基礎知識

ピンチ!不倫相手の奥さんから電話!!対処法は?

投稿日:

あなたが不倫をしていたとして、その不倫相手の奥さんから電話がかかってきた場合は、電話に出る場合にしても出ない場合にしてもいずれは対応をしなければならないときが来ます。

だから、不倫相手の奥さんに対しては、自分が悪いことをしているという自覚を持って対応することが重要になります。

具体的には、不倫相手の奥さんに対して謝ることです。

そして事実をしっかり伝えて、建設的な話をすることが重要です。

不倫相手が自分の奥さんと別れて結婚を求めているのかじっくり話し合う必要があります。

そのためにも電話に出たほうが良いでしょう。

電話に出る場合のメリット・デメリット

不倫相手の奥さんからの電話に出るメリットは、男性に対して今後再婚を行うのか、単純な遊びを行うだけの存在なのかを確認することができます。

具体的に電話で話し合うことにより、不倫相手の奥さんと納得した会話をすることができるようになるでしょう。

それだけでなく、金銭の問題や男性の自由に関する問題に関しても話し合うことができる点もあります。

不倫相手の奥さんからの電話に出るデメリットは、タイミングによっては奥さんとの話が平行線をたどることになってしまうことです。

特に結婚している男性と付き合うことになるので、金額の要求に関しての問題解決が困難になる可能性が高いです。

だから、不倫相手の上司も巻き込んで、建設的な話をすることができるかどうかがこの不倫問題を解決する方法になります。

建設的な話し合いをすることができれば不倫に関する問題は一気に解決するようになるでしょう。

それだけでなく不倫相手とも円満に再婚することも可能になるかもしれません。

いずれにしても話し合いをしなければ、前に進むことはできないのです。

あなたがどうあがいても、奥さんとの話し合いをしなければ、問題は解決しませんし、自分が起こしてしまったことを解決に導くための行動をすることが何よりも重要であると言えるでしょう。

よって出ることのデメリットは、精神を安定した状態で出るだけではないと言えます。

逆に出る場合は精神を安定した状態で臨むことが重要であると言えるでしょう。

電話に出ないメリット・デメリット

電話に出ないメリットは、この不倫問題を先送りにすることができるということです。

それだけでなく、電話に出ないまま蒸発すれば、相手に対しての金銭の要求を受け付けないようにすることも可能になります。

もちろん完全に失踪すれば不倫相手とも別れる必要になるので注意が必要です。

夫を取られた怒りのために、私立探偵があなたの近くに近寄ってくる可能性も否定できません。

そのため不倫相手の奥さんからの逆襲に耐えていくためのメンタルだけでなく自分の心構えも重要になるでしょう。

電話に出ないデメリットは、奥さんの反撃が来ることです。

最終的にはお互いが話し合わなければならないこともあるので、民事裁判問題に発展するケースもあります。

だから、電話に出ないことは問題を先送りにしてしまうことになり、自分にとって不利になってしまうことがあるので、一概に良いとは言えません。

だから奥さんとの会話をすることが良いでしょう。

出ないことが長く続いてしまうと、だんだん自分に取って不利な状況になってしまうことも否定できません。

具体的にどのような理由で出なかったのかを問いただされることもあります。

そのため出ない事は、メリットよりもデメリットの方が大きいと言えるかもしれません。

但し、自分のメンタルが安定していない状況で出ることは良いとは言えないでしょう。

メンタルが安定した状態でなければ、余計なことを言ってしまい、後の裁判で不利になってしまう可能性があるからです。

冷静な対応が求められる

必ず気をつけなければならないことは、奥さんとの会話によって攻撃的になってしまうことです。

不倫相手の奥さんは必ず電話で話している内容を全て録音していると言っても過言ではありません。

こちらの正体を知った上で電話をしてきている以上何らかの対策をしている可能性は十分にあります。

だから冷静な対応が必要とされ、問題のある発言があるとあっという間に叩かれてしまう可能性があるのです。

民事裁判に発展するとこの電話での対応が証拠として提示され、損害賠償として高値の金銭を請求されることもあります。

だから、奥さんとの電話での発言には十分注意する必要があるのです。

余計なことを言ってしまうとすぐに集中攻撃されてしまい、精神的な苦痛を味わうだけでなく、お金の問題でも大ダメージを負うこともあるのです。

よってしゃべる時はよく考えて喋る必要があります。

奥さんが物凄い勢いで捲し立てたとしても決して動じてはいけません。

自分は自分のペースで話ができなければ後々の裁判で不利になってしまいます。

だから必ず注意しなければならないことは相手のペースに乗ってしまい不用意に不利になってしまう言葉を言ってしまうことなのです。

不利になってしまう言葉をいうとそこから請求される金額が大きくなってしまう可能性があります。

そのため内容が全て記録されていることを考慮して、必ず落ち着いた状態で出ることを気をつける必要があるのです。

冷静な対応こそが問題を円満に解決させるカギになります。

既婚者だと知っていた以上、悪いのはこちらであることを忘れずに

既婚者だと知っていた場合は、悪いのは全てこちらであることを忘れてはいけません。

相手が既婚者であることを知らないのであれば、悪いのは不倫相手でありますが、知っていたかどうかを証明することは裁判でも難しい問題になります。

そのため相手との記録は全て抹消しておいたほうが良いでしょう。

裁判に発展するとこれらの情報は証拠として提示され、もし既婚者であることを知っていたのであれば、必ず不利になってしまいます。

もし既婚者であることを知っているのであり、なおかつ証拠を提示される可能性が高いのであれば、必ず一言謝っておくことが重要です。

この謝罪の言葉は早ければ早いほど有効で、話し合いが遅れれば遅れるほど謝罪の言葉を発することが難しくなってきます。

奥さんも心がこもっていないと言ったり、先延ばしされてしまったと言って更に謝罪の言葉を要求することもあるので、必ず早めに謝罪の言葉を言うことが重要になるでしょう。

ただし不倫相手が既婚者であることを本当に知らなかった場合は別問題です。

既婚者であることを知らなかったのであれば、必ずしも悪いのは自分であるとは言えないでしょう。

むしろ自分が既婚者であることを知っていた不倫相手に問題があると言えます。

ただし、問題があるからと言って自分が謝らなくても良いという問題ではありません。

不倫に関わった時点で、あなた自身にも問題があります。知らなかったとしても一言だけ謝罪の言葉を言うことが重要です。

まとめ

不倫問題において重要なのが、謝罪の言葉と相手に対しての迅速な対応となります。

相手は自分が夫の不倫相手であることを知った上で電話をしているので、必ず会話の内容は録音されていることを考慮して冷静な話し合いをすることが重要になります。

うかつに変な言葉を言ってしまうと民事裁判に発展し証拠として提示される可能性があるので非常に危険です。

だから受話器を取る前に自分が本当に冷静な対応ができるかどうかを胸に聞いてみることが必要になります。

そしてこの件に関しては早めの謝罪の言葉が物事を円満に解決させるための一歩となるでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報