基礎知識

不倫を心配しぎるのは心の病気?

投稿日:

不倫は裏切りから起こるので、その素振りは相手に心配や不安感を与えたり、自信を失わせる切っ掛けにもなります。

また心や体の病気を引き起こしたり、たばこやアルコールなどの依存症の原因にもなり得ます。

一方では心身の不調からくる病気が原因で、不倫の疑いが強くなってしまう場合もあります。

いずれにしても、このままでは実生活に支障を来したり、子供に心配を掛けるなどの問題を生じます。

解決方法はいくつもあるので、状況に合わせて対処を始めたり心身の平穏を保つように心掛けることが重要です。

不安な気持ちが余計な疑念や不安を生む、これは誰にでも起こり得る問題で場合によっては免疫力低下さえも引き起こします。

不安な気持ちを周りの信頼できる人に打ち明けてみる

不安な気持ちを感じていたり、長期的に長引いている場合は、周りにいる信頼できる人に打ち明けるのが一つの方法です。

不倫の疑念がある時は特に、一人で不安を抱えたり心配を強めてしまいがちです。

子供には親の不安感が伝わるものなので、長引きそうなら人に話をするのが懸命です。

ここでいう信頼できる人とは、不倫相手の可能性が低く、うっかり話の内容を他者に口外しない相手です。

家族や友人からは話が漏れる恐れがあるので、本当に厳選して打ち明ける相手を選ぶことがポイントです。

打ち明けを行う際には、自身の心境を客観的かつ正確に伝えるのが無難です。

パートナーに不倫の心配を強く疑うとしても、断定調で話してしまうと、不倫の解決ありきで相談が進んでしまいます。

重要なのは、相談者自身が不倫を心配事として捉え、どうしたら解決できるかヒントを与えてもらうことです。

相手が相談者と同じく不倫の疑いを強く持てば、それは病気からくる不安ではなく、疑念が不信感や心身の不安定さを起こしているといえます。

逆に不倫はあり得ない、考えすぎだと反応があった時は、相談者本人に不安を強める要因があることを意味します。

この場合は専門家に相談を持ち掛けたり、不安を起こしている病気の治療を検討するタイミングに変わります。

少なくとも信頼できる相手に話をするということは、思いを吐き出して心を楽にします。

不倫が本当で悩みを一人で抱えたままだと、その状態が病気を引き起こしたり依存症の要因にもなり兼ねないので、誰かに相談するのは良い判断です。

過度の不安感は免疫力低下や体調不良の原因に

過度の不安を抱えたままの状況は、免疫力低下や体調不良の原因に結び付きます。

免疫力低下は風邪や感染症などの病気、あるいは内臓疾患などのリスクを高めます。

体調不良が起こりやすくなると、急に気持ち悪くなったり、熱くないのに汗を掻くなどの変化が現れます。

悩みすぎて胃が荒れたり痛くなる、これも不安からくるストレスが原因です。

免疫力は重大な疾患を引き起こすこともあるので、低下している場合は安易に考えないのが肝心です。

体が疲れたら休息が必要なように、心も休ませて回復を待つ必要があります。

無理をすると胃腸の不快感や発熱といった、体のシグナルで不調を伝えるようになります。

いわゆる体が発する警告ですから、ストレスに思い当たる免疫力低下や体調不良がある時は、不安の解消に努めるのが急務です。

相談をしたりゆっくりと休める時間を確保して、心の穏やかさを取り戻すことが当面の目標です。

不安がなくなれば不調も解消されるので、不倫の疑念や問題解決を急ぎたいところですが、焦っても良い結果にならないのがオチです。

まずは本人の心身を良好に整えて、それから段階的に疑念を払う問題の解決へと向かうのが正攻法です。

子供にとって親の不調は不安の種ですから、過度に心配を掛けたり連鎖させない為にも、本人が心や体の体調管理を行うことが不可欠です。

不安は吐き出さないと溜まる一方なので、信頼できる人に吐き出しつつ、病気にならないように心配しすぎない心のバランスを保ちましょう。

不安解消のため、たばこ、アルコール、買い物などの依存症に

不安解消にたばこやアルコール、買い物などは依存症という病気の原因となります。

たばこは持ち運びがしやすく、何時でも手軽に吸えることから、不安を抱える人にとっての定番アイテムです。

しかし与えてくれる安心は一時のもので、効果が切れた後は余計に心配を強めることがあります。

心配から逃れるために一本もう一本と喫煙量が増えると、それが病気でもある依存症ということになります。

アルコールもメカニズム的には同じで、不安が強い時に飲酒を行うと、まるで不安を解消する薬のように錯覚します。

たばこやアルコールによる不安解消は、いわば一時の誤魔化しであって、問題から目を逸らしているだけでもあります。

買い物も不安を解消してくれますが、依存性的なショッピングは、衝動買いや無計画な高額商品の購入へと至ります。

後々罪悪感を感じるケースも少なくないので、トータルで考えてみると、このような買い物は損ばかりです。

お金を沢山使う割には、問題解決が遠のいて行きますから、出費を繰り返しても不安は増すばかりになります。

大切なのは不安感と直接向き合い、たばこやアルコール、そして買い物などで誤魔化さないことです。

不安は誰にとっても逃れたいものですが、目先の方法で誤魔化すことはできても、根本的な解決にはならないです。

むしろ余計に心配が強まりますから、時に些細な不倫の疑いが必要以上に強化されてしまい、病気のような不安感を呼び起こします。

何かで誤魔化す依存は生活に影響するので、解消方法を間違わないように心掛けることが大切です。

心の専門医に相談という手も

心の専門家は、不倫の相談に乗ったり解決を手助けする相手ではありませんが、心配性からくる問題に対処してくれます。

小さなことを大きな心配に感じさせる心の病気は、不安な状況下だと増幅されて状態が悪化します。

自助努力で解決するにも限界があるので、心配という内面的な病気を疑ったら、早めに心の専門家に相談するのが理想的です。

早期の相談は心配の余計な悪化を防ぎ、問題と向き合える心の状態が保てるようにします。

反対に、問題を放置して相談を先送りにすると、何時の間にか心の状態が悪化して不安が強くなります。

悪化は後に物や行動に対する依存心を強め、子供に対する余裕さえも失わせるでしょう。

やがては不倫が本当なのかどうかさえも、正しい分析や判断が行えない状態に陥ります。

心の健康は冷静な判断力を保ち、病的な不倫の疑いを取り除く切っ掛けとなります。

病気が引き起こす心配や不安は、些細なことで不倫を疑わせる要因になり、将来的に家族や夫婦関係を壊す要因に変化します。

不倫は、関係性に亀裂を生じさせたり信頼に傷を付けますが、無用な疑いもまた同様の影響をもたらします。

心の病気は不安を強めてしまうことから、不倫の疑いや解決において、案外無視できない治療の対象です。

専門家がカウンセリングを行い、状態に合わせて投薬や休養を促すと、心は元気になって平穏が取り戻せます。

不倫の疑念解消や解決は別問題ですが、改めて疑いが本当かどうか、冷静に分析できる状態になります。

まとめ

信頼関係を傷付ける不倫は、何かの拍子に疑いを強めたり不安を与えるものです。

ただ過度な心の変化は余計に疑念を強めて、解消できない悩みは体調や物事に対する興味を歪めます。

免疫力の変化や不調は生活の質に直結しますし、たばこなどは依存傾向を強めてしまいます。

アルコールも買い物も、度がすぎれば病気そのもので治療の対象となります。

不倫を疑う初期であれば、信頼の相手に相談するだけでも、気持ちが軽くなって依存の発生や発病を防げます。

病気の発症や悪化は自信を失わせるので、おかしいと感じたら医師に相談するのが必要な判断です。

相談のタイミング次第で悪化が防げますし、必要以上な不倫の疑いにも悩まされずに済みます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報