基礎知識

不倫の証拠になるのはどれ? 証拠集めのポイント4つ

投稿日:

不倫をした場合には、それを素直に認めるということは殆どありません。

多くはたぶらかしたり、たまたま一緒に居ただけといった言い逃れをします。

これらは単に不倫をしているかと問いただすさいには証拠がなくても大きな影響はありませんが、二度と不倫をさせたくない場合や離婚をする場合には不倫の証拠を用意することがポイントになります。

特に離婚で不倫を認めない場合には離婚できませんし、また証拠もなければ有利に離婚をすることができない場合もありますから、不倫をしていることがわかって最終的に別れるといったことを検討する場合には証拠を揃えておくことが大切です。

写真や映像、特に日付が入っていることがポイント

不倫の証拠に昔ながらに使われているものは、写真や映像です。

ただそれも状況によって不倫の証拠としては弱いケースがあります。

例えば単に一緒に不倫相手と写っているだけであれば単にその場に一緒になっただけということもありますし、親しげに会話をしていても世間話や仕事の話をしているだけかもしれません。

あくまでも不倫をしているといった行動の写真や映像である必要があります。

そのような場面はハグやキスなどでセックスをしている場面であれば決定的な証拠になります。

ただ実際のところセックスをしているところを撮影するというのは難しいものです。

ケースとしては配偶者がスマートフォンやデジタルカメラなどでそのような状況を撮影したものなどが有りえます。

また探偵会社に調査をしてもらい車など屋外でセックスで行っている場合なども有りえますし、自宅に招いてセックスをしているといった可能性がある場合には隠しカメラを使って撮影する方法などがあります。

またラブホテルに不倫相手と一緒に入る映像なども有効ですが、一般のホテルや旅館や一人で入るといった場合には証拠としては弱く言い逃れされる場合もあります。

また撮影をしている場合には映像に日付が入っていることもポイントです。

デジタルデータでは生成されたデータに日付が入っていますが、映像そのものに日付が入っているものの方がどのような日時に不倫行為を行ったかといった証拠になるため、不倫の証拠としては有益です。

手紙はメールやLINEよりも強い証拠能力を持つ

不倫の証拠としては写真や映像がわかりやすいものです。

このため昔ながらの手紙は現在でも強い証拠能力があります。

手書きの手紙であれば筆跡鑑定が行えますから、本人が書いたものといった立証が可能です。

このため裁判となった場合には強い証拠となります。

一方で現代においては通信手段が多様となり手紙を書くことは少なくなっていると思いますが、増えているのがメールやLINEです。

こちらは手紙よりも証拠能力は劣るものの証拠としては有効で、この場合には継続的に不倫相手と連絡を取っていることが証明できたり、これからセックスに至るまでの内容が記録されている場合には証拠になります。

ただし残片的なやり取りの場合になると継続的にその関係が維持されているかを判断するのが難しくなりますし、また現在ではスマートフォンといった個人が保有する通信端末が普及しており、それらはロックされるためやり取りのデータを取り出すのは困難ですし、どのような方法で取り出したのかが問題になるものです。

このためメールやLINEは不倫の事実を認めてもらうための証拠に使うのがポイントで、事実を認めれば、証拠能力としては弱いものであってもそれを裏付ける材料に使うことができます。

いずれにしても相手が認めれば有利に別れることが可能ですが、相手が頑固と認めない場合には、セックスをしている写真や複数の証言者がなければ、裁判所で完全で有利な条件で別れることは難しいといえます。

基本デジタルよりアナログのもののほうが証拠能力が高い

不倫の証拠データに関しては、パートナーに突きつけるのであればどのようなデータであっても問題ありません。

むしろ不倫をしていないといった場合を除けば、言い逃れをしたりはぐらかすようなことをしてうやむやにしようとするはずです。

ここで不倫をやめさせるだけであれば本人の交渉力がポイントになります。

しかし、不倫を理由に別れたり離婚をする場合には集めたデータの種類は重要なポイントになってきます。

特に裁判所での協議離婚を行う場合には、離婚を決断するに至った証拠の種類が重要になってきます。

近年はあらゆるデータはデジタルデータで記録されますが、デジタルデータは簡単に改ざんすることが可能です。

特に高度に改ざんされたデータは、どの場所が改ざんされたのかを立証することが困難なものですから、裁判ではデジタルデータよりもアナログの方が証拠能力が高い傾向にあります。

ただ現実として今どきはフィルムカメラを使っているといったことはありませんから、デジタルデータで証拠を揃えることになります。

このさいには日付が入っていることや詳しく行動を記録するなどの地道なアナログ的なデータ集めがポイントになります。

いずれにしても証拠を突きつけて相手が否定しなければデジタルでもアナログでも十分に有効ですが、相手が否定する場合には相手が言い逃れができない決定的な証拠を突きつけることが有利に別れる上にはポイントですし、また不倫をやめさせるためにも有効です。

ボイスレコーダーは盗聴目的など証拠にならない

裁判所に持ち込んで離婚を目指すといった場合には、集めた不倫の証拠がその判断の材料になります。

このさいに注意しなければならないのが、判断の材料が合法的に行われたものであることです。

裁判というのは公の場で行われるものであり、司法によって問題を解決するものであるため間違った判断をするわけにはいきませんから公平に行われます。

この公平に行うためのポイントがその裁判所に持ち込まれた判断材料です。

これらの判断材料は合法的に行われたものである必要があり、違法行為によって取得されたものは裁判所が証拠として認めないことも多くあります。

ただ判断材料としない場合でも参考とするケースもありますが、完全な違法行為によって取得したものは証拠として採用してくれませんから、決定的な証拠であっても有利な条件での裁判を行うことができなくなります。

違法行為としては例えばボイスレコーダーでも明らかな盗聴目的で行えば違法と判断されるリスクがあります。

これは撮影する場合も同様で、あくまでも合法的に記録されたものであることがポイントです。

特に注意しなければならないのが他人の敷地に不法侵入した場合であり、あくまでも公共の場での不倫行為である必要があります。

このため不倫現場を捉えたものであっても、それを立証できるものでなければ採用されません。

このため裁判に持ち込むさいには計画的に証拠集めを行う必要がありますし、実際に裁判をしてでも勝てるといったものである必要があります。

まとめ

不倫の証拠を集めるさいには違法行為を行わないように注意する必要があります。

違法行為にならないポイントとしては自由に出入りできる場所であることです。

また不倫の存在を客観的に認められる状況にあるデータであることも大切です。

違法な方法で手に入れたものであってもそれをもとにパートナーが不倫を認めさせれば、有利に離婚することが可能になります。

裁判をせずに離婚できれば良いですが、それでも裁判所に不貞行為を行ったことを認めてもらって調停調書を作成して離婚するのが無難です。

離婚は結婚以上に難しいものですから、離婚をするさいには可能なかぎり有利な状況で行えるように計画的に行うことが後悔しないためにも重要なことといえます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報