基礎知識

不倫と浮気の違いってなに?

投稿日:

浮気も不倫も、どちらも同じような文脈で用いられる言葉です。

使われる文脈としては、配偶者がいるのに別の人と男女の関係を持ってしまったような場合でしょう。

ただし、これを不倫という場合もあれば脇と言われることもあります。

どちらも一般的に使われる用語ですし、ドラマや漫画などで同様にシチュエーションになった場合にも、統一されて使われているわけではないため、その違いが分かりにくいと感じるでしょう。

実際問題両方とも同じような意味を持つ言葉ですが、一応線引きすることもできます。

以下では、その違いを述べていきます。

不倫と浮気の違いは?

浮気は、妻子など定まったパートナーがいるにもかかわらずそれ以外の異性とかかわりを持ってしまうことを指します。

不倫は男女の関係が人の道を外れてしまうことを意味しています。

これらを比較すると、不倫と浮気はあまり異ならない表現であることがわかり、違いは微妙であるといえるでしょう。

ただし、使われる文脈としては、浮気は結婚の有無に関係なく用いられるのに対して、不倫は片方が既婚者である時に使われることが多いです。

もちろん、明確に区別していないこともありますが、一般的には普通の恋人で結婚していないときにいは不倫という表現を使うことはなく、浮気と表現します。

これは、自然な使われ方なので、結婚していない恋人同士で不倫という表現を使う機会がないことは簡単に想像することができるでしょう。

どこまでが浮気であるか、は微妙なところです。

例えば、人によっては一緒に合って食事をしただけでもそうであると感じるでしょうし、手をつないだところから、キスをしたところからと人によって感じ方は異なります。

あくまで、男女関係がある人が他の異性とかかわりを持つことを浮気と表現するからです。

これはドラマや漫画などで、他の異性と仲良くしているだけで浮気だと表現することがあることからもわかります。

ただし、不倫については、他の異性との男女関係を持つことなので、どこからがそのラインかは比較的明確です。

男女関係といえば性行為に及んだことを意味するからです。

バレたときに責任の有無にも違いがある

不倫にしろ浮気にしろ、バレることで問題になります。

ただ、バレた時の法的な責任にも違いがあるといってよいでしょう。

浮気は日本で一般的に用いられるケースは、それぞれ結婚していない男女が行う場合を指しますが、婚姻をしていなければ配偶者に対しての不貞行為ということにはならないため、離婚や慰謝料といった問題はあまり起きません。

結婚を意識していた時のように深いかかわりがあった場合は不法行為責任が生じる可能性はありますし、婚約をしていた場合は契約の債務不履行としての責任を問われることがありますが、そうではない場合は法的な責任を問われることはないでしょう。

一方、不倫の場合は両当事者が結婚している倍に不貞を働くことになりますので、離婚原因になります。

裁判離婚になれば当然離婚をした側は負けることは避けられません。

また、慰謝料もそれに基づいて請求されることになります。

このように、両者を比較すると、不倫の方が浮気よりもバレた時に負うリスクが大きいことになります。

ただし、法律的には別に言葉が使い分けられているわけではありません。

法文には浮気も離婚も条文に載っているわけではないからです。

裁判で離婚をする場合などに問題となるのは不貞行為があったか否かで、この不貞行為に当たるかどうかを個別の事情で見ていくこととなります。

少なくとも、一般的に不倫と言われている行為があれば不貞行為があったといえます。

浮気の場合もそれを婚姻しているのに男女関係を持ったことを指しているなら同様です。

統計で分かる日本における不倫・浮気の確率

あるアンケートのデータによると、男性の場合は浮気・不倫をしてしまったケースは3割弱ほどで、女性の場合は2割ほどとなっています。

統計からみれば、男性の場合は1割ほど高い結果となっていました。

この理由は定かではありませんが、男性の方が仕事に出ている家庭が多いことから、男性の方が別の異性と接触しやすい環境にあるからであると推測することができるでしょう。

一方女性は家庭を守る立場にあるため、家にいればそういった機会は少なくなりますから、数字的にも低くなっていると推測できます。

また、実際の離婚率は3割ほどといわれていますので、そのようなデータからするとこれらの数字にも信憑性があるといえます。

もちろん、離婚の理由は夫婦の一方が不貞行為を働いたことだけではなく、円満い離婚をしたことも含んでいます。

ただ、浮気や不倫を原因とした方がわかれやすくなることは確かであるため、浮気や不倫の数値と乖離がないことは信憑性のあるデータといえます。

不倫も浮気も刑事法的には特に犯罪として扱われるものではありませんが、前述のとおり不貞行為となったり、債務不履行や不法行為など民事法上の問題になることがあります。

それを分かったうえで行うのは悪くないかもしれませんが、配偶者を傷つける事には変わりがありません。

離婚しても良いと考えていて金銭的な負担の核があっても、相手の心の傷はいやすことはできないでしょう。

したがって、不倫や浮気をしようと考えているなら今一度考えなおした方が良いです。

人はなぜ不倫や浮気をしてしまうの?

人は何故不倫や浮気をしてしまうのかは定かではありませんが、男女関係に不満を抱いたことがきっかけとなることは間違いないでしょう。

例えば、配偶者の態度が悪いことで夫婦関係に陰りが生じてくれば、配偶者と別の異性のことが良く見えてくるはずです。

そうなると、不倫や浮気を起こしてしまうことになります。

もともとはお互いが好きで付き合うようになって結婚に至ることになりますが、環境の変化は両当事者の考え方を変えていきます。

マンネリ化してしまうことも原因かもしれません。

相手に対して魅力を感じなくなってきたところに別の異性が良く見えて、そちらの方に流れてしまうことはよくあるパターンです。

この場合は、決してパートナーのことを悪いと思っているわけではないですが、それ以上に別の異性のことの方が魅力的に映ってしまうことになります。

その結果、不倫や浮気をしてしあう結果となります。

人は本能的に行動すれば、ちょっとした誘惑でこれらの行動を起こしてしまいますが、それは道徳的には良くないことです。

そのため、理性で判断するように心がけない限り避けられない事態です。

もちろん、理性でコントロールするのは難しい人もいます。

そういった方は、パートナーとの関係にマンネリ化をもたらさないように工夫をする必要があります。

また、夫婦関係が悪くなっているケースであれば、その根本的な原因を解決する必要もあるでしょう。

浮気や不倫ではなく、離婚してしまうという解決策もあるはずです。

まとめ

このように、不倫や浮気に違いはあまりありませんが、いずれにしろそれは人生を狂わせてしまう可能性があることです。

片方のパートナーが感づいて探偵を雇って証拠として残されてしまったとすれば、結婚していた場合はほぼ確実に自分の方に不利に働きます。

そうならないためには、お互いに話し合いの場を持つなど、意思の疎通が普段からとられている必要があります。

浮気や不倫をしなくても、円満に別れ話に持っていければ余計なトラブルは生じません。

良くないのが、それまでの関係を清算することなく浮気や不倫をすることなので、よく考える必要があります。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報