基礎知識

スマホを盗み見したら旦那の不倫が発覚 どうやって泳がそうか

投稿日:

不倫をしていることがスマホをチェックしてわかってしまった場合、どのようにするかは人によって異なります。

そのまま追求するのも良いですが、根拠となるデータをもっと集めたから追求するのも手でしょう。

仮に離婚をするにしても、それなりのデータがあった方が慰謝料を多くとることに期待できるからです。

確かに信頼していた夫の不倫が明らかになってしまったことでとても苦しい思いをすることになってしまいますが、冷静に対処することで今後の問題をスムーズに収めることにもつながります。

動揺せずしっかりと対応して問題を解決していくようにしましょう。

絶対に苦しくても旦那の前では態度に出さない

スマホを見て女と不倫をしていることがわかれば、本人はつらいはずです。

しかし、絶対に苦しくても旦那の前では態度に出さないようにしましょう。

スマホで見た情報だけであれば、はぐらかされてしまう可能性もあります。

すぐに相手の女に対して文句を言うのも同様です。

もしかしたら勘違いの可能性もあり、その場合は逆に自分の立場も危うくなってしまいます。

女同士のいざこざに発展してしまえばそれはそれでややこしくなってしまいますので、まずは静観することから始めた方が良いです。

もちろん、可能であれば女とのやり取りをしているスマホの情報を保存するくらいのことはしておいた方が良いでしょう。

感づかれてしまうとデータが消されてしまう可能性も否定できないからです。

スマホのデータは簡単に消すことができるため、そうされないうちに情報を押さえておきたいところです。

そこの情報からホテルに行っているなど確実に不倫が起きていたことが分かったなら、仕返しをすることも考えて態度に出さず、ある程度まとまって突きつけた方が効果があります。

愛想をつかしてしまっているなら離婚を考えることになりますが、相手の弱みを握ってしまってあえて結婚を維持するのもありです。

弱みがある夫は妻の側に頭が上がらないことになりますから、自分の有利な方向にもっていくことができます。

それに文句があっても、夫の方に女との不倫の事実があればそれに対して反抗することもできませんので有利です。

とにかく証拠を集めることに専念する

税所は証拠を集めることに専念しましょう。

たくさんの根拠があればもはや旦那が適当な言い訳をして逃げることはできなくなってしまうからです。

例えば、飲み会で一度だけの過ちを犯したといったとしても、何度もあっているようであればそれはもはやただの言い訳に過ぎなくなってしまうため、反論の余地はありません。

離婚を切り出すにしても、女との間で不倫があったことを根拠づける情報があった方がスムーズに進行します。

弁護士に相談したとしても、どの程度の慰謝料を摂ることができるのかなどは、根拠となる情報で女との不倫があったことを示すものがあった方が正確に算定してくれます。

旦那が争った場合は裁判離婚になりますが、そこで離婚を認めてもらうためにもこれらは必要になってくることなので、集めておいて損とは決してなりません。

デジタルデータは特に消されてしまい、女との通話履歴やメールの送受信データは特にすぐに消されてしまうことになりがちですから、早めに気づかれないように集めるようにしましょう。

たくさん情報を集めることに成功した後は、実際に示して問い詰めると良いでしょう。

おそらくほぼ確実に女との関係を否定してくるはずですが、女とのやり取りがあるデータがたくさんある以上、その言い訳は通用しません。

そのうち観念して認めてくるはずです。

あとはどのように料理するかは自分次第です。

何らかの要求を突きつけるのも良いですし、離婚してしまうのも良いでしょう。

不倫の証拠の保存方法

証拠の保存は、写真やデジタルデータとして残しておくようにしましょう。

改変することが可能な物であればあまり強いデータにはなりませんので、写真で残すことは良いかもしれません。

あとは、探偵を雇うという方法もあります。

探偵なら、女との直接的な面会の瞬間を写真に収めてくれるはずです。

それらがそろったら、裁判になっても事故に有利に働きます。

イメージをしっかりと残しておくことが重要で、微妙な物を保存していてもあまり意味がありません。

女との面会の時の情報は、それだけではただ単に女とあっていただけの可能性もありますが、例えばホテルに入っていくといった瞬間を抑えたのであれば、決定的なものとなりもはや言い訳をすることは難しいはずですし、裁判でも決定的なものとして扱わられるはずです。

この辺のノウハウは、やはり尾行にたけている探偵の得意分野です。

自分で行うと相手にバレてしまいますが、それを業務としている探偵であれば、ばれないように集めてくれるので頼りになります。

確かに費用はかかってしまいますが、それが決定的なものとなれば慰謝料を請求するにも自分に有利になりますので、十分元を取ることができるでしょう。

あとは、ネット上で情報を集めるのも良いでしょう。

経験した人がブログ記事に情報をまとめているケースもあります。

無料で見られる情報であるため、役立つ情報を見つけることができれば、費用的にも負担なく有利に自分で使うことができます。

証拠を突きつけた瞬間の旦那の表情が面白すぎる

証拠を確実にたくさん集めてから旦那に女との関係を問いただせば、言い逃れすることはできないでしょう。

まさかここまで詰められていたのかと面白い表情をしてくるかもしれません。

それまでばれていないと思っていたはずですから、その驚き度合いは高くなるでしょう。

そうなるとしてやったりといった感じです。

あとはどうするのかは当事者間の話し合いとなります。

離婚提案しても相手は抵抗して誤って来るかも知れません。

そうなっても、十分な情報があるのでほぼ裁判離婚は成功するはずですし、慰謝料も自分に有利にもらうことができます。

また、相手の女性に対しても不法行為に基づく損害芭蕉政友訴訟を起こすことができて、さらにお金を手に入れることができます。

仮に結婚を継続するにしても、すでに自分の方に非があることは確実な夫の方は強くものをいうことはできなくなりますから、主導権は自分側にあることになります。

これらをどうするかは、自分側にあるのでしっかりとどうするかは考えましょう。

一度の過ちとして不倫を許すのも選択肢としてはありですし、しっかりと女との関係を持ったことをけじめをつけてもらうこともありでしょう。

不倫を一度起こした人はもしかしたらもう一度不倫を起こすかもしれませんし、一度きりの不倫であるかもしれませんが、それは夫がどういう人かにもよります。

それを知っているのは妻なので、不倫をしたことをどう考えるかを決めて、その後の対応を決めていくようにしましょう。

まとめ

不倫をされると裏切られた気持ちになるのは当然です。

刑法的に不倫は犯罪ではありませんが、私法上は離婚自由は不法行為の自由になるなど違法な行動だからです。

もし、不倫をされてしまったらとにかくそれを根拠づける証拠は集めておきましょう。

その後にどういった対応をするにしても、それがあるとないとでは事の運びが変わってきます。

十分な根拠を突きつければ夫も反論の余地はありません。それに、裁判をするにしろ、結婚を継続するにしろ自分が有利になります。

確かにつらい気持ちになるかもしれませんが、冷静に対処して有利に進めていけるようにしましょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報