基礎知識

オープン婚とは?不倫を容認する夫婦が増えてきている!

投稿日:

結婚という概念は時代や社会によって大きく変化してきました。

近年ではパートナー同士がお互いに別のパートナーを見つけることを認めるという結婚の在り方も見られるようになっています。

重要なことはパートナー同士が納得して、お互いに別の相手を見つけることを容認することです。

また交際相手との関係についても誠実であることが求められます。

世界には様々な結婚の形がありますが、形式の種類に関わらず根本的に相手に対する愛情があることが重要です。

失敗しない結婚生活を送るためには、日常的にパートナー同士が愛情を確かめ合う必要があります。

お互いの不倫を容認するオープン婚

最近では夫婦がお互いの不倫を容認するオープン婚という結婚の形が見られるようになりました。

不倫を容認することから放し飼い婚とも呼ばれます。

この形式の結婚ではパートナー同士が不倫を容認しています。

当事者には不倫という感覚があまりなく、自由に恋愛しているという状態です。

夫婦の関係を新鮮なものに保つために、オープン婚は大きな役割を果たします。

相互に別の恋人を持つため、夫婦関係を観視することができるようになります。

パートナー同士が新たな魅力に気づくきっかけになるというメリットが存在します。

オープン婚を行う夫婦は一見するとお互いに不倫をしているように見えます。

しかしこの結婚形式は本当の意味で理解し合っている夫婦が行うものです。

片方だけが放し飼い状態なるのでは、オープン婚は成立しません。

仮に法的な意味で結婚をしたとしても、1人だけが恋愛の対象となる必要はないという相互理解が重要です。

パートナー同士の理解があるからこそ、それぞれが別に交際相手を持つことができます。

一般的な人々からは不倫を容認しているかのように思われますが、より深く愛し合っているからこそオープン婚は成立します。

この結婚形式の根底には夫婦間の愛情があります。

たんに不倫を容認する関係ではありません。

もちろんオープン婚では一定のルールが存在します。

ルールと信頼関係を基礎としているので、一般的な不倫とは違いパートナーの気持ちを傷つける心配は不要とされます。

高学歴や高収入の夫婦に多い?

新たに恋人を作り、関係を維持するにはお金がかかります。

またオープン婚を許容するには夫婦間の理解が重要です。

客観的にこの結婚形式は不倫を容認しているように思われます。

確かにパートナー同士がそれぞれ別の恋人を作ることになるので、不倫を容認していると言えます。

しかし表面的に不倫を容認しているとしても、夫婦間に愛情がなくなったわけではありません。

むしろ夫婦が深く愛し合っており、別の視点から夫婦関係を見つめるためにオープン婚があります。

この形式の結婚をする夫婦には高学歴で高収入という事例が多く見られます。

一般的な人々にとって不倫を容認するオープン婚は非常に奇抜な存在です。

この形式の結婚を理解するには、高度な精神性が求められます。

かなりの知性がある夫婦だからこそ、相互にオープン婚という関係を理解し容認することができます。

高度な知性を持つ夫婦には高学歴である場合が多くみられます。

さらに高学歴な夫婦は社会的な地位も高く、高収入な仕事に就いているのが一般的です。

オープン婚は相互に別の恋人を作るため、関係を維持するにはお金が必要です。

精神的にも金銭的にも余裕のある夫婦だけが、この形式の結婚を維持することができます。

この結婚形式はたんに不倫を容認するだけではありません。

パートナー同士が相互に愛し合い、精神的・金銭的な余裕があるからこそできることです。

一般的に不倫を容認すると言うと相手に対して興味を失い放任主義になってしまったかのような印象を受けますが、オープン婚は夫婦同士の深い愛に基づいています。

交際相手は配偶者に紹介する

近年では夫婦関係を円滑なものにするために、不倫をあえて容認するということが行われるようになってきました。

必ずしも世間的な理解が得られるわけではありませんが、夫婦が相互に認めあっているのであれば何の問題もありません。

この関係を容認できる夫婦は愛があるだけでなく、精神的にも金銭的にも余裕があります。

相互に別の恋人を持つことで、パートナー同士が相手のことをより深く知るきっかけとなります。

客観的にはたんに不倫を容認しているかのように思われますが、実際は夫婦間で取り決めた一定のルールが存在します。

ルールがあるからこそ、パートナーの気持や尊厳を傷つけなくて済みます。

オープン婚の基本的なルールとしては、交際相手をパートナーに紹介するというものがあります。

新たな恋人をパートナーに紹介することが、信頼関係の維持には重要です。

隠し事は夫婦間の信頼関係を壊す可能性があります。

全ての情報を開示して、理解し合うことで夫婦関係を円滑なものにできます。

まず交際相手をパートナーに紹介することも重要ですが、それ以外に夫婦関係を崩さないよう努力することも必要になります。

新しい恋人との関係が深まり、それまでの結婚生活を解消した方が夫婦にとって良い場合も存在します。

そのような場合には法的に離婚することになりますが、予め離婚に関するルールを取り決めておくと手続がスムーズです。

夫婦の関係を良好な状態に保つには、パートナーを思いやる心を持ち誠実に対応することが重要になります。

避妊は必ずする

オープン婚は表面的に不倫を容認することになります。

新しい恋人との間では子供を作らないのが通常です。

そのため必ず避妊をするのも基本的なルールの1つとされます。

万が一新たな恋人との間に子供ができた場合には、扶養や相続などの関係が複雑になる可能性が存在します。

法律婚の存在意義は扶養や相続など家族関係を円滑にする点にあります。

夫婦が相互に不倫を容認するという結婚形式は法律婚とは相容れない部分が存在するので、予め子供ができたときのルールを作っておくのが合理的です。

子供が生まれた場合に恋人が引取るのか、それとも夫婦間の子供として育てるのかという重要な問題があります。

養育費や相続関係など複雑な問題が絡んでくるので、新しい恋人を含めて明確なルールを決めておくと効率的です。

ただし不倫を容認するという結婚の在り方は、世間的に認められない場合もあります。

子供を育てる上で、世間との関係も考慮することが求められます。

一般的な人々との関係を円滑なものにするという点も、この結婚形式を維持するための重大な課題の1つです。

夫婦が相互に不倫を容認するという結婚形式は、パートナー同士が理解を深めるのに役立ちます。

一般的な夫婦よりも深く分かり合っているからこそ、この形式は成り立ちます。

しかし必ずしも世間的な理解を得られるとは限りません。

夫婦同士や新しい恋人との関係だけでなく、生まれてくるかもしれない子供のことも十分考える必要があります。

まとめ

パートナー同士が相互に不倫関係を容認し合うオープン婚は、高学歴で高収入な夫婦に多く見られます。

この結婚形式を維持するためには、夫婦間の理解と愛が不可欠です。

新しい恋人との関係を含めて良好な状態を維持することができれば、夫婦関係をより円滑なものにできます。

ただしこの結婚形式では予め様々なルールを作っておく必要があります。例えば避妊をして子供を作らないというのが基本的なルールの1つです。

一方で万が一子供ができた場合の、扶養や相続などに関するルールも決めておく必要があります。

夫婦間の信頼関係を守り、良好な関係を維持するにはパートナーに対する思いやりが重要です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報