基礎知識

不倫しないんじゃない、不倫できないだけ? 不倫未経験旦那の本音

投稿日:

世の中には好きで結婚したにもかかわらずお互いのことが好きでなくなり不倫をする旦那もいますが、何もそのような人ばかりではありません。

倫理観がずいぶん取り残されており男性なら不倫をするのが当たり前と感じている人もいるかもしれませんが実際にはそのようなことはないでしょう。

ただ、不倫をしない人でも必要に応じて単に次第だけの人と全く不倫に興味がない人もいます。

では、不倫をしようと思えばできるけどもしない人ははなぜ不倫をしないのでしょうか。

男性には性欲もありますので、勢いでしてしまう人もいるはずです。

そこで、不倫をしない旦那の理由を四つを説明してきます。

不倫しない理由は①お金がない

まず、お金がないことが考えられます。

不倫にお金が必要になりますが、その必要なものはない以上行うことができません。

例えば加水が悪く、お小遣いが毎月1万円程度の場合にはなかなかできないものです。

だがたばこを吸う人ならば、1か月1万円程度のお金を使ってしまいますが、月末になるとお財布の中身はせいぜい数百円言うことも決して珍しくはないでしょう。

不倫をすることができるのにお金が必要なためできない人は、欲求不満になっている可能性が高いです。不倫をする原因の一つは奥さんに対する性的な不満の可能性が高いです。

旦那としては、可能なかぎり勢力を我慢しますか男性は、わき水があふれるように性欲もわき出てくるのが特徴になります。

まだ二人が付き合っている時に毎日のように性行為をしていたのに、結婚してから性行為がなくなったり子供ができてから性行為がなくなったとすれば間違いなく欲求不満になります。

この点女性は、男性は一人で行うことができるため性行為は必要ないと考えている人もいるかもしれません。

ですが、旦那側の意見としては性行為は非常に重要なものになります。

これは愛情を確かめるだけでなく、日々のストレスを発散し生きやすくするものです。

実際に、嫁さんとセックスを頻繁にしている男性はストレスが少なくすっきりした顔をしています。

ですが、なかなか性行為を行うことができない人はどこか顔が曇っていることがあるでしょう。

このように、必要なのにできないのは非常に苦しいものです。

不倫しない理由は②奥さんが怖い

不倫をしない理由の二つ目は、奥さんが怖いことが挙げられます。

これは、二つの怖さがあるといってもよいでしょう。

まず一つ目は、単に鬼のような怖さがあることです。

例えば、ヤンキー出身の嫁さんがいた場合今はそのような面影をほとんどありませんが必要に応じて怖さを発揮することがあります。

どこで発揮するかわかりませんが、もしほかの女性と関係を持ってしまったならば、休火山が復活したい爆発するかもしれません。

そのような怖さにより、不倫ができない人も少なくないでしょう。

物を投げられたり、ひっかかれたりするような例も少なくないことから性的には不倫行為が必要と感じていながらも思い切ってすることができません。

もう一つは、嫁さんを悲しませてしまうのがつらいといった気持がある人です。

よくを発揮するためには不倫行為も必要だと考える人も少なくないかもしれませんが、嫁さんを悲しませることを考えてしまうとなかなか行動に出ることができないのでです。

つまり、自分の欲求と嫁さんの悲しい顔をてんびんに掛けられたようなもので欲求の方が回ることはありません。

少しぐらいに要求ならば、一人で発散することもできますのでやはり嫁さんのことを大切に思っている気持があるのでしょう。

このように二つの意味で、嫁さんのことを恐れている男性がいるはずです。

配偶者のことを考えると、わざわざ自分の欲求のためにトラブルを起こすのは非常にばかげたことだと判断していることになります。

不倫しない理由は③倫理観が強い

不倫をしない理由は、倫理感が強いからともいえます。

男性の欲求を発散させることは非常に必要なことですが必要だからといって倫理観が伴っていればなかなか行うことができないはずです。

どのようなところでそのような倫理観を植え付けられるかといえば、まず一つは、子供のころからの家庭教育です。

両親が離婚をしておりどちらかが不倫をしていれば別ですが、そうでなければやはり不倫をしてしまうことはいけないことだと考えるでしょう。

もう一つは、大人になってから芸能人などのニュースを見たときにバッシングされていることを目の当たりにしたときでしょう。

やはり世間的には、倫理観が残されておりそのような男性に対して非常に風当たりが強いものです。

実際に不貞行為をした男性が、芸能界でその姿を消すような少なくありません。

これは芸能界だけでなく、サラリーマンにも言えることかもしれませんが、自分が不倫したことが会社にばれてしまうと会社の中でうわさになってしまい女子社員などが一斉に冷たい目線を投げかけることがあるかもしれません。

このような場合、半分は社会から抹殺されてしまうようなものでその根底には人々の不倫した男性に対して不潔な感じがあるわけです。

人間は少なからず、周りの目を気にしながら行動するところがあります。

無人島に自分だけが住んでいるような場合を除けば、少なくとも配偶者とは関係ない女性とホテルに行って性行為をしたり必要に応じて毎週あったりすることはなくなるはずです。

不倫しない理由は④性欲がなくなってきた

不倫をしない理由の一つは、性欲はなくなってきたことがあげられるでしょう。

若いころは、性的な欲求を発散させる必要がありました。

人間には、生殖する本能がありますので必要に応じて性行為をしたくなるわけです。

ですが、ある年齢から性的な欲求がなくなってきて性行為をしようとする必要がなくなることがあります。

どれぐらいの年齢になるかは人によっても異なりますが、やはり40歳を過ぎてくると性欲が衰えてくる可能性が高いわけです。

そうだとすれば、わざわざ自分の配偶者と違う人と性行為をしてトラブルを発生させる必要はないでしょう。

そもそもなぜ性的要求が衰えてくるかといえば、子供をつくる必要がない年齢に達するからです。

40歳ぐらいになると、昔の人間はそろそろ寿命を全うする時期でしたのでわざわざ性的な欲求を振りかざしそちらの方にエネルギーを使う必要はないわけです。

そのため、ある程度年齢に達すると人間は自然に勢力がなくなってくるとされています。

それとは別に、職業にも関係してくるといわれっています。

例えば、普段からパソコンなどの仕事をしている人などは性的な欲求が少なくなるとされており、早い段階から性的な要求を失う可能性が高くなるわけです。

また、論理的な思考が好きな人もやはり性的な欲求早い段階で失われる可能性があります。

つまり、不倫をする場合の多くの理由は性的な欲求のはけ口にしたいと思っている気持ちが強いことが理解できるでしょう。

まとめ

男性が不倫をする場合には様々な理由が考えられますが、逆に不倫をしようと思えばできるけどもわざわざしない男性にもそれなりの理由があります。

その一つが先立つものがないことですが、普通はホテルなどに行くためある程度のマネーが必要になります。

ですが、不景気の影響でなかなか先立つものを手にすることができません。

次に、奥さんが怖いことも考えられます。奥さんが怖くて、なかなか行動できない男性も世の中にはたくさんいるでしょう。

それ以外にも、倫理的にすることができない人やそもそも本人の気力がなくなってしまいしようと考えない人もいますので理由は人それぞれです。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報