこともできますが、話し合いで合意に至らない場合には調停や裁判などの法的な手続きが必要になります。

話し合いによる解決が難しそうな場合には、最初から弁護士への依頼を検討するのが良いでしょう。

弁護士には離婚に関する話し合いの代理人となってもらうことができますし、調停や裁判へと進行した場合にも各種の手続きを安心して任せることができます。

ちなみに法律の専門家としてはその他に行政書士や司法書士などがあげられますが、行政書士や司法書士は書類の作成や提出が本来の仕事になりますので、不倫の案件を依頼するのであればやはり弁護士に依頼するのが有利だといえるでしょう。

弁護士が手掛けることができる案件の種類に制限はありませんが、多くの場合には自分の得意とする分野に特化した活動を行っていることが多いようです。

不倫専門の弁護士は、不倫に関する案件を得意としています。

不倫に関する知識が豊富であり、不倫に関する案件を数多く手がけた実績があるのです。

不倫を理由として離婚を請求したいと考える人や、不倫を理由として慰謝料を請求したいと考える人は、不倫専門の弁護士への依頼を検討してみてください。

弁護士に依頼できること

弁護士になるためには司法試験に合格することが必要であり、幅広い法律知識を身に付けることが合格のための条件となります。

日本には弁護士・司法書士・行政書士などの様々な法律の資格がありますが、弁護士はそれらの中でも最上級に位置する資格であり、法律に関する業務であれば基本的にすべてを取り扱うことができるのです。

不倫に関する案件では相手方に対して離婚を請求することと、精神的な損害に対する補償を請求することが、弁護士の主な業務内容となります。

具体的には離婚の相手方との話し合いや、話し合いで解決しない場合には離婚調停や離婚裁判など、代理行為や各種手続きを弁護士に依頼することができるのです。

まずは内容証明郵便による離婚の請求手続きから始まり、依頼者の代理人として相手方との話し合いを行い、合意に達した場合には離婚に関する同意書を作成します。

話し合いで合意に達しない場合にはそのまま離婚調停や離婚裁判へと移行することができますし、相手方が調停や裁判の結果に応じない場合には強制執行の手続きを行うなど、法律的手続き全般に関するサポートが受けられるのです。

自分自身で相手方との話し合いを行い、必要に応じて弁護士に相談するという方法もありますが、実際には最初から弁護士に依頼をした方が相手方との話し合いがスムースに進行することが多くなりますし、話し合いの途中から依頼をすると面倒な手間がかかったりトラブルが発生することなどもあります。

不倫案件の解決が難しそうであれば、最初から弁護士への依頼を検討するのがおすすめなのです。

弁護士にかかる費用相場

弁護士の費用については以前は日弁連(日本弁護士会連合会)が定める基準が設定されており、弁護士はこれに従って費用を請求することが一般的でした。

この基準は平成16年に廃止されたため、現在はそれぞれが独自の判断で依頼者に請求する費用の額を決定していますが、現在も以前の基準を費用の目安としている弁護士が多いようです。

不倫を理由とした離婚の請求については、主に次のような費用が発生します。

まずは初回相談の費用として、1時間1万円程度の費用が請求されることになります。

ただし実際には初回費用は無料とする弁護士が多いようです。

正式に依頼をする場合には、着手金として契約の時点で20万円~50万円程度を支払うことになります。

その後実際に離婚が成立した時点で、成功報酬を支払います。

成功報酬は離婚を成立させたことに対して20万円~30万円程度、親権を争った場合には親権を得たことに対して20万円~30万円程度、慰謝料が支払われた場合には支払われた額の1割程度が、それぞれ弁護士への報酬の目安となります。

その他には離婚の話し合いへの参加や、裁判所における調停や裁判に出廷した場合には、1日あたり3万円~5万円の日当が請求されますし、裁判所に作成する書類の作成費用や印紙代や切手代などが別途実費で請求されます。

弁護士費用についてはそれぞれの段階で必要な費用をその都度支払うことが一般的ですが、経済的な事情がある場合には分割での支払いや、案件が解決した時点での一括払いなどが可能な事務所などもありますので、まずは確認をしてみてください。

親身に相談に乗ってくれる弁護士を選ぼう

弁護士には法律的な問題はもちろんですが、さらに不倫全般に関する様々な問題を相談することができます。

不倫に関する案件を数多く手がけた弁護士には様々な知識や経験がありますので、不倫問題に関する的確なアドバイスを受けることができるのです。

不倫を理由とした離婚請求を依頼する場合には、親身になって対応してくれる弁護士を選ぶようにしましょう。

近年では法律事務所の多くがインターネットホームページを作成して、得意とする分野に関する様々な情報やこれまでに手掛けた主な案件などを掲載しています。

不倫の案件を依頼するのであれば、不倫問題と得意とする法律事務所を選ぶのが有利です。

離婚についてはただ成立すれば良いというわけではなく、離婚の成立の伴ってさらに様々な法律上の問題が発生することになります。

まずは夫婦間における財産の分与や年金の分割が問題になりますし、子供がいる場合には親権の問題や養育費の問題などが発生するのです。

複雑に絡み合ったこれらの問題をスムースに解決するためには、知識だけではなく豊富な経験が必要とされるのです。

離婚問題に精通した経験豊富な弁護士であれば、これらの問題を安心して任せることができます。

離婚の問題はあなただけではなく、相手方となる夫や妻、さらに子供の人生にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

くれぐれも親身になって対応してくれる、安心して任せることができる弁護士を選ぶことを心がけるようにしましょう。

まとめ

今回は不倫専門弁護士に依頼をすることのメリットや、依頼をするための方法や必要な費用などを解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

不倫はプライバシーに関するデリケートな問題になりますので、くれぐれも慎重な取り扱いが必要になります。

自分自身で問題の解決を図ることもできますが、むしろ問題がこじれたりトラブルが発生したりして、解決が難しくなってしまうことが多いようです。

不倫の問題については、経験が豊富な不倫専門弁護士に任せるのがおすすめです。

離婚に関する様々な法的な問題をスムースに解決することができますし、法的な問題以外についても適切なアドバイスを受けることができます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報