基礎知識

自業自得とも言い切れない不倫のよくあるお悩み

投稿日:

不倫をしてしまう人は何度も同じことを繰り返してしまうことがあり、全く経験のない人から見ると自業自得に見えてしまうかもしれません。

しかし、不倫をしてしまう人には多くの共通の悩みがあり、それを知ると理由がわかってくるかもしれません。

本当は不倫をしたいわけではないのに繰り返してしまうのにはわけがあります。

不倫を続けていても幸せになれないのはわかっていても、それでも不倫をしてしまう人が大勢いるのは何故なのか、よくあるお悩みをひとつひとつ考えていくと答えが見えてきます。

不倫をしてしまう人の心理を探ってみましょう。

不倫をやめたいのに既婚者しか好きになれない

そもそも最初から不倫だけをしたいと思っている人はほとんどおらず、多くの人が自分だけを好きになってくれる相手と恋愛をしたいと思っています。

そして、恋愛関係を続けていく時にもお互いのことだけを考えて堂々と続けていきたいと思っている人が多いでしょう。

しかし、頭ではそう思っていても好きになる人は既婚者ばかりという悩みを持つ人もいます。

こういった行動には理由があるのでしょうが本人は気付いていないこともあり、自分では既婚者との不倫をやめたいと思っていても何度も繰り返してしまう傾向があります。

既婚者というのは結婚相手がいることで余裕があるように見えたり、年上だったりすると同じくらいの年代の人に比べてしっかりしていると感じることがあり、それが原因で既婚者ばかり好きになってしまいます。

もうひとつの理由は誰かのものだと思うと自分のものにしたくなるという気持ちで既婚者ばかりを好きになってしまう人もいます。

すぐに手に入るようなものではなく、他に配偶者がいることで簡単には自分のものにはらない相手に強い魅力を感じるタイプの人もいるので、そういった人は既婚者しか好きになれないという問題を抱えていることがあります。

他には結婚を望んでいないなど気軽な関係を目的にしている人にとっては、普通に恋愛するよりも不倫のほうが気楽につき合えるということで既婚者ばかりを好きになってしまうという問題が起こります。

気持ちの面での影響が大きいので、不倫をやめたいと思っていても繰り返し既婚者を好きになってしまうという悩みを繰り返します。

いけないと分かっていても不倫相手のことが好きでツライ

恋愛は気持ちが中心になって発展していくものなので、計算をしながら進めていけるものではありません。

もちろん人によって理性的に恋愛をする人もいるでしょうから、最初から不倫はいけないことだとして結婚相手がいる人を好きにはならないと決めている人もいるでしょう。

しかし、いくら決意をしても、理性を失ってしまうほどに人のことを好きになってしまう経験をすることは、誰でも可能性があることです。

人を好きになるのは理由がないことも多く、ある時に一瞬で恋に落ちてしまうこともよくあることです。

また好きになった時点では結婚をしているかどうかわからずに好きになってしまうということも起こります。

一度好きになってしまうとどうしても気持ちを変えることができずに、後から結婚をしているという事実を知っても好きだという気持ちを持ち続けてしまうことがあります。

場合によってはこの人を好きになると不倫関係になってしまうということが最初からわかっていても気持ちが惹かれてしまうこともあるでしょう。

そこから不倫関係ができてしまうと、ますます好きだという気持ちが強くなることもあり、いけないとわかっていても不倫相手への気持ちを持ちつづけてしまいます。

恋愛はスムーズに進むよりも障害があると気持ちが燃え上がるという特徴もあるので、不倫という障害があることで気持ちが強まるタイプの人もいるでしょう。

しかし、好きになりながらも罪悪感を抱えてしまうというところが不倫の特徴です。

どんなに相手が好きでも将来が見えない

不倫の悩みの上位にくるものが、将来が見えないというものです。

不倫ではない恋愛でも未来が想像できないという悩みを持つカップルは大勢いますが、不倫の場合には未来が見えないという悩みを持たないカップルはいないのではないかというほど、たくさんの人がこの悩みを持っています。

それも当然のことで不倫をしている場合には、そのままの関係を続けることはできても法的に配偶者になることはできません。

さらには、不倫をしていることが世間にばれてしまえば社会的なダメージを受けることもありますし、慰謝料の請求を受けるなど金銭的な問題に発展することもあるでしょう。

常に人には知られないようにしなくてはいけない関係を長く続けることはストレスになりますし、そういった関係から脱却したいと思ったとしてもなにもできないということになってしまいます。

不倫相手への好きだという気持ちがいくら強かったとしても、その関係はいつまで続くかわからないという不安定さもストレスになります。

いつかは不倫関係が破綻してしまうのではないかと思うと、将来の希望を持てなくなります。

こういった悩みを持ちながらも不倫を続けてしまうという人が多く、辛い気持ちを持ちながら時間を過ごしているという様子を見ることもあります。

不倫をしている独身の相手は既婚者に捨てられてしまうのではといった悩みを持ちながら過ごしていることもあります。

恋愛は今だけが楽しければ良いというものでもないので将来が見えないというのは深刻な悩みになります。

世間に対する後ろめたさ

世間一般には不倫は社会の悪のような存在になっているので、当人は世間にい対する後ろめたさを感じてしまうという悩みも持つことがあります。

特に子供がいる人の場合には、子供には言えない悪いことをしているという気持ちになることが多く、自分のしていることに対する罪悪感が大きくなるようです。

不倫は社会的にしてはいけないものだという認識が広まっているため、恋愛の相談を気軽に人にできないということも悩みのひとつです。

誰かに話したい気持ちがあっても、不倫をしていることを知られないように相談をすることは難しく、もしも知られてしまったらと思うと簡単には相談をすることもできません。

こういった悩みは多くの人が持つものであり、自分が不倫をしていることでそれが世間に見つかってしまうと、親に新しい悩みを作ってしまうなどと考えると、ますます罪悪感が増していきます。

人に見られても堂々としていられる恋愛をしたいと思いながら続けている人が多くいますが、今の恋愛のことを誰にも言っていないという人もいます。

そういった場合には何の相談もすることができずに、孤独な環境で過ごしていかなくてはいけません。

世間に見つかってしまった時には自分だけでなく、相手の家族の関係も壊してしまうことになるので、強い後ろめたさを感じてしまうこともあるでしょう。

家族で楽しそうにしている人たちを見つけた時にも自分はいけないことをしているという悲しい気持ちを持つこともあります。

まとめ

このように不倫をしている人は抑えられない気持ちがあって仕方なくいけない恋愛関係になってしまっているということもあり、将来の計画を立てられない関係にストレスを感じながら過ごしている人が多いようです。

どうしても既婚者ばかり好きになってしまうという人は、どうしてそうなるのかを考えてみると、意外な答えが見つかるかもしれません。

恋愛は自分自身を見つめ直す良い機会にもなるので、振り返ってみるといj分の中の何かが繰り返し既婚者ばかりを好きにさせていたということが分かるかもしれません。

辛い思いを繰り返さないためにも振り返りを行いましょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報