基礎知識

不倫の恋が別れと復縁を繰り返すのはなぜ?

投稿日:

不倫をしているカップルがいったんは良くないと考え別れを選んだ場合でもその後復縁をして別れるという行動を繰り返すケースがありますが、これにはいくつかの理由が考えられます。

その理由として多いのが体の相性が良すぎて離れがたいというものです。

又、別れた喪失感にたえられずに復縁してしまうというパターンもあるのが特徴です。

あたらしい相手をつくっても付き合っていた時のことが忘れられず復縁をしてしまうのも良くある行動の一つですが、振りない手を運命の人だと感じて復縁をくりかえしたとしても、単に浮気癖が原因になっていることもありますので注意が必要です。

とにかく体の相性が良い

不倫のカップルが分かれても復縁を繰り返す傾向にあるのは、セックスの相性が抜群で情熱的なセックスのことを思い出すといてもたってもいられなくなり復縁してしまうという理由があります。

大抵の不倫をしているカップルの場合、夫婦関係が破綻していたり夫婦間でセックスレスになっていることが多いですので、余計にセックスが燃えるという理由も考えられます。

体の相性が良いというのは本人たちにしかわからないことですし、頭で考えるよりも体に快楽が記録されてまた製の衝動に駆られてしまうため、別れても復縁せざるを得なくなり不倫の泥沼に落ちてしまうというカップルは少なくありません。

新しい相手を作ったとしてもセックスの相性が合わずに不倫相手の事を思い出してしまうという事も多くありますし、そうなると不倫と復縁を繰り返すことになります。

セックスフレンドとまでは言い切れなくても性交渉の内容が濃ければ濃いほど別れがたくなってしまうのは多くのカップルが経験している悩みです。

しかし、不倫となると家庭を持っている立場としてはその関係をずっと続けるわけにもいかないですし、家族への後ろめたさもありますので別れを決断しなくてはならないケースもあります。

頭では別れなくてはならないとわかっていても、身体が求めてしまうというのが体の相性が良いカップルが別れと復縁を繰り返している根本的な理由と言えるでしょう。

配偶者とは義務的な性交渉になっている場合には余計に燃える傾向にあります。

喪失感に襲われる

不倫をしている二人が別れたのに復縁してしまう理由として多いのが、別れた後に喪失感に襲われるというものです。

その喪失感を埋める為に復縁を繰り返すというのがパターン化してしまうため、いつしか分かれるのが面倒になって惰性で付き合いを続けてしまうという事も少なくないのが不倫のカップルの特徴です。

何となくマンネリ化していることに気づいていても、別れたときの喪失感が大きいことがわかっているため行動に移すことが出来ず。

何となく続けてしまう不倫のカップルは多くいます。

片方もしくは両方に家庭があるとしてもそれとは別に失いたくない相手がいる場合には別れと復縁を繰り返してしまう傾向にあります。

本当は別れたくないのに別れを選ぶ場合には家族に迷惑をかけたくなかったり家族に対して罪悪感を持ち始めての事と考えられますが、配偶者と不倫相手に挟まれてしまい悩むことになりますので、本当に大切なのは何なのかという事を意識していないと両方とも失うという事になってしまいかねません。

不倫のカップルが別れを選んでその後さみしくて我慢が出来そうになかったとしても、それは一過性のものですので時期がくれば本も生活に戻すことは可能です。

それだけ不倫は精神的にも肉体的にも依存性の高いものですので、相性が良ければよいほど心して始めなければなりませんし、深みにはまって後から後悔することの内容慎重な行動が必要です。

もとはいなくても生活できていたという事を認識するのも重要と考えられます。

新しい恋人を作りにくい

不倫で付き合っている二人が別れと復縁を繰り返すのは、あたらしい恋人を作りにくいという理由もあります。

長年付き合っているカップルになるとお互いの良いところをたくさん知っていますし、共通の趣味などがある場合もあります。

新しく誰かと付き合おうとすると趣味や家族構成、性格的な面など様々な付き合いを最初からすることになりますし、セックスの相性が良いかもまた初めから探っていかなければなりません。

セックスの相性が良くて性格的にも相性が良い不倫相手と別れて次の恋人を作るには、やはりそれなりの労力が必要です。

新しく恋人を作るとなると、出会える場所に出かけて行かなくてはなりませんし神経も使います。

昔の恋人とよりを戻す方が相手も自分の事を良く分かってくれていますし安心感もあります。

心のよりどころとなってくれていた不倫相手なら気を遣わずに済むため、別れて元に戻ってしまう不倫のカップルはあとを絶ちません。

実際に、素敵な不倫相手と付き合っている場合にはそれ以上の人があらわれにくいという傾向にもありますので、自分から好きになることができる相手が出てこない限りは別れてしまったらずっと一人という事になってしまいます。

一人でいるのはさみしいですし、好きな人とデートやセックスがしたいと思えばやはり復縁をするしかないと考えて別れた人とよりを戻してしまうというのは性別や年齢を問わず不倫の二人の関係でよくみられるパターンといえるでしょう。

不倫ゆえの情熱的な恋

不倫をしていると、不倫でない場合に比べて関係は情熱的になりがちです。

その理由は障害が多ければ多いほど燃え上がるものだからです。

しかし、その障害はもともとわかっていたことですし自分たちが蒔いた種に他なりません。

そんなにお互いに愛し合っているのであれば離婚をしてはれてお互いに親戚などに挨拶を済ませて付き合ったり結婚をすればよい話ですが、それをせずに障害の存在にスリルを感じながら情熱的に愛し合っている二人は、二人にしか見えていない世界に没頭してしまっているため別れても復縁を繰り返してしまいます。

この人は運命の人だから必要と考えたり、逆に相手には自分のことが必要なんだと考えてしまうのが不倫によくあることですが、家庭のある人と付き合うことになるというのは初めからわかっていたことですので、それを逆境に負けずに頑張っている二人のように考えるのも不倫ゆえの情熱的な濃いといえるでしょう。

しかし恋の熱はいずれ冷める時がやってきますので、そうなった時にこそ本当に二人の恋が愛なのかという事が試される時期です。

たとえば他の困難が沢山待ち受けているの不倫からのスタートですのでわかりきっていますが、そうした障害を乗り越えていけるかも関係が本物かを試す機械になります。

復縁を繰り返すたびにより燃え上がってしまうというカップルも少なくありませんし、それが味わいたいのでわざと別れるという場合もあります。

しかし、本来であれば褒められた関係ではありませんのでそれが燃え上がる材料になるというのは世間からは認めてもらえるものではありません。

まとめ

不倫のカップルが別れと復縁を繰り返してしまう理由はいくつかありますが、セックスの相性が最高で別れられないという理由は少なくありません。

しかし、ばれたときには代償は非常に大きいものになりますし、燃え上がるような付き合いもいずれは冷静に考える時がやってきます。

別れてみたもののさみしくて復縁をしてしまったり新しい相手ができにくいという理由で元に戻るというパターンも多く見られますが、なれ合いの関係にはいつか終わりが来るのが多いのも不倫の特徴です。

新しいことを始めるのが億劫で長く続けてしまっているという人は一度考える良い機会と言えるのではないでしょうか。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報