基礎知識

不倫がLINEでバレる瞬間4つ

投稿日:

そもそも、どうして不倫がばれてしまうのか、その第一に挙げられるのが不倫相手との連絡がチェックされている場合です。

メールや電話の履歴を見られるというケースももちろんありますが、最近でLINEでのやり取りがそのきっかけとなることもあるので注意が必要です。

スマートフォンのロックをしておけば問題ないのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、こうした対策を徹底していてもバレるときはバレるものです。

特にLINEの場合には、会話の内容がポップアップ画面に表示されてしまいます。

こうした点も含めてLINEで不倫がバレる瞬間にはどういったケースがあるのか今一度確認していきましょう。

ポップアップ画面でバレる

先にも挙げたように、LINEは設定次第でポップアップ画面が表示されることになります。

その内容は設定によって異なってきますが、メッセージが届いたときに差出人とメッセージの内容がまるわかりというケースもあるので、不倫中の人であれば要注意となっていきます。

明らかに不倫相手とわかるような差出人、メッセージであればスマートフォンにロックがかかっていたとしてもその事実が露呈してしまいます。

もちろん、言い訳次第でその場をやり過ごすことはできるのでしょうが、不倫がバレるきっかけとしては十分です。

こうした通知ポップアップ画面で不倫がバレるのを防ぎたいという場合には、前もって設定を変えておいてメッセージ内容が画面に表示されないようにしていきましょう。

こうした設定はラインの設定画面で簡単に行うことが出来ます。

ポップアップ設定には「フル」と「シンプル」、「OFF」とがありますがどの選択をしたとしても画面上でメッセージの内容、差出人をチェックすることが出来ます。自分以外にメッセージが読まれないようにするためには、「メッセージの通知内容を表示」のチェックを外しておきます。

これによってメッセージ内容が画面に表示されることはなくなりますし、自分以外にはラインアプリを開いたまま放置しない限りその内容がみられることはありません。

さすがにラインのトークルームを開いた状態でスマートフォンを盗み見られた場合には言い逃れはできませんが、それ以外のケースであればこの設定変更で十分に対処していくことが出来ます。

中身を見られないようにLINEにロックをかけてある

ポップアップ画面など、通知設定を変更してメッセージ内容が表示されないようにしていても、不倫がバレてしまうことがあります。

それはLINEにロックがかけてある場合です。

LINEにロックがかけてある状態であれば、他人が不用意にトーク内容をチェックすることはできません。

通知設定をオフにしておけば、メッセージが届いているのかどうかも判断することが出来なくなります。

ここまですればさすがに不倫はバレないのではないか?と思われる人もいるでしょうが、パートナーからするとここまで対策を徹底していること自体が怪しいと感じるきっかけとなります。

何もやましいことがないというのであれば、そもそもそこまで制限をかける必要はありません。

そこに不倫相手や結婚相手に知られなくない存在があるからこそ、こうした行動をしてしまうのではないか?と逆に疑われることになります。

ラインの中身を見られないように対処していくことはもちろん大切ではありますが、だからと言って極端に行動しすぎてしまうとその動きが怪しさを倍増させてしまうというわけです。

ある程度自然を装いながらもLINEの設定を調整していく、その都度自然な言い訳を用意しておくなど、不倫をする側も注意しなければいけません。

逆に、不倫を疑っている側であれば、こうした言動の変化があった時点でその可能性が出てきます。

もちろん、すべての人に当てはまる言動ではありませんが、不安であれば注意深く観察すること、この点はしっかり押さえておくべきです。

トークルームの履歴でバレる

LINEは過去の会話がトークルームの履歴でチェックすることができます。

会話の内容をそのまま残していると、当然のことながら不倫の証拠をつかまれることになります。

具体的なメッセージのやり取り、デートの待ち合わせなど肉体関係を示唆できるものがあれば猶の事注意が必要です。

時に、こうした証拠がきっかけとなって離婚、その後の裁判で不利な立場に立ってしまうこともあります。

もちろん、トークルームの履歴をこまめにチェックして削除するようにすれば問題はないのですが、自分のスマートフォンの内部に記録が残っていなくてもトーク相手のスマートフォンにはその情報が残ったままです。

何かしらのきっかけでその情報が外部に漏れてしまうことも十分に考えられること、履歴を他人に見られればそれだけで不倫の証拠がそろってしまうこと、これらの点はしっかり押さえておくようにしましょう。

不用意にパートナーの前でLINEのトークルームを開かないようにすること、必要に応じてトーク内容の削除作業を徹底しておくこと、不倫中にはこうしたポイントに気を付けていきます。

たったこれだけのことでも、不倫が即座にバレてしまうリスクを軽減していくことが出来ますし、もしもの時に不倫の証拠をつかまれて弱みを作ることもなくなります。

普段からトーク内容をそのまま放置しているという人、LINEの操作、使い方について不慣れだという人は今一度その危険性について再確認しておくべきです。

タイムラインの内容でバレる

LINEではメッセージのやり取りだけでなく、ライムラインでもその情報のやり取りが可能になっていきます。

ただ、このタイムラインも不倫中には注意が必要です。

不倫をしている当事者はその情報をどこまで公開するのか、画像はどの程度鮮明なものを使用するのかなど、調整が可能になっていきます。

ただ、その相手側はどうでしょうか?もしも不倫相手と結婚相手とが知り合いであったり、お互いにタイムラインをチェックできる状態にあればそこから不倫の事実が露呈してしまうこともあります。

例えば、不倫相手と出かけた先での情報がLINE上に投稿された場合、その画像に映り込んだ情報、当日に自信の言動、領収書など物的証拠などをつなぎ合わせて不倫がバレてしまうことになります。

どれだけ気を遣っていたとしても、ネット上にアップされている情報は広く拡散していくものです。

中には位置情報がプラスされたまま画像が投稿されているケースもあるので、とりわけ注意が必要になっていきます。

タイムラインを見た人からすれば、まさに不倫を疑ってくださいと広く公表しているようなものというわけです。

もちろん、LINEのタイムラインにどのような投稿をするのかは人それぞれの自由ですが、この意識の違いによって情報が外部に漏れ出てしまい不倫がバレるきっかけとなっていくことは十分に考えられます。

不倫をしている人は自分だけでなく、その不倫相手の行動、LINEでのやり取りにも気を配っていくべきです。

まとめ

不倫がバレてしまう理由はそれぞれで異なってきますが、中でも注意が必要なのがLINEの使い方です。

表示設定の内容によって不倫がバレるきっかけが生じることもあれば、不用意なメッセージのやり取り、投稿で結婚相手に不倫相手の存在が露呈することもあります。

少しでも結婚相手に不信感を抱かせないためには、自分だけでなく、浮気相手にも細心の注意を払うようにしていかなくてはいけません。

それは相当難しい事ですし、逆に言えば、ここで挙げたポイントに注意していけば不貞が疑われる相手のスキを突くことが出来るという事です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報