基礎知識

旦那の近くにいないでほしい不倫に誘惑する女の特徴

投稿日:

夫は不倫をするような人間ではないと信じている妻からすれば、不倫という行為は大きな裏切り行為です。

しかし夫からしても、本当は不倫をするつもりなどなかったと思っている人がいます。

ではなぜ不倫をしてしまったのか、それは相手の女性からの誘惑に勝てなかったからです。

パートナーである妻に安心感を感じるのであれば、不倫相手の女性は刺激やスリルを味あわせてくれる存在です。

そんな誘惑についのってしまうという男性は少なくはありません。

妻からしても、そういった危険性がある女性には近寄ってほしくないと思っているものですが、実際に誘惑をする女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

スキンシップが多い

スキンシップが多いという女性は、男性に対して誘惑をしている可能性があります。

ボディタッチや周りの人間よりもやたら話しかけてくるなど、こういったスキンシップの取り方は明らかに好意があると分かりますし、男性からすれば嫌な気はしないでしょう。

実は女性側もこれを理解しているからこそスキンシップを増やして誘惑をしてきます。

職場で部署が違ったり、普段会えるような距離にいないというような女性だった場合には、直接会ってスキンシップをとるのではなく、LINEなどの連絡手段を頻繁にとるようにするなどします。

だからこそ妻は夫の携帯事情が気になるのです。

男女問わず知人と仲が良いのは素晴らしいことなのですが、それが不倫への誘惑の可能性があるとなると妻も黙ってはいられません。

また夫も親しげにしてくる女性のことについて妻には黙ってしまうという傾向があります。

だからこそ余計に夫婦の関係がぎくしゃくしてしまうのです。

夫になついている女性がいる、また男性なら誰でも近い距離で接しようとする女性がいるという場合には、妻は注意しておくことが大切です。

私は夫の不倫を全く疑っていませんでしたが、職場にとても仲が良い女性がいて、その人から告白をされたというようなことがありました。

もしかしたら不倫にまで発展してしまったのではないかと疑っているのですが、その真相は未だに分かっていません。

ただ毎日顔を合わせることになるので、ただじゃれ合っているだけと考えてもあまり良い気がしないのは事実です。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい女性は、男性からすればとても面倒な存在でしょう。

楽しいときには思いっきり楽しそうに振る舞いますが、突然ちょっとしたことで怒り出したり泣き出したりされてしまっては、男性からすれば面倒で仕方がありません。

どう接したらいいのか分からないと思う人もいるでしょう。

感情の起伏が激しいのであれば、そこから不倫に発展することはないのではと思ってしまう妻もいます。

しかしそれが大きな落とし穴なのです。

実はこれは男性を誘惑する女性の特徴の1つでもあります。

感情の起伏が激しい女性は、表情も態度もコロコロ変わります。

人間なら誰でも、好きな人が見せるいろんな顔を自分だけに向けてほしいという独占欲を感じたことがあるのではないでしょうか。

それと同じで、いろんな顔をする女性に対して面倒だと感じながらももっと見ていたい、また放っておけないという考え方にさせてしまう魔力を持っているのです。

その上接し方が一定ではないので、飽きさせないという特徴もあります。

こういったことから女性は多くの既婚男性を誘惑して不倫に発展してしまう可能性があるのです。

結婚して長い夫婦生活を続けていると、その夫婦関係はとても安定してきます。

安定して一定的な生活になる日常からスリルを求める場合には、こういった女性を求めてしまう男性も多くなってしまいます。

だからこそ妻からすれば、色気などの女の武器で誘惑してくる女性だけではなく、夫にスリルを与えてしまうような女性には近寄ってほしくないのです。

寂しがり屋である

男性の多くが女性に甘えられたい、頼られたいと思っています。

そんな男性の心理を上手く利用した誘惑の仕方が「寂しい」と伝えることです。

単純に1人でいるのがつまらないからという意味で軽々しく寂しいという女性もいますが、意中の男性との距離を縮めるために寂しいという女性もいます。

女性にとってはいろんな意味がある言葉ですが、男性からすれば「自分が求められている」という気持ちになり、できるだけ応えてあげたいと思ってしまうものなのです。

また夫婦関係にある妻は家にいる限り一緒にいるのが当たり前の存在なので、こういった男性がドキっとするような言葉も言わなくなります。

だからこそ余計に女性に甘えられたときには反応してしまうのは男性という生き物にとっては仕方がないことだと言っても良いでしょう。

寂しいと誘惑してくる女性にはなんとかしてあげたいと思ってしまう男性が多いので、妻からすればそれが癖になって不倫のきっかけになることを恐れています。

寂しがり屋という分かりやすい特徴に引っかかる人などいないだろうと思っていても、案外こういった単純な誘惑に引っかかってしまう男性は少なくありません。

油断していると寂しがる女性のことが放っておけなくなり、より深い関係になることで不倫に繋がる可能性があります。

わざわざ既婚男性に甘えるのですから、それは男性なら誰でもいいという考えではなく、夫に対しての好意の表れでしょう。

そういった女性にはできるだけ近寄ってほしくないと妻たちは思っています。

趣味がコロコロ変わる

趣味がコロコロ変わるということは、それだけ飽きっぽい、また気が多いということが言えます。

1つのことに執着する女性だと不倫をしたときに本気になってしまったり、別れたくても別れられないというようなパターンに陥ってしまう可能性があるため、男性からしても不倫のリスクが高まります。

それを考えると趣味がコロコロ変わるような女性は面倒くさくないのではと思われがちなのですが、実はそうではないのです。

気が多い女性はいつまでもずるずる引きずるようなことは少ない傾向にありますが、そういった女性を手放さないようにと男性側が執着してしまう可能性があるのです。

これは女性の故意ではなく、男性の独占欲を上手く利用した誘惑の仕方です。

彼女の心をつなぎとめるためにプレゼントを贈ったり、より深い仲になろうとしたりなど、家庭を顧みずに不倫相手にのめり込んでしまう男性はたくさんいます。

私の夫も突然料理に興味を持ち始めたかと思えば、今度はアウトドアに興味を持ち始め、そして登山に挑戦し始めるなど急に多趣味な人の行動をとるようになりました。

どれも長くは続かなかったのですが、趣味が変わる分お金の浪費の仕方も激しかったので、不審に思った私が調べてみると、そこには女性の影があったことが分かりました。

こんなにあからさまに変わってしまうほど男性は単純なのです。

こういった誘惑はより女性に近づきたいと思う男性の心を刺激してしまうので、妻からすれば大きな不安要素となるでしょう。

まとめ

様々な誘惑の仕方がありますが、女性が故意で行っているものもあれば、女性の意思とは関係なく男性が心理的に惹かれてしまうものまであります。

女の武器だと言われている色気などの分かりやすい誘惑を行う人ばかりではないので、妻からしてもどう予防線をはるべきなのか、どういった風に注意すべきかが分からなくなってしまいます。

しかし夫の行動範囲などを束縛するのには限界があります。

どんなに不倫に注意をしていても、毎日顔を合わせる職場の人間と不倫に発展してしまえば、妻からはなかなか手出しができません。

だからこそ普段と態度が違う、職場に女性がたくさんいて不倫に発展してもおかしくないような状況にあるなど夫に関する情報にアンテナを張っておくことが大切です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報