基礎知識

不倫が発覚! 即離婚すべき場合

投稿日:

一見円満に見える夫婦であっても、色々問題を抱えていることも多いものです。

そして残念なことには、それが離婚の引き金となってしまうこともあります。

特にどちらかが不倫を起こし、それが元で離婚してしまうというケースは意外と多いのです。

しかし不倫に走って発覚した場合、相手がどのような気持ちになり、またその場合離婚するべきかしないでおくべきか、かなり迷うケースもまた存在します。

また不倫が発覚したにも関わらず、配偶者がその後も不倫行為を依然として行っていたりもします。

相手が不倫をしているのが発覚した場合、どのような時に離婚するべきなのでしょうか。

金銭的に自立できる確信がある場合

もし不倫をされた側の方が、金銭的に自立可能である、つまり生活できるだけの収入がある場合は、離婚した方がすっきりすることもあります。

もし相手が自分の不倫を認めて詫びたとしても、その後も相手の愛情を疑いながら生活したり、あるいはまた不倫をするのではないかと、気にしながら生活したりするというのは、予想外に苦痛を感じるものです。

何でもそうですが、一度やってしまったことはまたやりそうに見えて、どうしても疑い深くなってしまい、それによって結婚生活が壊れてしまうこともあるのです。

別れてもこちらに収入が十分あって、相手の収入を頼りにしなくていい場合、もっと言えば、これ以上相手から苦痛を与えられたくない場合には、思い切って別れるのがいいでしょう。

それによってまた再スタートを切る、別の人物と結婚するという選択肢もありうるからです。

また金銭的に余裕がある場合は、特に慰謝料が必要でないこともあります。

仮に夫が不倫をして、しかも妻に収入がある場合は、慰謝料なしとで別れることもできます。

そうすることで、夫に取っても負担が少なくてすみます。

ただし子供がいる場合は、両親のどちらも収入があり、どちらが親権を持つかでもめる可能性もありますので、そのような時は必ず弁護士に相談するようにしましょう。

離婚に強い事務所に相談すると、的確なアドバイスをもらえますし、もし裁判にならなくても依頼しておくことで、その人の支えとなってくれることもあるからです。

相手への愛情が一切ないと言い切れる場合

相手が浮気、不倫をしてしまったことで、既にその人への愛情が冷めた時も離婚をした方がいいと思われます。

もうこの人を愛することはできない、そう判断した時点で、その結婚生活は事実上破綻しているといえるからです。

しかも浮気して早いうちに見つかり、相手も十分反省をしているとか、その人とはきっぱり別れたなどというのであれば、まだよりを戻すチャンスはあります。

しかし、一度不倫をしたにもかかわらず、また別の相手と不倫関係になった時、それを何度も繰り返すという時は、相手がどう言ってもこれ以上は無理と考えられます。

結局相手は不倫に走るのをやめられないわけですし、そういうことを繰り返すのであれば、最初から結婚しない方がむしろましといえるほどです。

夫婦としての愛が存在しないのである以上、それ以上結婚生活を続けても無意味ということもできます。

こういう状態を仮面夫婦と呼ぶこともあります。

実質的に愛し合っていないのに、夫婦という仮面をかぶり続けているという意味です。

この人をもう好きになることはできない、そう確信した時は離婚をした方がいいでしょう。

また愛情が冷めてしまった以上、話し合いで離婚をするのが難しいこともあります。

そのような場合は調停をするのがいいでしょう。

調停は家庭裁判所で行われ、調停委員が話を聞いてくれますので、冷静な気持ちで話をすることができます。

また場合によっては、離婚ではなく夫婦関係修復を進めてくれることもあるからです。

相手を信じられなくなっている場合

配偶者が、不倫を一度ならず何度も繰り返す時も、もはや結婚生活は成立しません。

恐らく相手は、多少繰り返すくらいなら大丈夫と思ってやっているのかもしれません。

しかし正式に結婚をした配偶者としては、何かからかわれているような気持ちになるものです。

こういう場合、不倫をしている本人は決まって今度で終わりにするからとか、もうこれ以上はしないと言いつくろうことが多いものです。

しかしそういう人ほど、常習犯的に何度も繰り返すことになってしまうのです。

しないしないと言いつつまたしてしまう、そういう人を信じることはできるでしょうか。

恐らくは信じられないでしょう。

愛情を感じなくなった場合にも言えることですが、不倫をして反省しない人、決意のようなものが見えてこない人は、また同じ行為に走ることが往々にしてあります。

しかも配偶者に対して不満があるなら、それについて話し合えばいいのですが、不満を別の異性と付き合うことでカバーすること自体、既に結婚そのものを否定しているといえます。

何度も同じ行為に走り、しかも問題と思われる部分を正面から語り合わす、他の異性に逃げることで発散するというのは、どこか子供じみてもいます。

本来結婚生活というのは、大人と大人の結びつきであり、それによって生じる問題を2人で解決して行くわけですから、それができない相手と無理して結婚生活をする必要はないと言っていいでしょう。

速やかに離婚を考えるのが一番いい方法といえます。

一緒にいるのが苦痛なら別居という手も…

不倫をしている相手ともう一緒に暮らすことはできない、顔を見るのも嫌だという時は別居をするのがお勧めです。

不倫が発覚しているのにそれを認めない相手といるのは、自分のプライドを傷つけられているようで、精神衛生上もよくありません。

離れて暮らした方が、ストレスがかなり軽減されるというメリットがあります。

さらに離婚を前提としている場合は、その準備を時間をかけて進めることも可能になります。

その他にも、自分の仕事だけに打ち込めるとか、あるいは離れて暮らすことで、お互いのことを客観視することができ、それが離婚に歯止めをかける一因ともなります。

そして何よりも、別居そのものが離婚理由として認められることもあるからです。

いずれにしても一人でいる時間を作ることで、気持ちが変わることもありますし、たとえ気持ちが変わらなくても、一緒にいるというプレッシャーから解放されることもあるのです。

ただしこの場合、気をつけておきたい点もあります。

夫婦の合意に基づかず、一方的に別居をしてしまうことが、かえって離婚の原因を作ってしまうという点です。

もし離れて暮らすのであれば、必ず双方の同意のもとで行うようにしましょう。

これは不倫相手の家に入り浸るのも同じです。

それから不倫の発覚だけでなく、配偶者のどちらかが多額の債務を背負い込んだとか、あるいは一方に対するDVがひどいなどという時も、自ら離婚の原因を作ったことになり、慰謝料が要求されることがあります。

まとめ

結婚相手の不倫が発覚した時はとてもショックです。

そのような場合はすぐに離婚するべきなのか、しばらく距離を置くべきかで迷うこともあるでしょう。

もしこちらに生活できる収入があるとか、あるいはもう夫婦としての愛が冷めている、相手を信じることができないという時は、やはり離婚に踏み切る方がいいといえます。

またすぐ別れるのではなく、しばらく様子を見たい時には別々に暮らすという方法もあります。

この方法ですと、離れている間に相手を客観的に見られるようになり、再び結婚生活を送れるようにもなりますし、そうでなくても、離婚の準備に時間を割けて、ストレスからも解放されます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報