基礎知識

不倫調査はプロの探偵に依頼するべき理由とは

投稿日:

不倫の調査というと自分でやろうと思う方も多いですが、いざ個人の行動を監視するとなると長時間にわたるリサーチが必要になってきます。

専業主婦で暇がある方ならばその時間も捻出が可能ですが、主婦でも家事をしなければならないので時間的な制約は存在します。

そのような場合には不倫調査を探偵に任せることで確実に調査してくれますから、配偶者の行動がおかしくて不審な点がある場合に、決定的な証拠を見つけるためにはまず探偵に任せましょう。

今回は不倫の調査を探偵に任せることでどんなメリットがあるのかを準に紹介していきます。

尾行や張り込みの確実性が高い

不倫調査で個人にできて探偵にできないことの一つに張り込みや尾行があります。

これはターゲットになっている人の行動を調査するというものであり、担当となる調査員がずっとその人の行動を追跡調査していきます。

大抵は不倫に夢中になっていることが多いので、気付かれることはなく遠くから様々な機材を駆使して決定的瞬間を適宜撮影します。

撮影機材は望遠レンズなどをつかうことが多いので、かなりの遠距離から調査を行い、隠密性の高い調査が実施できるのです。

尾行や張り込みを続けて行くうちに調査員がその人の行動パターンを掴み、どんなタイミングで何処に行っているのかをも把握してしまうのです。

こうした地道な調査の積み重ねによって離婚の裁判にも有益な証拠を抑えることが可能になります。

家庭を顧みずに不倫をしている配偶者の調査をするためには、こうしたリサーチ方法をつかうことで確実性の高い証拠をつかめます。

どんなに言い寄っても結局のところは夫婦間の間でも不倫があったかないかは証拠を掴まなければ立証することは不可能です。

しかしながら尾行という調査方法によってその人の行動を逐一チェックして記録するということができますから、探偵にまず任せて見ると安心です。

もちろん報酬が必要な作業ではありますが、認可された業者が格安のプランで用意していることもあるので、経済的に余裕がなくてもこのような調査を依頼できますから、まずは身近な探偵を見つけてみましょう。

プロなら追跡できる範囲が広い

探偵と位置個人で不倫の調査の何が違うかといえば、追跡できる範囲の広さにも違いがあります。

夫あるいは妻がどちらかの行動を追ってみようと思った時には、万が一出張に出掛けてしまったり、車で遠出をしてしまうと、ついていくのが困難な場合も珍しくはありません。

素人では見失ってしまったり、最悪の場合ついていっていること自体が気付かれる例もあるのです。

こうなってくるともうそれ以上の調査は困難になるので、事実上証拠をつかむのが無理になりますしかしながらプロの場合には予めその人の行動パターンから何処に出掛けるのかを把握していたり、第三者で全く顔の知らない人たちですから、ずっと追跡していっても気付かれることはありません。

同じ方向に向かっている人がいて不思議だという印象しか持たれませんから、自分が不倫調査の対象になっているということすらわからないのです。

プロの探偵では営業所を抱えていることがあるので、対象の人が遠隔地に行っている時にはその地域から一番近い事務所に調査を要請して、スタッフに張りこんでおくように指示を出します。

この結果追跡できる範囲のネットワークも広くなっていくので、プロならではのきめ細やかな調査が期待できます。

追いかける範囲によっては追加料金が発生することもありますが、見積もり段階で遠距離の調査も可能になっている場合には、事前に提示された金額から追加出費をすることなく依頼を完了させられるので安心です。

探偵ならではの本格的な機材を使う

不倫調査で必要なのは人的財産だけではありません。

人だけを使って調査をするのははっきり言ってしまえば素人でもできます。

何処が決定的に違うのかと言ったらやはり本格的な機材を持っているということでしょう。

不倫の行動を調べるため様々な機材を駆使して対応に当たります。

その中には双眼鏡やカメラにムービーを記録できるものや、地域の詳しい地図に集音器などがあります。

これらの道具をつかうことで対象からかなり離れた遠くの場所からでも、証拠をつかめるシステムですから、よりバレないようにリサーチを続けることができるのです。

家庭でできるリサーチの方法ではなく、プロがやる方法は道具にお金をかけているというのが一番の違いですので、調べたい内容に合わせたものが使われます。

これらはすべて調べるときにつかう必需品ですから、特別なものを使ったからと言って差額料金が出るわけではありません。

大抵は車の中に搭載しているので出先でターゲットの行動パターンが変わった時にも、臨機応変に対応ができます。

本格的なプロ仕様のものですので、映像や写真も高画質ではっきりと表情までわかるような証拠が撮れるのです。

探偵ならではの道具によって、素人では絶対に真似できないような仕事が可能になっているので、こういった小さな条件だけでも依頼を任せる価値があると言えるでしょう。

調査を専門としている人たちですから、不倫の行動記録も正確に確実にやってくれるという利点が存在します。

盗聴器の設置が合法的にできる

探偵というと警察のような強制力を持っている捜査機関ではないですから、個人の家に無断で立ち入ったりプライバシーを侵害するような行動はできません。

あくまで一般市民に与えられた権力を遂行できるというだけなので、特別な操作能力は持っていませんが、探偵は行として調査を行うことを認められており、認可がなければ営むことはできません。

許可を受けているため調査に必要と判断される場合にのみ盗聴器の設置が合法的に行えます。

盗聴器は一般市民でも設置を許されているものではありますが、不倫の証拠や決定的場面をおさえるための手段ですから、全くの違法性はなく裁判に使える資料ともなるのです。

超小型で気付かれないようなものを設置するので、ターゲットに警戒されることもなく、不倫の証拠の音声を録音できます。

設置の際には協力が必要になることも多いですが、そのような作業は業者側が行ってくれるので依頼者が断りを入れる必要はありません。

自宅に不倫相手が来るような場合においては、自宅内に盗聴器を仕掛けておくことも可能なので、調査範囲を広げるために自宅もその対象にする場合には、前もって相談するのが便利です。

音声はかなり高音質で音の輪郭もよく声紋判定につかうのにも耐える音質です。

色々な視点から証拠を抑えるので、探偵に不倫のリサーチを任せることは非常に有意義な行動となることは間違いありません。

浮気の可能性があるなら探偵に任せて調査を実施してもらいましょう。

まとめ

結婚相手の不倫を疑うシーンは結婚生活をしていくうえでは少なからずあります。

しかしその疑惑がより現実味を帯びてきた時には、探偵に調査を依頼して証拠を沢山掴むということも重要です。

これらはすべて離婚調停や離婚裁判の時に不倫による離婚と認定されるような証拠になるので、許せない不倫をしっかりと調べてもらうためにも、専門家に調査してもらい自分の有意義な証拠を掴み取れるように配慮するのが一番です。

探偵事務所は全国各地域にあるので、まずはお近くの事務所に行って行動パターンのリサーチを依頼してみると良いでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報