基礎知識

不倫の期間はどれくらい続く?理想的な終わらせ方は?

投稿日:

不倫をすることになった場合、一番怖いのがパートナーに知られてしまう事です。

最初はちょっとした遊びのつもりだったのに大きな代償を支払う事につながりかねないからです。

そのため一般的な不倫関係にある方たちがどのくらいの期間、つきあっているのか、あるいは別れるタイミング、持って行き方などは成功例、失敗例ともに知っておいて損はありません。

いつもと違う行動パターンになればパートナーのアンテナは敏感に反応しますしそこからバレることだって珍しいものではないのです。

慎重さを要するのは勿論の事、期間やゴールを明確にする事も重要です。

半年から1年が一番多い

いざ不倫相手が見つかった時に、どのくらいの期間お付き合いをするか、そしてどのくらいの期間、お付き合いをした後に別れるかゴールを明確に設定する事はまずありません。

普通の恋愛のように好きでいるうちは付き合って嫌いになれば別れると考えるはずですが、不倫の場合は期間も考えたほうがいいでしょう。

何故なら自分に家庭があるからです。

一番多い期間が半年から1年に終わりをむかえるパターンが多いです。

その間に普通の恋愛のように熱が冷めてしまうという物も当然の事ながらありますが、それ以上の期間不倫の関係を続けてしまいますと警戒心が薄れてパートナーにバレやすくなってしまいますし、相手の方に心が傾いてしまう場合もあるからです。

もちろんパートナーと別れて不倫相手と人生をやり直すという明確なビジョンがある場合はその限りではありませんが大抵の場合は家庭第一のはずです。

そのため長くても1年後に終わりに持って行くというのを検討したほうが言えます。

不倫に慣れている人は家庭を守る、あるいは不倫相手そのものを守るという観点に優れているからこそ半年から1年ぐらいを不倫の期間として楽しもうと自然と考えられているのです。

そして期間が終わりに近づいてきたら徐々にフェードアウトにもっていきます。

そうする事がお互いのためですし傷つかずに別れる事ができるからです。

もちろん全てがうまくいく訳ではありませんが一種の成功パターンとして意識しておいて損はないでしょう。

不倫の賞味期限は3か月

自分の恋愛を思い出してみた時に一番楽しかったのはいつ頃か考えてみると恋愛初期頃だったはずです。

自分の話を聞いてくれて相手の新しい所を発見するたびに全てが新鮮に見えて興味を抱きます。

不倫についても同じことが言えます。

不倫関係になってからおおよそ最初の3か月間は相手の事を知り、自分の愚痴話や他愛のない話を聞いてくれ、夜はホテルでパートナーとは違う反応を見せてくれて、全ての事が新鮮に感じます。

それを過ぎると徐々に飽きがうまれてきて、自然と別れの方向にむかっていきます。

もちろん中には長期間不倫関係を続けているカップルもいますがそれはごく一部で大抵の場合は1年以上続くケースはさほど多くはありません。

そのため賞味期限を設定するとすればおおよそ3か月が目安となります。

この賞味期限を過ぎる頃には、最初は遠慮していた不倫相手も徐々に遠慮がなくなってくるのも覚めてしまう要因の一つです。

例えば不倫の目的の一つに肉体関係があります。

資金力にも限りがありますから食事とラブホテル代が必要なのは当然ですが毎回同じところですと飽きてしまいますしマンネリ化してしまうものです。

それを避けるためにいろいろなところを探すわけですがそれに疲れてしまう事と相手が例えばワンランク上のホテルを求めてくるなど資金面の限界に早く達するような要求になってくる事も賞味期限が大体3か月くらうになる要因です。

相手が謙虚な方であればもう少し長い場合もありますが一つの目安にはなります。

3年以上も続く不倫は特別な関係

不倫は半年から1年くらいの期間が最も多いですが、そのカップルの中には不倫の期間が3年以上続く場合もあります。

それは第三者から見るとちょっと異常な様にも見えますが実在している事は確かです。

そのカップルによって様々な事情があるはずですが、その中でも多いのがパートナーが不倫を知ってて黙認しているパターンです。

例えばパートナーが過去に不倫をしていたため、自分のパートナーが長い期間、不倫をしていてもやましい過去があるため何も言えないパターンです。

その他にも夫婦関係が完全に冷め切っている事も要因の一つとして挙げられます。

傍から見ると別れてから堂々と付き合えば良いというふうに見えますが、例えば子供の将来を、特に受験を控えている子などは小学校の合格基準に両親の仲が良いというものがあります。

片親であれば当然不利になりますので仮面夫婦となっている場合もあります。

このような場合夫婦関係が破綻しているからこそ決して望ましいとは言えませんが長い期間その不倫相手との恋愛が続いていると言えます。

少し角度をかえてみると長い期間不倫関係が続くという事は愛人としての関係になります。

通常は資金面などで限界に近づき不倫関係が破綻する要因の一つになりますが資金面での余裕があればあるほど不倫関係は長期間続けられる事が可能になります。

愛人を持つという事は結構お金がかかる者なのです。

そのため3年以上の期間続く不倫はお金をそれなりに持っている場合でないと続ける事が出来ない特別な関係と言えます。

自然消滅で不倫を終わらせるのがベスト

不倫相手ではなくパートナーとの結婚生活をイメージした場合に、期間が長ければ長いほど愛情がわいてきますし男性や女性として見るのではなく家族としてみるようになります。

期間が長ければ別れるタイミングが自分でも分からなくなってしまいます。

ただ、そんな時にでも後腐れなく分かれる方法がない事はありません。

一番スムーズにいく不倫の終わらせ方が自然消滅です。

その方向にもっていくのがベストですがなかなか難しく根気が必要ですのでその点注意が必要です。

まず相手の関心を自分から自分以外に逸らしてしまうのが一番望ましいと言えます。

自分の趣味を想像した場合に何か熱中できるものがあったとしてもその他に好きな趣味ができれば今までの熱は新たな方へと向かいます。

恋愛についても一緒で相手の関心を他に逸らしてしまうのです。

自分の力だけで難しければ興信所を利用する手もあります。

通常は別れさせたいカップルがいた場合に興信所を使って工作を行い、そのカップルを別れさせるものですが自分たちについても利用する事ができます。

むしろ当事者が自分なので成功しやすい環境にあるともいえます。

プロに頼まずとも相手の関心を他へ逸らす事はあまり難しい事ではありません。

多少冷たく当たったり時間に遅れる、あるいはメールやLINEの返信が遅くなれば自然と熱が冷めてきて相手の関心は少しずつ減っていきます。

家庭を、そして不倫相手を傷つかせる事なく別れたいという視点で物事を考えた時にやはり自然消滅が終わり方として最もベストな選択になります。

まとめ

不倫相手ができたときはその関係のゴールは少し意識しておいたほうがいいでしょう。

パートナーにバレて離婚にでもなったら莫大な慰謝料が発生しますし親権などの問題でも不利になるからです。

長い期間その関係が続けば続くほどリスクは高くなりますし油断が生じるものですのでタイムマネジメントや不倫の証拠と成り得るものを持ち歩かないなどの工夫が必要です。

もし相手が簡単に別れてくれないのであれば、奥の手としては興信所を活用する手もあります。

あと腐れなく関係を終わらせる事が可能になりますので頭の片隅に入れておくと役に立ちます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報