基礎知識

不倫によって女性が受けるダメージの回復法

投稿日:

ダブル不倫の場合には、お互いリスクも有ります。

もちろん女性側も結婚している事になりますので、お互い家庭が有る中で付き合っているため家庭を壊すつもりもなくバレるまではいい関係でいられる事も多いです。

しかし独身女性と既婚男性の場合には女性側の方に圧倒的なダメージがかかることが多いです。

我慢をしなければならないというところも関係が続いている時からありますし、別れた後も相手には家族がありますが、自分は孤独になってしまったという悲しみでのダメージも大きく、その悲しみが癒えるというのは時間もかかるものです。

不倫の苦しみは関係が終わってからも続く…

不倫をしている時、ダブル不倫であればお互いの事情もわかりやすく、それぞれの家庭を壊さないというルールも作りやすいのですが、そうではなく独身女性で不倫をしているとなれば話は別です。

一方的に精神的なダメージが大きくなる可能性も高くなりますし、例えば夜もずっとに過ごしたいけれど隠している恋愛なのでばれないようにすることが大前提で泊まることは難しかったり、バレンタインやクリスマスのイベントなども家族を優先されてしまうといったむなしさもあります。

もちろん結婚している相手だからそれは割り切っているつもりでスタートした恋愛だとしても、ゴールが無い不安もありますし、それが叶わなかった時に訪れた別れの後も、自分だけが孤独になってしまうという苦しみも続きます。

さらに悪循環として経験者はダメージを受けているのにもかかわらずまた繰り返してしまうという悪循環に陥ってしまうケースも多いのです。

女性の方は、身体の関係よりも精神的な所でのつながりを求めるケースが一般的ですので、心のケアもしていかなければ後の人生にも影響が出てきてしまいます。

また、不倫がばれたとして慰謝料の請求が自分に降りかかってきた場合には、その支払いをしなければならないという経済的な負担もかかることになります。

それだけのリスクがあるとわかっていても、深層心理の部分で不倫をしてしまいやすいタイプというのがあるので、なかなか抜け出せないというのがあるようです。

不倫のスリルが忘れられず、不倫を繰り返してしまう

不倫というのは、常にスリルをともなうものです。まず大前提として相手が結婚している(お互いの場合はダブル不倫)という事で、ばれてはいけないという事があげられます。

いけないことをしているというスリルがとにかく強いのです。

だからこそあった時に燃えてしまうというのも有るでしょう。

既婚男性の立場でも、夫婦関係がマンネリしてしまっていて、自分を男性として扱われなくなったり、ただ稼いでくるだけのATM扱いされていると感じてくれば、自分を必要とする女性に目がいくこともありますし、男性の脳をみても他の女性と体の関係を持ちたくなるという事も有るでしょう。

その需要と供給が成り立つと不倫は成立してしまいます。

いくら不倫が不貞行為で、ばれてしまったら家庭が壊れてしまう事も有るし、慰謝料請求をされたり、子供の親権も取られてしまうというリスクがあったとしても、それがいつしかスリルに変わってドキドキ感を増してしまうのです。

女性も男性も、不倫をしているとただの恋愛とは違うドキドキ感が出てしまうというのはあるようです。

ちなみに1度その関係が終わってしまったとしても、繰り返す事が多いのは女性です。

深層的な所での性格的なタイプであったり、両親が不倫をしていたという家庭環境で育ってきた場合は特にこういった関係を持ちたくないと思っていても自然と惹かれてしまうようにできていたりするので自然と繰り返す事になるのです。

意識的に断つことをしなければまた同じ事をしてしまうでしょう。

独身男性は「不倫経験者」をかぎ分ける

独身男性は、不倫経験者をかぎ分ける自己防衛反応がみられることが有ります。

この人はそういうタイプだと感じると、避けてしまったりなんとなく付き合う事まで進めないという事も有るでしょう。

男性側でそういった能力を使われてしまうと、独身の男性と付き合う事が難しくなりますし、結果的に自分に対して包容力のある男性を探そうとすると、都合の良い女になりきって既婚男性のもとに走ってしまうのです。

これがまた悪循環となり、なかなか独身の男性と付き合う事が出来なくなります。

結婚願望を強く持っている女性ほど実は不倫に走りやすいと言われています。

其の背景には、既婚男性といると、結婚をした時のイメージがしやすかったり、また家族や奥さんの愚痴を言っていたりすれば自分の方がうまくいくのにと思ってしまったり、結婚している時点でそもそもその奥さんからはお墨付きをもらっている安心感があるので、自信を持って付き合う事が出来るという点も上げられるでしょう。

世の中にはたくさん男性がいるのに、あえて結婚している男性を選んでしまうのは、人のものを取り上げたいという欲望であったり、同時に結婚に対しての理想が高かったりする事で、結婚をした時にこの人とならきっとうまくいくと思ってしまうところもあるでしょう。

独身男性は不倫経験者をかぎ分けることにも長けていますので、新しく恋愛をスタートさせようとしても、そこ過去のことがでばれてしまうとあまり良い方向には進めません。

独身男性との恋愛に満足できなくなる

不倫をしてしまった女性というのは、結婚生活を送っていく中で得た経験値を持つ男性、また社会的にも認められていたり、少なくても奥さんという存在が有るという事はその人には認められているという事になりますので、一人の男としての安心感があるため、独身男性では満足できないことも有ります。

結婚をしている貸していないかという事だけでは一概にいえない部分も有ります。

しかし不倫をしている時の男性というのは、ただ普通に付き合っている時の恋人関係の時とは違って、不倫相手には特に気を遣っている事が多いです。

優しかったりしますし、家庭があるのに自分の所に来てくれるという優越感を感じさせてくれたり、女性の扱いがうまかったりマメだったりと不倫をしている女性側からすると魅力がとにかく大きいのです。

一方まだ結婚をしていない男性と普通の恋愛をしていても、自分本位であったり社会的にもまだ認められていなかったり、一人の大人としても比較した時に物足りなさを感じてしまう事も有るので、満足できないという女性は多いです。

タイミングもありますし、もしかしたら自分の理想通りの人が現れた時には、そこで結婚をすることが出来る場合もあるかもしれませんが、一度悲しいけれど素敵な思い出が出来た不倫の経験があると、そこからなかなか抜け出せない事もあり、これが女性にとっての苦しみでもあります。

自分が本当に幸せになりたいのであれば、不倫は意識的に断つことです。

まとめ

結婚しているのに他の人と体の関係を持つ不貞行為が不倫です。

社会的にも認められない事だと頭でわかっていても、ダメージが与えられてしまっていたとしても、また繰り返してしまう事が多いものです。

回復をするためには、やはり意識的に既婚男性から離れなければなりません。

この人と付き合ってもゴールがないばかりかリスクしかないと思うようにしなければ、断ち切ることは難しいでしょう。

それでもなかなか現実では独身の男性を選ぶのが難しい部分も有りますが、断ち切って成功されている方もたくさんいますので、体験談なども参考にしてみると良いでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報