基礎知識

妻に勝手に位置情報アプリを入れて不倫調査。でもこれって違法なの?

投稿日:

不倫は相手がいなければ成立しないので、疑わしさを感じて調査をするなら現場を押さえることが必須です。

夫や妻には相手を信じたい気持ちがあるものですから、早く結果を求めたり信頼関係を取り戻そうとします。

結果を急ぎすぎるばかりに選んでしまう選択肢の一つが、位置情報を特定するアプリの導入です。

端末を使った位置情報特定の方法は、不倫の調査に役立つ情報源となるものの、バレる恐れや違法性があるのでリスクが高いです。

何より不倫の疑いが間違いで、アプリのインストールがバレる結果になれば、信頼関係は崩れて不倫どころの話ではなくなります。

仮に、パートナーに位置情報を特定しようとする思惑が発覚していなくても、罪悪感を感じたまま調査を行うことになり兼ねないです。

位置情報アプリを勝手に入れるのは違法です

位置に関する勝手な情報収集のプログラムは、そのインストールだけで法に触れるもので違法です。

プライバシーを暴き勝手に情報を手に入れようとする行為ですから、夫婦であっても許されないやり方です。

場合によっては端末のロックを解除して、それからインストールを行ったり設定することになります。

明らかにプライバシーを侵害する方法なので、夫婦だからという言い訳は通じませんし、訴えや裁判が起これば違法と認定されてデメリットが生じます。

うっかり間違えて導入してしまった、あるいは知らぬ間に入っていたなどの言い分も、違法行為の前では無力で無意味なものです。

不倫の有無を早く確かめたい気持ちは理解されますが、行動パターンを特定したり追跡しようとしても、位置情報アプリの無断導入だけは避けるのが懸命です。

発覚しなければ罪には問われませんが、その後も罪悪感を背負って生活することになるのは明々白々です。

不倫調査が本気ではなく、遊びのつもりで導入するのも違法なので、安易に相手の端末をいじらないことが大切なポイントです。

不倫を調べるなら尚のこと、罪悪感を感じないやり方で調査したり情報を集める必要があるでしょう。

信頼関係を壊しては元も子もないので、現状を維持しつつ不倫の疑いを晴らすことが目標になります。

違法な手段は相手に対する裏切りに結び付きますし、自身も傷付く状況になり兼ねないので、この手段を採ろうとしたら一呼吸置くことが重要です。

間違った判断はその後に爪あとやわだかまりを残すので、常に冷静な判断を心掛ける点が不倫調査の基本だといえます。

インストール後にバレる可能性がある

位置情報特定目的で提供されている製品の中には、隠れて情報を収集したり発信するものがあります。

ところがウイルス対策ソフトなどを導入している場合は、これに引っ掛かってバレることが少なくないです。

インストール直後には反応しなくても、ウイルスを検出するパターンファイルの更新後に、新規のウイルスとして認識される場合が該当します。

他にも見慣れないアイコンの存在から発覚したり、メモリの消費量が増えて調べたら位置情報が漏れていると分かったなど、そのようにバレるパターンもあります。

状況次第では、導入を行った本人に相談があったり、警察に届け出て調査が開始されることも珍しくないです。

本人には罪悪感と、警察が自身にたどり着くのではという不安だけが残ります。

完全に位置情報を探ろうとした経緯が発覚すれば、パートナーからは信頼が失われ、違法性が問われる結果に繋がります。

パートナーには、不倫が疑われたり違法に位置情報を探ろうとしていたなど、ショッキングな事実が次々に明らかとなります。

遊びで勝手に入れたという言い訳は聞き入れてもらえず、全く無関係を装うことも困難な状態です。

もう後がない致命的な状況ですから、そうならないように位置情報を調べたり、不倫を調査することが望ましいわけです。

近年はセキュリティの重要性が高まっているので、位置情報のアプリを入れると発覚するケースが増えています。

どちらにしても。位置情報だけでは不倫の調査が難しいですから、計画を立て直して情報収集にあたるのが合理的です。

アプリを入れたことがバレると信頼関係が崩れてしまう

位置情報を調べようとしたら信頼関係が崩れる、これは一見馬鹿げているように見えて、実は十分にありえることです。

一方的にプライバシーを探ろうとしていた、その事実は男性であってもショックですし、相手に対する信頼が揺らぐ瞬間でもあります。

信用を根幹から揺るがすアクションなので、パートナーとの間にある信頼や関係性が、たった一度のこれだけで崩れてしまうでしょう。

バレなければ大丈夫、そう考えることもできなくはありませんが、可能性でいえば高い確率で発覚します。

後は何故位置情報を探ろうとしていたのか問われ、何と答えても信用を失う結末に至ります。

不倫を疑ったと正直に話しても、もうこの時点で信頼は半分以下かそれより落ちているも同然です。

信頼を元に戻せる余地は限りなく0なので、位置情報を探る判断を行う場合は、最悪の結末をイメージして決断する必要があります。

不倫を明らかにする大義名分があっても、違法行為なのは間違いないですから、位置情報一つで失うものは大きいです。

他に不倫調査の方法はいくらでもあるので、信頼を損ねる違法なやり方を無理して選ぶ理由はないです。

パートナーによっては、違法性に目を瞑って見逃してくれる場合もあり得ますが、失った信頼は100%まで元に戻らないものです。

遊び感覚で導入しようとしているなら、尚のこと客観的にイメージして、考えを改めることが必要です。

不倫は確かに相手を裏切る行為ですが、だからといって何をしても許されないこともまた背中合わせです。

不倫の調査はプロに依頼した方が確実

不倫の調査はプロに任せる、これが最適解でより確実な方法です。

位置情報の特定を始めとして誰と何時何処で会ったかも調べてくれます。

位置情報は合法的に収集されますし、追跡や行動パターンの記録も、法に抵触しないやり方で徹底的に行われます。

どの道をどういった手段で通ったかなども、位置情報を添えて事細かに記録してくれるのが、不倫調査のプロの仕事です。

不倫調査を得意としている専門家には、追跡対象から見付からないという強みがあります。

追跡の失敗はあってはならないので、街の景色に溶け込みながらターゲットを監視します。

特定の建物に入った後も、専門的な調査は続行してでき得る限りの情報が集められます。

遊びで不倫を疑い調査したり、違法な方法で安易に情報収集しようとするやり方とは一線を画します。

記録には映像や音声も含まれますから、不倫を特定したり裁判の材料にすることも可能です。

どのみち一人では難しい調査方法なので、素人なら尚更専門家に任せるのが現実的です。

調査費用というコストは掛かりますが、結果が判明すれば金額にも納得できる可能性は高めです。

むしろお金を支払えば、安全で確実にパートナーの不倫状況が分かる、そのような安心の結果が得られます。

そこに違法性は全くありませんから、依頼者本人は気に病む必要も罪に問われることもないです。

不倫を疑う気持ちに気が付いても無視をする、それも一つの方法ではありますが、もやもやをスッキリさせたいならプロに不倫調査を依頼するのがベストです。

まとめ

不倫を疑う切っ掛けは思いの外些細なものが多く、小さなことを起点に疑いが強くなるケースもあります。

大きくなった疑念は振り払うのが難しいですし、直接相手に尋ねてハッキリさせるのも困難です。

位置情報の特定は調査に役立つものですが、スマートフォンに細工をして情報を発信させるのは違法行為です。

更に発覚しやすく信頼を失うリスクも大きいことから、位置情報で不倫を調べる方法は非現実的だと分かります。

そこで有力な味方となるのが専門家で、調査依頼の秘密を守りつつ、ターゲットの不倫に関係しそうな情報を集めてもらえます。

一定の費用は必要になりますが、信頼できる相手であれば金額に見合う仕事を引き受け、そして不倫の事実を明確にしてくれます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報