基礎知識

不倫した夫の罪悪感がなくなる理由

投稿日:

夫婦間のトラブルで最も多いのが不倫ですが、軽微なものから離婚の原因になるような悪質なものまでその重さも色々あります。

犯してしまう過ちも様々ですが、何故夫は罪悪感を感じることなくそれができるのかはいくつかの理由が複合的に絡み合っている場合もあれば、ごくシンプルな理由だけで罪悪感がなくなっているケースも存在します。

今回はそんな不倫関係にあっても夫婦という間柄がありながら、一体どういった時に感じることがなくなるのかや、なぜ罪悪感を感じないのかについて、男性の目線での心情を詳しく説明していきたいと思います。

妻が相手をしてくれない

不倫の理由となるのには実は夫だけに一方的に理由があるわけではありません。

新婚当時はあれだけ自分に尽くしてくれた妻が相手をしてくれなかったり、愛情を育むための行為がなくなってしまい所謂レスになるような状態が続いていると、男性というのはどうしても欲を発散させたい生き物ですから、満たしてくれる相手を見つけるようになります。

そのような行為をお店でやって発散する男性も多いですが、体だけの関係を求めて徐々に他の女の人に対して心が向いてしまうことも多いです。

こうなってしまうと不倫の原因を作ったのも奥さん側にありますから、夫も罪悪感を感じずにどうせ俺は必要とされていない存在なんだとそっぽを向いてしまい、結果的に体だけ他の女性に傾いてしまうのです。

不倫をおこさないため、また不倫をしているのに罪悪感を微塵も感じないような旦那さんにしたくないのならば、体調が悪かったり気が向かない場合を除いては行為の相手を定期的にしてあげることも妻として必要な行動の一つなのです。

そういえば結婚してから最近回数が減ったと実感できている場合には、いつ不倫が起きてもおかしくない状態です。

もちろん愛は奥さんに向いていたとしても体だけは他の人といった器用なことができてしまうのも男性の心理ですから、一方的に責めてしまうのではなく、自分にも原因がないかよく考えることも重要です。

奥さんが相手をしてくれないというのは単純な理由に見えてよくあることです。

不倫することに慣れてしまった

不倫は一番最初は誰しもが罪悪感に苛まれながら行う行動です。

別の女性と関係を持つことは良いことではないとわかってはいながらも、関係を続けてしまうので、段々と慣れが生じてしまいます。

この慣れというのは厄介なもので、例えばお化け屋敷に最初に入った時に、一回目は怖くても二回目以降はそこまで怖くないということがあります。

不倫も実はそれと似たようなものであり、一度二度と行為を繰り返したり、色々な人と浮気をすることで次第に罪悪感がなくなっていくものです。

こうなってくるともう不倫をするのが当たり前の状態になるので、もう奥さんには微塵の愛情もないというケースが存在します。

罪悪感なく不倫が続けられると、もとの夫婦関係に修復させるのは困難となりますから、決定的な証拠をとって離婚へ発展する例がほとんどです。

不倫をするのに慣れるのは若い頃色々な人と関係を持った経験がある男性に多く、所謂プレイボーイタイプの人ならば不倫に慣れている例も珍しくありません。

こうならないためには初期の段階で不倫を見ぬく力を身につけることが大事です。

普段の行動の変化であったり髪型の変化や臭いの違いなどもそれに現れます。

不倫は重ねれば重ねるほど愛情が離れてしまう要因にもなりますから、飲み会感覚で気軽に不倫している配偶者がいる場合には、それらは初期の段階から注視していかなければなりません。

日頃から行動を予測してどんな違いがあるのかを知るのも奥さんの仕事です。

体の関係だけで、心は妻に

不倫で単なる性欲を満たすパートナーとして体の関係で女性を交流を持っている時には、不倫関係も短時間で終わるケースがほとんどです。

このケースでは愛情を持っていて心から愛しているのは妻ですので、奥さんの対応次第では簡単に自分に心を傾けさせることもできるからです。

性的欲求を満たしたいがために別の女性に会っている夫の場合、体の関係という悪いイメージはあるものの、自分に気を向かわせるかどうかも配偶者の行動次第です。

毎日カラダの関係を続けて行くうちに本当は奥さんのことが大好きなのに自分は何をやっているんだろう、という罪悪感が徐々に現れてきますから、自分からその関係を断つことも少なくないのです。

体の関係というのは決して許されることでは無いですが、むしろ性欲を満たすだけの女の人というのはそれ以外に魅力がないことがほとんどなので、生涯にわたって信頼できるパートナーはあくまでも奥さんだけと捉えている夫が多いです。

その証拠に関係が崩れやすく数回行為をしただけでもう関係が終わることがありますので、罪悪感を感じ夫が自分の意志でそのもつれた交流をストップさせるのです。

男性の性欲に基づく交流はそれが満たされればもう会うことはなくなりますから、罪悪感を感じやすい不倫の典型的な例になっています。

心は奥さんにあれば愛情を示す行動を普段から欠かさなければ家に帰ってくるのも早くなるので、夫婦関係の修復も早くなり、不倫すること自体がなくなります。

絶対にバレなければ、それはなかったこと

男性に限らず女にとっても絶対にバレなければそれでいいという心理は誰しもあります。

不倫をして自分とは違う女の人とセックスをしても、その行為が妻にバレないということはその行動自体がなかったことになると、自分で勝手に解釈してしまうからです。

人間は自分の都合の良いように考えてしまいなるべく罪悪感を抱かないように努力する生き物であり、他の女に会った痕跡を全て消してしまい、スマートフォンにある内容も消し存在がわからなければ、奥さんにはまずバレることはなく。

こういったコソコソとした関係は表沙汰になることは無いのでから、結果的にバレていない事につながり、バレていないなら罪悪感を感じなくても良いだろうと思ってしまうのです。

もちろん本格的に調査してしまえばバレない不倫はありえず、探偵側から証拠をつきつけられたり思わぬ形で奥さんに不倫がバレると、その時初めて罪悪感を感じることが多いのです。

しかしながら世の中に数多くいる夫の中には自分の不倫は絶対に他の人に知られることはないから、このまま続けていってもバチは当たらないだろうと思う人も少なくは無いので、離婚問題に発展させたくないなら、まず最初に不倫関係にありそうな場合には、すぐに探偵に相談に乗ってもらい、きちんとした行動を取ることが大事です。

不倫した人に二度と会わないという約束を取り付けるためにも、夫の行動が怪しかったら不倫を疑って罪悪感を感じさせる努力をしていきましょう。

まとめ

長い結婚生活の中ではどちらか片方があるいは、両方が不倫をすることはあるでしょう。

しかしそれを乗り越えていくことで絆を深めていくことができるのも事実ですから、最初の不倫は罪悪感を感じさせることが重要になってきます。

男性はどうしても体を求めがちな動物ですから、奥さんの方も求められたら応じてあげるという寛容な気持ちを持ち続けることも必要なのです。

円満な結婚生活のためには不倫は許せないという一方的な考えだけでなく、何故自分の元から離れていってしまうのか原因を探ることも大事な考え方の一つですから、夫の心情を理解することが大事です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報