基礎知識

子供がいるから離婚できない?不倫された妻に残された選択肢

投稿日:

夫に不倫をされたとしても、子供のことを1番に考えるのであれば離婚しないのが一番だと思っていませんか?ですが不倫した旦那と一緒にいて仮面夫婦を続けるのであれば、思い切って別れたほうがいい可能性もあります。

不倫された相手と無理に一緒にいる母親を見ていて、子供はのびのびと過ごすことはできません。

親が自分のために我慢していると思ったら、ふさぎ込んでしまうケースも見られます。

子供を離婚しないための言い訳に使わずに、不倫した夫とどのように向き合っていくのがそれぞれの家族にとってより良い選択肢なのか考えていくようにしましょう。

親が不仲な方が子どものためにならない

夫が不倫をしたとき、精神的につらいので一緒に暮らすのが辛いと感じる方もいるでしょう。

ですが不倫をされたとしても、離婚しないという選択をするというケースも見られます。

人々が分かれるという選択肢を選ばない理由の1つに、子供のためという点があげられます。

自分にとっては不倫するような夫であっても、子供のたった1人の父親です。

たった1人の父親を取り上げるのは良くないと考えて、離婚という選択肢を取らない方も多くいます。

子供のためと思って不倫した夫と一緒にいることに決めたとしても、それが本当に良い選択とは限りません。

不倫した夫の場合、一緒に暮らしたとしてもすでに気持ちが離れている可能性があります。

関係が修復できるケースもありますが、同じ屋根の下で生活をしていても関係は不仲というケースも多く見られます。

もしも不仲な状態で一緒に生活するのであれば、子供にとっては悪影響になる可能性があるので注意が必要です。

小学生や幼稚園児の子供だとしても、両親の仲が悪いと気を使って生活させることになります。

両親の仲を取り持とうと努力することもあれば、仲が悪いことが原因でひきこもりになってしまう子もいます。

そのため愛する我が子のために不倫した夫と生活を続けていることが、必ずしも良いこととは限りません。

ベストな選択というのは、その時々の状況によって異なります。

不倫した彼とうまく付き合っていく自信がないのなら、思い切って別れるという選択肢を検討するようにしましょう。

子供を言い訳に使うのはやめよう

離婚しないのは子供のためという方も多くいます。

ですが不倫した旦那と生活を続けるのは、本当に子供のためなのでしょうか。

大事な息子や娘のためと言いつつ、実は自分のプライドの問題というケースも多く見られます。

過去の時代であれば、離婚をするのは悪いことだというイメージを持っている方も多くいました。

人によっては自分の両親に止められたので、不倫をされても別れるのを辞めたという方もいるかもしれません。

つまり親せきや友達などの目線を気にして、別れないという選択をしている方も多く見られます。

このような場合は子供のためというのは言い訳にすぎず、結局は自分のために離婚をしないのです。

自分のために離婚をしないと言い訳に使われるのは、子供にとって一番嫌なことです。

両親のことは大好きだとしても、仲が悪いのに自分のために一緒にいてほしいと思う子はいません。

自分のためを考えてくれるのはうれしいと感じても、親の人生も大切にしてほしいと考えているケースが多いのです。

そこで本当に息子や娘のためを考えているのであれば、本人に相談することも忘れないようにしましょう。

まだ小学生だから親の離婚の話をするのは早いと感じることもあるかもしれません。

ですが別れる可能性があるなら、小さな子でもしっかりと相談することが大切です。

また両親が別れることを教えた後は、子供の様子を観察しましょう。

行動にいつもと違うところがないか観察し、様子がおかしい場合にはフォローする必要があります。

財産と慰謝料についてはしっかり調べる

夫に不倫されたとき子供のために離婚しないことを優先するのではなく、これからの子育てのことを考えていくようにしましょう。

不仲な両親と一緒に暮らすのは、子供にとっても辛いことです。

だからといって両親が別れることで、問題がすべて解決するとは限りません。

特に専業主婦として生きてきた方の場合、一家の生活を支えていた夫の収入がなくなるとこれからの暮らしが維持できません。

暮らしが維持できない状態になると、子供を高校や大学に進学させる余裕もなくなります。

学費や生活費のことを考えるのであれば、不倫をされても別れないほうがいいと考える方もいるでしょう。

ですが別れなくても、財産や慰謝料に注意することで母子家庭になっても子供を進学させる余裕を作ることが可能です。

ここでポイントになるのが、財産や慰謝料の問題についてはしっかりと調べるということです。

中途半端な知識で夫との交渉に挑むと、この先の生活で苦労するかもしれません。

付け焼刃の知識で交渉するのが不安な場合には、弁護士などの専門家に相談するのも1つの手です。

またお金の問題を考える場合には、養育費について検討することも忘れてはいけません。

養育費を受け取りたい場合には、子供が何歳になるまで払ってもらうのかなどの点を細かく決めるようにしましょう。

ただし養育費は、最後まで支払ってもらえないトラブルも多く発生するものです。

そのため夫から支払われる養育費だけをあてにして生活せずに、子供との生活を維持するための収入源についても考えていくことが大切です。

子供がのびのびと幸せでいられることを一番に考える

両親が揃っているのが子供のためというのは、親の勝手な思い込みです。

少し過去の時代とは異なり、最近ではシングルマザーの家庭も増えています。

シングルマザーだと子供がかわいそうと感じる方もいますが、片親家庭も増えてきたことで親が離婚したからといってマイナスになるとは限りません。

本当に子供のためを考えているのであれば、両親が揃っていることではなくのびのびと生活させるためにはどうしたらいいのか検討しましょう。

例えば仲が悪い両親と同じ家に暮らしていると、子供でも何かと気を使います。

気を使う状態が続くと、ストレスがたまって精神的に疲れさせてしまうかもしれません。

親に気を使って生活させるのではなく、のびのびとした生活を送ってもらえるような選択について考えていくことが大切です。

また離婚をした場合、母親1人で子育てをしなければと思い詰めてしまう方も多くいます。

ですが母親が無理をして生活をしているということは、子供は敏感に感じ取ります。

無理をしている母親に負担をかけないように、子供は気を使って生活するかもしれません。

子供がのびのびと暮らせるようにするだけではなく、親もストレスをため込まずに生活できるように工夫する必要があります。

例えば兄弟が多くて1人で子育てをしながら働くのが大変なら、自分の実家に協力してもらえるような環境を作るのも1つの手です。

頼れる人は頼って、子供にとってより良い環境を作ってあげることを忘れないようにしましょう。

まとめ

両親が揃っているのが子供のためというのは、親の勝手な思い込みです。

少し過去の時代とは異なり、最近ではシングルマザーの家庭も増えています。

シングルマザーだと子供がかわいそうと感じる方もいますが、片親家庭も増えてきたことで親が離婚したからといってマイナスになるとは限りません。

本当に子供のためを考えているのであれば、両親が揃っていることではなくのびのびと生活させるためにはどうしたらいいのか検討しましょう。

例えば仲が悪い両親と同じ家に暮らしていると、子供でも何かと気を使います。

気を使う状態が続くと、ストレスがたまって精神的に疲れさせてしまうかもしれません。

親に気を使って生活させるのではなく、のびのびとした生活を送ってもらえるような選択について考えていくことが大切です。

また離婚をした場合、母親1人で子育てをしなければと思い詰めてしまう方も多くいます。

ですが母親が無理をして生活をしているということは、子供は敏感に感じ取ります。

無理をしている母親に負担をかけないように、子供は気を使って生活するかもしれません。

子供がのびのびと暮らせるようにするだけではなく、親もストレスをため込まずに生活できるように工夫する必要があります。

例えば兄弟が多くて1人で子育てをしながら働くのが大変なら、自分の実家に協力してもらえるような環境を作るのも1つの手です。

頼れる人は頼って、子供にとってより良い環境を作ってあげることを忘れないようにしましょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報