基礎知識

不倫の事実を認めない場合どれくらいの証拠があれば十分なの?

投稿日:

妻や夫の態度や行動に不審な点が見つかり不倫や浮気が疑われる場合、話し合いがまとまらなければ最終的には離婚に発展してしまうケースもあります。

離婚をするにしても、よりを戻すにしても不倫をされた側としてはできるだけ交渉や裁判を有利に進めるたいものです。

そのためには法的に大きな意味を持つのが「不貞行為」です。

不倫が原因で離婚を決意した場合、不貞行為があったという確たる事実さえつかめば、裁判で勝つことができ、慰謝料も請求できます。

不倫や浮気をした妻や夫に対し、ともすれば感情的になってしまいがちですが、ひとつ冷静になって不貞行為の事実を押さえることが肝心ではないでしょうか。

携帯電話、SNSでの通信、通話内容

民法第770条には「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる」と明記されています。

その第1項では「配偶者に不貞な行為があったとき」とし、不貞な行為とは「男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない」となっています。

つまり本人の意思により配偶者以外の異性と肉体関係を持つことが「貞操義務違反」であり、法律的に認められる離婚原因のひとつになるということです。

では、どのような事実が見つかれば不貞行為の証拠となるのでしょうか。

証拠集めの第一歩が、妻や夫が日常的に使用している携帯電話やスマートフォン、タブレット端末などの通信、通話内容です。

特にSNSの2人のやり取りが時系列で残されていますので、不倫の事実をつかむのに有効です。

強力な証拠となるのが、2人がホテルや旅館に宿泊したと判断できる内容、たとえば2人きりで旅行の約束をするようなやり取りが残されている場合です。

「来週、熱海の温泉に行こうね」「この間の旅行、とても楽しかったよ」などは、肉体関係を伴う不倫があったことの実証となり得ます。

しかし「昨日食事をしたレストラン、おいしかったね」「また今度2人でディズニーランドに行きたいね」というような宿泊を伴わないデートのような内容では、不倫を事実だと認めさせるには不十分です。

SNSなどで証拠を探す場合は、2人が宿泊したことを示す事実を探すことが大切と思われます。

宿泊を示す写真

配偶者と不倫相手の間に不貞行為があったことを示す強力な証拠の2つ目が写真です。

この場合もSNSなどの通信履歴と同様、2人きりで宿泊した事実を押えることが極めて重要視されます。

単なる日帰りデートの写真は肉体関係があったことを示す証拠としては効力が弱くなります。

強い実証能力を持つのは2人がラブホテルに入っていく瞬間や出てくるところを写した画像、2人でホテルの部屋で撮影したとみられる画像などです。

このほか日帰りでは行くことができない遠方で2人が撮影した画像も有力でしょう。

スマートフォンや携帯電話に2人で宿泊をした時や遠方へ旅行した時の写真が残されている場合があります。

しかし、配偶者が慎重な性格の場合は証拠になるような画像が残されていないケースも多く、見つけられないこともあるでしょう。

またスマートフォンに残された画像は不鮮明なものや手ブレ、ピンボケなどで顔や外見の様子がはっきり写っていないものも多く、そうなると事実を証明する効果は不十分です。

配偶者のスマートフォンや携帯電話を入手すること事体、困難なこともあります。

自力でホテルへの出入り写真を撮影するのは時間や労力、撮影技術が必要な大変難しい作業です。

相手にばれずに撮影するのは、高精度の望遠レンズや夜中でも撮影できる高感度のレンズなどがないと、うまく撮影することはできません。

不倫調査を請け負っている探偵事務所を利用する手もあり、費用はかかりますがプロの腕を借りれば短期間で有力な事実を手にすることも可能です。

ラブホテルの領収書

「夫のポケットの中に入っていたラブホテルの領収書が証拠になるのでは?」と思う人が多いかもしれませんが、不倫の事実を認めさせる決定打となる可能性は低いと言わざるを得ません。

ラブホテルの領収書は肉体関係を持つために利用したことを物語ってはいますが、一緒に利用した相手の名前などの個人情報は一切記載されていません。

したがって不倫や肉体関係を示す効力は限定的です。

夫の持ち物の中から出てきたのであれば、夫への慰謝料請求などは可能ですが、浮気相手にまで慰謝料を請求することは難しいでしょう。

裁判になっても法的な効力はあまり期待できません。

このほかシティホテルやホテルのレストランで食事をした時の領収書も性行為があったことを示す実証効力は薄く「2人で仕事の話をしていた」「一緒にディナーを食べていただけ」など様々な言い訳が可能になります。

ただし、それ以外にSNSの履歴や画像データなどの有力な証拠が出てくれば、それらを補強する材料にはなる可能性がありますので、処分せずに保管しておいた方がいいでしょう。

決定的な事実を自分の力だけで見つけるのが難しい場合は、興信所や探偵事務所などのプロに依頼する方法もあります。

配偶者が全く無警戒の場合、財布やポケットの中に領収書が残されていることもありますが、普通は家の中には持ち込まないように外で処分しているはずです。

盲点になるのが車のゴミ箱やサイドポケットなどで、丹念に探せば見つかるかもしれません。

不倫の事実を認めた録音

音声データを入手する方法もあります。

1つは車などにボイスレコーダーを設置し、配偶者と浮気相手の会話を録音する方法です。

浮気を実証する証拠となりえる法的な効力はさほど期待できませんが、内容を相手に突きつけて自白を促すのに使えます。

妻や夫に不倫の事実を認める証言をさせて、それを録音するのも一定の効果があります。

この場合「〇〇さんと〇月〇日、〇〇ホテルに宿泊し、肉体関係を持ちました」というように、事実をきちんと述べさせることで有力な証拠になります。

一方「不倫関係にありました」「浮気をしました」などの表現は性行為があったのかどうかがあいまいで、証拠能力は弱いので注意が必要となります。

その他の注意点では、配偶者を問い詰めて音声を録音できた場合でも、後になって「自分の声ではない」「自白を強要された」などと撤回してきても不思議ではありません。

そのため録音データも決定打とはなりにくく、それだけでは離婚の成立や慰謝料の請求にまで持っていくのは難しいかもしれません。

やはり画像や通信履歴を補強する材料という意味合いが強いようです。

音声よりも有力なのが念書、誓約書を書かせる方法です。

その場合、配偶者と浮気相手の双方の証言を公正証書として残すことでその後の示談や調停などを有利に進めることができます。

公正証書とは公証人の立会いのもとで作成される公文書で、一定の費用はかかりますが、法的な拘束力を持ち、裁判になったときも有効に働きます。

まとめ

不倫の事実をつかむには、2人の間に不貞行為、すなわち性行為があったことを示す証拠が不可欠です。

自分の力で不倫の事実を見つけるならスマートフォンや携帯電話に残された2人のやり取りや画像が有力でしょう。

ただし相手に悟られないようにスマートフォンのロックを解除しなければならないというハードルがあります。

性行為があったことを認める配偶者の発言を記録した音声データや記録文書も有効ですが、配偶者と浮気相手の会話だけだと、内容がどんなに親密であっても効力は弱くなってしまいます。

自分の力では証拠を集めるのが困難な場合は、探偵事務所などプロの手を借りるのもいいでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報