基礎知識

もし友人が不倫の相談をしてきた場合の対処法

投稿日:

友人が不倫の相談をしてくる例では、相手側があなたのことを頼って聞いてくることがほとんどです。

このため厳しく突き放したりするのではなく、冷静に相手側の話を聞いてみてとにかく聞き役に徹していくことが大事になってきまう。

相談をされた友人が親しい間柄であろうともそこまで親しくなくても、配偶者に告げ口をしてしまおうなどとは思わずにとにかく事情から聞いてみることが一番です。

ではそんな緊急事態にどのように接していけば良いのかわからない方がほとんどですから、以下で具体的に相手がどんな考えで相談をしてくるのかを説明していきます。

あなたのことを心から信頼している証拠

友人が不倫関係であなたに相談してくるというのは、あなたをここ度のそこから信頼している証拠です。

そこまで信用してくれる人物なのかとむしろ相談を歓迎する広い気持ちを持つことも大事です。

もしかしたら友人側にも何か満たされないことがあって不倫になっているケースや、配偶者の浮気によってダブルで不倫をしている例もあるからです。

友人の話はなるべく遮らないように聞くようにして、何時頃からその人と関係を持っているのかや、その人の良い所は何処なのかを淡々と聞いていきましょう。

信用してくれている人が話を聞くことで友人も安心してすべてを教えてくれるケースもあります。

不倫はなぜしてしまうのかは当事者にしかわからない問題ですから、絶対にやってはダメだと突っぱねてしまって話にならないという状態にするのはご法度です。

友人が不倫関係をリラックスしてとにかく安心した状態で話せるようにするのも、友達としての役目となりますから、まず事情を聞いてみるという作業が必要になります。

もちろんその中では本当につまらない話やどうでもいい話などが出てきますが、退屈な素振りを見せたりはせず、自分は本当に友人の不倫の話に興味が有るのだという表情で聞き役に徹していくのが大切な心構えです。

親友がそんな状態になると人によっては正義感から許せないと思うこともありますが、人には人の事情がありそれは感情ではどうにも鳴らない話なので、冷静に対処していきましょう。

絶対に怒ってはダメ

友人に事情を教えられた時に、よく有るパターンが説教をしたり怒るというパターンです。

もちろん不倫は夫婦間のトラブルの原因の一つであり、立派な離婚の理由としても成立するので、行けないことではありますが。

怒鳴ってしまったり説教をすると、もうそこでなにも教えてくれることがなくなります。

場合によっては友人側がもう二度と会ってくれない事になり、そこで友達関係が終わることもあるので、怒りの気持ちが仮にこみ上げてきたとしても、我慢して事情から先に聞いてみることが大事です。

冷静になってどんな状況でどんな場面からその人と交際を始めたのかを聞いてシークレットな情報を教えてくれてありがとう、というプラスの感情で話を聞いてみるのが大人の対応というものです。

中には不倫相手が1人だけでなく複数いて不純な関係を続けていることは珍しくないですから、不倫をしているという事実をつきつけられた時には、友人として穏やかな気持ちで事情を説明してもらいましょう。

家族にも親族にも言えないようなことを抱え込んでいることがあるので、もしかしたら友人が解決の糸口を見つけられることもあります。

絶対に怒ってはだめというのが不倫問題の鉄則ですので、血の繋がっていない友人だからこそできる第三者目線で冷静に説明をうてみましょう。

友人の相談は信頼性がなければしてくれないので、不倫の話を持ちかけられた時には、自分がそれなりに周りから信用されている人物であると評価された証拠です。

あれこれとやかく聞かない!話してくれるのを待つ

不倫をしている友人というとかなり珍しい存在なので、どんどん質問して色々な話を聞いてみたくなるのが人間の心情というものです。

根掘り葉掘り質問攻めにして記者会見のような詮索を行っていくと、友人側は本当にこの人に相談してよかったのだろうかと疑問を持つようになります。

もしかしたらこれ以上話すと配偶者に言いふらされてしまったり、職場の同僚や他の友人にバレてしまうのではないかと、疑問を持ち始めてその結果、何も教えてくれないということにつながります。

こうなってくるともう二度と本人から不倫のことを教えてもらえなくなるので、シークレットな情報を最後まで聞くなら余計な詮索はしないで、友人が話したいこと全てに頷いて良い聞き手を演じていきましょう。

もちろんそれなりに友人側もあなたのことを評価してくれていますから、他人にできない話を自分にしてくれたことに感謝をしてぶっきらぼうに対応するのではなく、誠実な印象を与えられる姿勢で聞いてみましょう。

話を訊いてくれる人がいるというのは人間にとって悪いことではなく、詮索をしなくてもあれこれと自然に話せる雰囲気が出来上がってくるものです。

交友関係が長い間でなくても、短い期間にできた友達であったとしても、あなたに教えてくれるということは、それだけ相談するのに相応しい人物だと評価しているのです。

あれこれ聞いて気がついたら自分のほうが多くしゃべっていたということにはならないように注意しましょう。

友達を不倫相手から目を逸らさせる

不倫の話を一通り聞いて友人のその関係を続けさせていくのは、友達としてあまり好ましくありません。

かと言って厳しくお灸をすえてしまうと、なんでそんなことを友人に言われなければならないんだと、逆上するケースも少なくないので、友達をとにかく不倫している人から逸らさせるように、配偶者との写真を見せてもらうことにしましょう。

昔懐かしい写真があって大切な配偶者がいるということを友人にそれとなく伝えてみれば、いつの間にか不倫関係がバカバカしくなって前の夫婦関係に戻ってくれることもあるからです。

不倫している人を好きになるなというのは直接言ってしまうとダメですから、友達から見てその友人の配偶者の素晴らしさは何処にあるのかをさり気なく教えて見るのも良いでしょう。

不倫は許される関係ではなく一刻も早くやめた方が良い関係だというのは友達側もわかっています。

事実をそのまま指摘されると意固地になるのが人間の心理というものですから、深層心理にはたらきかけるような口調で、写真などを活用して目を逸らさせる努力をしましょう。

話をおしえてくれたということは、あなた側にもその問題を解決する義務があるのです。

頭ごなしに否定するのは絶対にだめで、かと言って説教を始めたり友人のことを悪く言ってしまうとその関係がぎくしゃくしてしまうので、さり気なさがポイントになってきます。

さり気なく冷めさせるというのが友人側ができる不倫の解決方法となるのです。

まとめ

友人が不倫をしたとなると、昔はあんなに真面目だったのに、と否定的な考えになることは珍しくないですが、話し合いの場を設けてくれたということは、あなたを少なからず信用して評価していることなので、不倫に至るまでの経緯を詳しく聞いてみて、友人だけが悪いのかあるいは配偶者側にもなにか問題があるのかを、自分なりに分析していきましょう。

そうすることで不倫から目を逸らすためにはどんな解決策があるのか、友人のあなたが力になれる場合があります。

正しい夫婦関係になってもらうためにも頭をつかって対処していくことが重要です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報