基礎知識

不倫裁判を有利に進めるために知っておきたい基本

投稿日:

不倫裁判は、当事者同士がお互いに主張をぶつけ合う民事です。

警察が犯罪を明らかにする刑事とは違うので、訴える原告側と訴えられる被告側の双方にそれぞれ正義があります。

結婚した相手を裏切る不倫そのものは社会的に見過ごせるものではありませんが、それでも当事者同士の話し合いです。

たとえば、不倫をされたからといって高額すぎる慰謝料を請求すると、相手が納得せずに裁判を起こす可能性があります。

法律に基づいて判断する裁判では、裁判官の心証も考慮しておくのが有利に解決するためのポイントです。

法廷で争う時点でお互いに真剣に主張しなければならず、原則的に弁護士に任せます。

不倫裁判で争うメリットとデメリット

不倫裁判で決着をつけるメリットは、過去の判例による適正な金額の請求に修正できることです。

話し合いの段階ではどのような主張でも可能ですが、厳格な法廷においては片方の主張を認めた場合でも明らかに異常な要求については棄却します。

いくら不倫をしたからといって全財産をよこせといった過剰な主張は認められず、個人で主張しても裁判官には相手にされません。

日本は法治主義であり、法律による根拠と過去の事例を踏まえた上で結論を出します。

正当な要求を相手が拒んでいるケースでは、不倫裁判によって提示される和解案で解決する方法も選べます。

なぜ不倫裁判があまり見られないのかと言うと、それはデメリットもあるからです。

個人でどうにかできる領分ではないので、弁護士に委任することでの費用が発生します。

最終的に和解するにしても双方の主張をするだけで時間がかかるので、話し合いによる示談に比べると長期戦です。

自宅に訴状が届くなどの裁判特有の問題もあり、他の家族や親戚にまだ事情を知られたくない時には困ります。

判決が自分に不利な内容であったら、即座に給料の差し押さえをされる等のデメリットもあるので注意しましょう。

原則的に不倫をした方が悪いので、争うのは主に不倫をしていた相手やパートナーに対する要求をどこまで認めるのかという部分です。

双方でそれぞれ弁護士を立てた場合は時間をかけずに解決できるラインを探り、適度な落としどころを見つけやすくなります。

不倫裁判の流れ

具体的な不倫裁判の流れは、まず訴える側である原告が手続きをすることでスタートします。

訴えた相手の自宅に訴状が送達され、中身としては不倫裁判の第一回目の期日が記載されているのです。

原告になる場合は自分に都合が良い日時で指定するのですが、被告になったらいきなり訴状が届くので気をつけましょう。

原告側が指定した裁判所で不倫について争うため、すでに別居していて遠方に住んでいる場合は弁護士に代わりに出廷してもらうのが一般的です。

不倫裁判の期日になったら、双方の主張とその検討という流れで進みます。

どちらかが主張をしたら、次の期日にもう片方が反論と自分の主張をすることの繰り返しで時間がかかるのが特徴です。

法廷でもう新しい項目が出てこなくなった時点で、裁判官から和解案が出されて応じるパターンが目立ちます。

和解案は不倫をした側にいくらの慰謝料を支払えといった具体的な内容で、分割払いにするといった交渉の余地があるけれども基本的に判決とほぼ同じです。

つまり、すぐに一括払いになることが多い判決よりも穏便にしやすく、払う側にとっても有利になります。

和解案を受け入れると、和解の事実が記された調書によって法的な効力が発生します。

和解だから適当に応じていればいいやと考えていると財産の差し押さえになってしまう恐れがあるので、安易に和解に応じるのはお勧めできません。

法廷でいつまでも主張の応酬になった場合は、尋問で事実関係を明らかにします。

ドラマでよく見られる光景で、これまでの発言の矛盾点や食い違いについて厳しく問われる段階です。

尋問にまで移行したら軟着陸は難しいので、その前に和解するのかを決めておきましょう。

慰謝料請求したいなら知っておきたい知識

すでに不倫の事実が証明されているケースが珍しくない裁判では、慰謝料請求で揉めて法廷で白黒をつけるパターンがよくあります。

家庭を壊す不倫をしたのを前提としつつも、相手の提案にはどうしても合意できないから徹底的に争うという状況です。

慰謝料請求は不安にさせた心労や面倒事を起こしたことへの金銭的な謝罪であり、法廷で主張することで公平な金額を勝ち取れます。

示談を進める場面では相手の主張に合意した時点で成立するので、その金額が相場より低くなるケースもあり得ます。

裁判官が公平にジャッジする法廷では双方の主張を最後まで聞いてから判断するので、法廷における相場として適正に処理されるのです。

示談交渉に出たら自覚がないまま言質を取られてしまった等の被害はよくある話だから、相手方の言う通りに出向かずに信頼できる弁護士に相談しましょう。

慰謝料請求では直筆の謝罪文などの付帯条項がついてくる事例が多く、慎重に交渉することが必要不可欠です。

うっかり相手の要求を全て受け入れたら、人生を棒に振ってしまう可能性すらあります。

内輪だけの示談交渉でも慰謝料請求は可能であり、相手方が信用できないと判断したら不倫裁判で公平に裁いてもらうのが賢明です。

付帯条項の内容によっては大変な不利益を被ってしまうので、不倫問題に詳しい弁護士に示談交渉を任せましょう。

第三者の弁護士をはさむことでお互いに冷静になれる上に、相手方が弁護士を立ててきた場合にも対等に交渉できます。

不倫裁判を有利に進めるために

プレッシャーがかかる不倫裁判を有利に進めるために、普段はあまり知る機会がない裁判の一通りの流れを理解しておきましょう。

裁判では基本的に一発逆転はなく、事前に十分に備えておくことで妥当な結果を得られます。

有利に進めることが可能である場合にのみ不倫裁判を起こし、むしろ不利になると判断したら交渉で上手く被害を抑えるべきです。

勝てない勝負でわざわざ戦う必要はないので、豊富な知識がある弁護士とよく相談しましょう。

民事の中でも事実関係をハッキリさせられるテーマだけに、自分がどうしても譲れない項目を明確にしておくことが重要です。

相手と二度と会いたくないのならば、示談の項目に文章として入れておきましょう。

示談の内容をきちんと書面で交わして、お互いに原本を所有しておくことで不毛な水掛け論を避けられます。

経験豊富な弁護士に任せれば、途中の報告をしながら全てまとめてくれるので頼りになります。

弁護士は依頼人の味方であり、不倫裁判で何かしらの決着がつくまで全力でサポートしてくれる存在です。

示談交渉を最初から任せてこそ弁護士は力を発揮できるので、いざ裁判の訴状が届いてから慌てて探すよりも不倫に強い弁護士を予め見つけておきましょう。

面倒な不倫裁判にまで持ち込まず、話し合いによって戦わずして勝つノウハウがあるのが弁護士です。

法律事務所で相談した時点でおおよその勝ち目が分かるため、胃が痛くなる不倫についての清算をスマートに完了させられます。

まとめ

強力な法的な効果が発生する不倫裁判にはメリットとデメリットがあるので、後先を考えずに感情論だけで訴えるのはあまり良い策とは言えません。

お金で解決する慰謝料についても付帯条項で色々な要求をするパターンが多く、前哨戦である示談交渉でも弁護士の力が欠かせません。

裁判における勝ち目の有無を先に知っておくことで、不倫にまつわる決着をできるだけ円満な方向へ導けます。

弁護士を立てて話し合ったけれども物別れに終わった場合の手段が、中立の立場にいる裁判官に全ての話を聞いてもらった上で和解案や判決を下してもらう不倫裁判です。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報