基礎知識

不倫相手と連絡が取れなくなった時に考えられるパターン

投稿日:

不倫というのは、慎重に行わなければ大きなトラブルに発展しかねないリスクのあるものです。

そんな中で突然相手と連絡が取れないということになると、何か問題が起こったのではないかという不安にも駆られてしまいます。

しかし人間対人間のことなので、問題の有無とは関係なく気分で連絡を取らなくなるということもあります。

実際にはどのようなものが考えられるのでしょうか。

不倫を続けるため、またトラブルに発展しないようにするためにも、まずは不倫相手と連絡が取れなくなるのにはどういったパターンがあるのかを理解していきましょう。

仕事が忙しくて、連絡できない

時間に余裕があるのであれば、家に帰るのが嫌なときに不倫相手のところに居場所を求めることができます。

しかし時間に余裕がないと、どんなに不倫相手と会いたいと思ってもなかなか時間を作ることができません。

忙しい中で不倫相手を優先させてしまうと、本来の夫婦関係に大きな亀裂が生じ、より不倫に対する疑惑を抱かせる可能性があります。

そうならないようにするために、忙しいときには不倫相手と距離を置くようにしているというパターンです。

私が不倫をしていたころ、私の気持ちは不倫相手の方に向いていたので、できれば家に帰らずに彼氏の顔の方が見たい気持ちがありました。

その方が疲れも吹き飛びますし、精神的に安定するからです。

しかしそれを一度やってしまったときいに、夫から「あまりにも仕事が忙しすぎて家にいる時間が削られるようなら、仕事かえたら」と言われてしまいました。

その時の夫は少し怒り気味だったので、このままでは職場に電話をかけてしまいそうな危機感を感じたため、夫婦関係を維持させるためにもなるべく家にいる時間をとるようにしました。

彼氏も最初は不満そうでしたが、きちんと事情を話すと「2人の関係を続けるためには必要なことだ」と理解してくれたようで、しばらく会えなかったり連絡を取らなかったりしても文句を言いませんでした。

こういった理由から距離をあけるパターンはよくあるので、なかなか連絡がこないと感じたら、まず最初に相手の仕事が忙しいからだと考えた方が無難でしょう。

不倫関係を見つめなおそうと、距離を置こうとしている

不倫は悪いことだとは分かっていても、マンネリ化した日常に刺激を与えてくれますし、いつまでも恋愛を楽しむことができるので既婚だけれど興味があるという人はたくさんいます。

しかし一度手を出してしまうとなかなか抜け出すことができない中毒性がありますし、パートナー以外の人にのめり込んでしまうことで家庭崩壊を引き起こしてしまうなどのリスクがあります。

不道徳な行為になるので、世間的にも否定されることがほとんどです。

そんな現実を目の当たりにしたとき、このまま不倫を続けていていいのかと考え直す人がいます。

ちょっとした火遊びによって大切な家庭を壊してしまうくらいなら、もう終わりにしようとすら考える人もいるでしょう。

このように考え方の変化によって、少し距離を置きたいと思って連絡をしなくなるパターンもあります。

突然連絡が途絶えれば心配になるのは当たり前ですし、もしかしたら二度と会えないような状況に追い込まれているのではないかという心配が出てきます。

そんな思いとは裏腹に、相手は今の不倫している状況を「本当にこのままでいいのか」と考えている可能性があります。

考えがまとまるまでは、連絡がとれない不安があっても相手を信じて待つしか方法はないのです。

そうやって私は、不倫相手の存在の大きさを感じ、より相手に対して深い愛情を持つようになりました。

そして2人の距離感を保つためにはどうしてけばいいのかという答えを導き出すことができたように思います。

不倫を疑われて、奥さんに携帯などを取り上げられている

愛し合う2人が結婚をしたのですから、何年たったとしてもその愛情が続き死ぬまで添い遂げるというのが理想的だと考える人もたくさんいます。

しかしそれを実現させることができる人ばかりではありません。

実際に結婚をしてみると考えていたことと違っていたり、パートナーよりももっと魅力的な異性と出会ってしまうこともあります。

人間も動物ですし、理性よりも本能を優先させてしまうこともあるので、ダメだと分かっていながらも足を踏み入れてしまうことがあるのは仕方がないとも言えます。

しかし結婚をしている以上パートナーを自由にさせるわけにはいきません。

特に一家の大黒柱として働きに出ている夫が、なかなか帰ってこないというようなことになると本当に仕事なのかと疑ってしまいたくもなるものです。

毎月家に入れてくれるお金も本当に全部渡してくれているのだろうかとお金の部分にも疑いを感じてしまう妻もいるでしょう。

一度疑い出すと長引いてしまいがちなのですが、多くの女性が疑ってしまうのが夫の不倫です。

どんなに隠していても、家にいない以上はパートナーがどうしているのかが分かりません。

疑いを晴らして気持ちを落ち着かせたいという理由から、夫の携帯を取り上げる妻もいるでしょう。

これがまさに不倫相手との連絡が途絶えてしまう理由の1つです。

特に携帯チェックを許してしまっている夫婦関係だと、携帯を取り上げるということもよくあることなので、このパターンは決して珍しいことではありません。

関係を終わらせようと自然消滅を狙っている

刺激を求めて不倫に手を出してしまったけれど、やっぱりやめたいと思う人もたくさんいます。

とは言え男女の関係というのは1人で成り立つものではありません。

いくら夫婦関係を壊したくない、人の道をはずれたくないなどを理由にしたとしても、それを不倫相手も認めてくれないと不倫を終わらせることはできないのです。

そんな状況に追い込まれてしまっている人がとりがちなのが、連絡をたって自然消滅を狙うというパターンです。

不倫相手に素性を明かしていない状態で付き合っていれば、自然消滅をさせた後に家に来られたり、家族や職場に嫌がらせをしようとしたりなどのトラブルは起こりにくいでしょう。

また不倫ということを事前に明かしていれば、連絡がとれなくなったとしても仕方がないと諦めてくれる人もたくさんいます。

こういった割り切った関係だと自然消滅をさせたとしてもあと腐れなく別れることが可能です。

妻が妊娠中に夫は不倫に走りやすいとよく耳にしますが、この妊娠期間を終えたら冷静になって、不倫をやめようと考える男性はたくさんいます。

ほんの一時の気の迷いだった場合には、不倫相手の気持ちなど考えずに一方的に連絡をたって終わらせようとしてしまうことも残念ながら考えられます。

もしも連絡が途絶えてしまったら、奥さんの方に気持ちが向いている時なのだと考えて潔く身を引くのも大切です。

私は彼氏の奥さんが妊娠したときに頻繁に彼氏から求められるようになったのですが、いざ生まれるとその後はなかなか会ってくれなくなりました。

自然消滅をしたわけではありませんでしたが、子供の写真を見せられたときにはいつか別れなければならないときが来るという現実を突きつけられました。

まとめ

不倫は一生続くものではありません。

ちょっとした日常の変化から、連絡が突然なくなってしまうこともよくあるのです。

しかし連絡がとれないからと言って焦って行動を起こすと、相手はもちろんのこと相手の家族にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

そうならないようにするためには、まず待つことも大切です。

相手が話すことができるようになるまで待てば、連絡が途絶えた理由もきちんと話してくれるでしょう。

不倫はどんなに頑張っても本命には敵いません。

もしも本命よりも上になったときには、離婚して新たに結婚をするということに変わるのです。

不倫の状態で独占しようと考えてしまうとトラブルに発展する可能性があるので、気を付けましょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報