基礎知識

不倫相手から性病を移された 嫁にバレずに治す方法

更新日:

不倫相手の女性が性病を持つことを知らずに、避妊具を付けずにSEXを行えば、女性器から男性器への性病の感染は確実に行われることになります。

但し、不倫相手の女性とのSEX以外にも、性器への愛撫やキスなどでも性病は感染することになるため、避妊具を付けておけば安心と言うことはありません。

性病を移されてしまった時には、性病を治すことがポイントです。

性病を治すための方法にはいくつかの方法があるかと思われますが、嫁に知られることなく治したいと考える男性は多いはずです。

ばれてしまえば不倫をしていることさえも知られてしまう恐れがあるわけです。

性病検査の必要があるが、病院での検査はバレる

不倫相手との性行為で性病を移されてしまうケースは決してゼロではありません。

特に服特定多数の男性とSEXの経験を持っていた不倫相手などの場合、感染する可能性も高いわけです。

性病であるのか否かは検査を受けることで分かる、性病になったかもしれないと分かるのは、排尿時に痛みや違和感がある、男性の場合は亀頭、女性の場合には膣などに強烈な痒みが起きるなどで分かることが多いようです。

しかし、病院やクリニックなどで知り合いにあってしまえば性病であることが知られてしまう、最悪の場合は不倫していることが知られてしまう可能性があるのではないかと不安に感じる人も多いと言えましょう。

保険適用の性病検査を行った場合は、書類もしくは葉書が自宅に届くことになり、検査を受けたこと、そして不倫していたことがばれてしまうなどの不安を抱く人も多いのです。

保険が適用される治療や検査の場合は、定期的に書類やハガキが自宅に届く、もしくは会社から書類を渡されることになります。

この書類は健康保険に加入をしている人を対象にしたもので、治療費の負担がどれだけあるのかを明記してあるものです。

風邪の治療や歯医者さんでの治療など、いつどこの病院で家族の誰が治療を受けたのか、そして治療費の金額や国が負担した金額がどれだけになるのかなどが明記してあります。

性病の検査などの記載がなくても、家族が書類を見ることで何のために検査を受けたのか、治療をしていたのかなどの疑問を持つことになるわけです。

性病検査キットを使えばバレずに検査ができる

不倫が原因で性病になってしまった場合でも、まずは治すことを先決に考えなければなりません。

勿論、家族に不倫をしていたことが知られないように治すことがポイントになって来るわけです。

但し、不倫をして性病を移されたと考える前に、性病検査を受けて症状の特定を行っておく必要があります。

不倫をして男性器が無性に痒くなるから不倫相手から性病を移されたと考えて、個人輸入代行店などを使って自己判断で治すことは医薬品の副作用のリスクにも繋がります。

病院で検査を受ければ不倫をしていることも家族に知られてしまうので困ると考える人は多いわけですが、検査はネットを利用してキット品を購入する方法もあるのです。

キット品の場合は保険適用などがありませんし、買い物した商品を郵便局留めなどにしておけばこっそり行うことも出来ます。

仮に、自宅に検査キットが届いた時など、家族がそれを開けてしまって、中身が分かれば性病を持つことや不倫していたことなどが知られる可能性もありますが、郵便局留めなどの方法を利用すれば安心です。

また、支払い方法はクレジットカードではなく銀行振り込みなどを使うこともポイントになって来ます。

クレジットカードの場合は明細書が自宅に届きますので、明細書から不倫などがばれる可能性があるからです。

検査結果についても自宅に書類が届くようになっていると、性病の検査を受けたこと、不倫をしていたことなどがばれてしまう可能性があるので注意が必要です。

ネットで服用薬を購入して飲む

病院での検査が保険適用の場合、費用自体の節約は可能になるメリットがあります。

その反面、検査ならびに治すための薬代などが後日明細として自宅などに届くことになるので不倫をしていたことなど家族に知られてしまいます。

検査キットをネットで購入する時には、支払い方法や品物の届け出先などの注意を行えば家族に知られるリスクが少なくなりお勧めです。

ちなみに、検査キットは、宅配便はセンター留め、郵便局は局留めなどを選ぶことが出来る通販店を利用することがポイントで、局留めなどを使えば家族が間違って箱を開けてしまうこともなくなります。

検査の結果性病の判定でもある陽性となった時には治すための医薬品が必要になります。

医薬品も検査キットを購入した通販店で販売しているケースもあるので、こうしたお店を利用する方法や個人輸入代行店を使うなどの方法もあります。

但し、検査キット同様に服用役や塗り薬など自宅に届いてしまうと家族に中身を見られてしまうリスクがあるなどからも局留めやセンター留め利用が可能なお店を選んでおく必要があります。

個人輸入代行店の中には自宅以外の場所に品物を届けて貰うことが出来ないケースもあるので、通販店を選ぶ時には局留めなどが可能なお店を選んでおきましょう。

さらに、個人輸入代行店の中には偽物や粗悪品な度を販売する業者も存在していると言いますので、安心して治療に利用可能な医薬品を販売しているお店を口コミを使って選びましょう。

性病検査キットで再検査して完治を確認

性病検査キットを使うことで自分が性病になったのか否かを確認することが出来ますが、性病になっている場合には陽性反応が出る、必要な医薬品を使って治療を実施するなどの流れで行います。

治療を続けていると、以前は猛烈な痒みがあったものが治ったように感じるケースも多いのですが、ここでの自己判断もリスクがあることを覚えておきましょう。

仮に、痒みや痛みなどが治まると完治したように考える人が多いのですが、治ったのかどうかは症状の有無で考えるのではなく、再び性病検査キットを使い、再検査を行うことが大切です。

仮に痒みや痛みなどがなくなったので、夫婦の夜の営みを行えば、今度は奥さんに性病を感染させてしまうことになりますし、唾液などからも感染する病気が多いためキスをしただけでも移してしまうなどのリスクもあるわけです。

完治を確認するためにも再び検査キットの利用がお勧めなのです。

また、キットを使って検査を実施、様子を見ながら夫婦生活を送れば家族に移すリスクもありませんし、クリニックなどの医療機関での検査と違い、こそこそとするなどの行動を取る必要もありません。

ちなみに、行動から浮気がばれることが多いので、堂々とした態度を取るためにもネットを使って検査キットや医薬品の購入を行うと良いでしょう。

尚、完治しているか否かは症状が治まっただけでなく、検査を受けて性病が治っていることを確実に分かるようにしておくことが家族への思いやりに繋がるわけです。

まとめ

不倫相手から性病を移されてしまった、クリニックなどの医療機関で検査を受けると知り合いに会った際に性病であることが知られてしまう、治療などに伴う明細書が自宅に届くと性病や不倫などが家族に知られてしまうこともあります。

通販店を使って検査キットや医薬品を購入すれば、こうしたリスクは少ないのですが、届け先や支払い方法などに応じて家族に知られる可能性もあるわけです。

支払い方法は振込み、届け先は郵便局留めなどを利用することでばれずに済みます。

また、完治しているのか否かを再び検査キットで確認をすることも大切です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報