基礎知識

共働きの主婦が不倫に走ってしまう状況とは

投稿日:

昨今は共働きをする家庭が多く、主婦でも外に働きに出ることが珍しくありません。

そんな現状の中、起こってしまうことがあるのが女性の不倫。

働きに出ることが、出会いに恵まれてしまうことに繋がり、結果的に夫を裏切るかたちになるケースもあります。

しかし共働きをする主婦だからといって、誰でも不倫をするわけではありません。

そこには主婦を不倫に走らせてしまう理由もあるのです。

そしてその理由には、家庭環境や夫の行動が関係している可能性も考えられます。

妻だけを責められない理由も隠れていることがありますが、どのようなことが引き金となるのでしょう。

好みの男性が目の前に現れたとき

共働きをする女性の仕事は様々。

時には出会いの多い仕事に就くこともあるでしょう。

そんな中、好みの男性との出会いがあった場合、女性としての気持ちが芽生えてしまう可能性があります。

主婦はいつしか女性としての感覚が薄れてしまいがちで、特に子供がいる場合ですと母の顔になってしまいます。

所帯を持つことで恋愛をする心もすっかり衰えてしまっている中、仕事先で出会った男性の存在によって、眠っていた何かが蘇ることがあるのです。

最初は家族の存在がブレーキになっているものの、しかし仕事上だけとは言え、時間を共有することで次第に気になる存在になっていきます。

家族には見せる顔とは違った女性の一面を出し始め、やがてはその男性からも好意を持たれるようになり、禁断の不倫関係へと落ちてしまうことも。

幸い共働きなことで少しくらい帰りが遅くなっても問題はありません。

あるいは休日出勤と称して、こっそりとデートに出掛けても不自然ではないでしょう。

共働きなことを良いことに、時間的な余裕も金銭的な余裕も持つことができます。

外で働く主婦は、このような状況に陥る可能性が少なからず存在します。

家では女性扱いをされないことに対して不満を感じている中、外で出会った男性は女性として見てくれるはずです。

女性はいつまでも女心を持っていたいという本音もありますので、女として扱ってくれる人がいれば、そちらに気持ちがいき不倫に走るのもある意味自然と言えるのかもしれません。

家庭内でのストレスが溜まり過ぎたとき

お気楽と言われてしまうこともある主婦と言えども、家庭では様々な不満を感じています。

共働きならば、外でも何らかの負担が圧し掛かり、精神的にもリフレッシュを求める気持ちになるはずです。

特に家庭における不満は日常的なものになることが多く、安息の場となるはずの自宅が心休まらない状況なことで、余計に気持ちの上では辛い心境になってしまいがち。

人は過度のストレスを感じると心のバランスが崩れてしまいますので、適度に息抜きをして気持ちの安定を図るようにしなければいけません。

そのための方法は様々ですが、時には鬱憤の発散方法が不倫になってしまったという主婦もいることでしょう。

目新しい男性と付き合うことで新鮮な気持ちを感じることができ、それが外見も中身も素敵な相手ならば余計に嬉しい感情が大きくなるものです。

一緒にいる時間が何よりも楽しく感じられることで、次第に泥沼の不倫関係へと陥ってしまうのも無理はありません。

ストレスを癒すための本能的な行動とも言え、そこには不倫をすることの罪悪感よりも、満たされる感情に酔ってしまう女性もいるのです。

むしろ、背徳感があることで逆にハマりやすくなることもあります。

いけないと分かっていることに手を出す快楽を覚えてしまう場合もあり、刺激的な不倫ゆえにストレス発散にも最適に感じられてしまうのです。

不倫相手が癒しの存在となるのは危険とも言えます。

誰しも心を満たしてくれるところの方が心地良く感じられるものですので、どっぷりとハマってしまう可能性があります。

夫とセックスレスが続いたとき

夫婦で働きに出るとライフスタイルがお互いに合わなくなることがあります。

また、女性が仕事を持つことで、主婦業と仕事との両立に疲れを感じます。

その影響が出てしまう可能性があるのが夜の営み。

生活時間が合わなかったり毎日が疲れたりすることで、セックスレスになることも少なくありません。

夫婦関係においてセックスレスになるのは、時には危険信号となる場合があります。

性欲は人間が持つ本能であって、夫との体の関係が希薄になろうとも、心の奥底では燻っていることも。

女性の中には性欲が強い人も存在しますので、セックスレスの現状にストレスを感じている人がいてもおかしくないでしょう。

しかし共働きの影響もあってすっかり営みがなくなることもあるはずです。

行き場を失ってしまった性欲をどのように処理するのか、時にはそれが不倫に走るきっかけの場合もあります。

心の中で求める快楽に応えてくれる人がいれば、いけないと思っていても体が求めてしまいます。

特に好みの相手がいれば余計にうずくものであり、主婦の方からアプローチすることも考えられるでしょう。

共働きなことで家族を忘れる時間もあるはずですので、不倫関係に陥ってしまうまでに時間もさほど掛からないかもしれません。

このことを踏まえるとセックスレスになっている夫婦は要注意と言えるでしょう。

特に共働きの夫婦は女性が家にいない時間が長くあることで、不倫をしやすい状況があります。

夫が不倫をすることがあるのと同じよう、女性もまたその可能性が否定できないのです。

夫の浮気に気づいたとき

共働きをする主婦は、必ずしも自らの気持ちだけで不倫をしてしまうわけではありません。

時には、不倫をしようという気持ちにさせる何かが背中を押すことがあるのです。

そのひとつが夫の浮気。

外仕事をする男性の場合は豊富な出会いに恵まれ、結果的に不貞行為を働くことがあります。

その事実に妻が気付いた時にはどのような心境になるのでしょう。

共働きをしながら主婦の役割をこなし、家族を懸命に支えている中、夫の裏切りが発覚することで怒りや絶望、不安など、様々な感情が入り混じった気持ちになるはずです。

そのような場合、夫の離婚をする主婦もいれば、中には復讐のごとく自分自身が不貞行為を働くこともあるのです。

どっぷりと不倫関係にハマることもあり、お互いに裏切り行為をすることで夫婦関係が破綻してしまうケースも。

こうしたパターンの場合、いずれにも問題があると言えますが、しかし先に裏切り行為を働いた夫が叩かれることが多いでしょう。

無論、不倫をした側も同じように叩かれてしかるべきと言えるものの、しかし夫の裏切りがなければ、そんなことにはならなかったという理論で対抗されてしまいます。

強く夫も糾弾することはできず、責任のなすりつけ合いという泥沼の状況に至ってしまうことも考えられます。

このことを踏まえると、すでに浮気をしている夫は、妻に不倫をされる覚悟を持たなければいけないとも言えるかもしれません。

報復をされても仕方のない状況でもあり、共働きの妻を駆り立ててしまったのは夫自身になる可能性を否定できないのです。

まとめ

今や珍しくもない共働きの夫婦。

双方が働くことで得られるメリットがあります。

しかし一方では共働きゆえのデメリットもあるのです。

不倫に走らせるきっかけとなるのが外での仕事の場合もありますので、夫には油断大敵と言えそうです。

とは言え、共働きだからと誰しも不倫をするわけではありません。

理由があってこその結果であり、夫がその原因となることもあるのです。

つまり裏切り行為に遭わないためには、まず夫婦関係を良好なものにすることが大切です。

不協和音が生まれることで不倫に至ることもあるため、信頼のできる関係を作りあげることが予防策になると言えます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報