基礎知識

元刑事が教える! 不倫している夫がしがちな行動4つ

投稿日:

夫が不倫をしていると疑いを持った時にはどう行動したらよいのか、不倫をしている夫はどんな行動をとるのかを説明します。

夫の様子が普段と違うなと感じた時に不倫を疑うこともあるでしょう。

そんな時夫はいつかバレるのではないだろうか、もう知っているのではないかなどと常に不安に感じているはずです。

そんな夫の不倫を見破るためには普段何を見て、どんなことに注意したらよいのか、平穏な生活の中に見え隠れする夫の態度や言動をよく観察してみて下さい。

そしてもしも不倫の事実が発覚したら、その時妻は何をしたらよいのでしょうか。

余計な説明が多くなる

もしも夫が不倫をしているかもしれないという気がしたら、何か軽く聞いてみると良いでしょう。

やましいことをしているという自覚がある場合、軽い質問でも聞いてもいないようなことを説明してくる場合が多くなります。

普段は穏やかに話をする人が急に早口になったり、いつもと違う変化が現れます。

嘘を真実と偽って話しているので、その時はやたらと細かく話すのですが、後でそのことについて聞いてもうまく答えられなかったり、何を話したか覚えていないということがあるのです。

話している途中で逆に聞き返すと、モゴモゴと濁したようになり答えられないこともよくあります。

不倫というやましいことをしている夫としては、何とかしてその場を取り繕うことを考えているので、とにかく一生懸命に説明するのです。

そして相手の顔色をうかがいながら、あまりに詳細に話した結果、辻褄の合わないことが多く相手が追求してくると急に否定したり怒鳴りだしたりという場合もあります。

話の内容について妻から否定されると自分を正当化するために、それに対して極端に否定的な態度を取り始めます。

そして話をしていて妻が興味を持ち始めたり、バレそうになるなど自分に不利だと感じ始めたら急に話題を変えるということもあります。

質問を繰り返すことが増えた

不倫をしている夫は、常に彼女との不倫がバレていないだろうかと不安に思いながら行動しています。

そんな夫が自らとる行動には、ことあるごとに質問をしてくることがあります。

「今日はどこかに出かけたのか」とか「誰かから電話があったか」など、ほんの些細なことにとても敏感に反応します。

これは妻が普段と同じ行動をとっていても、すべてが自分の不倫に関することで疑っていないだろうかという深層心理に基づくもので、不倫がバレていないかどうかを確認すると同時にその一瞬一瞬で安心したいと思うのです。

その場は安心できたとしても、結局はその繰り返しで何度も何度も質問を繰り返ししてくるでしょう。

夫はこのように聞いてきた後でも、その日が終わるころには「本当にバレていないだろうか」とか「何かバレるようなきっかけを与えてしまっていないだろうか」などと毎晩後悔の気持ちを抱いているのです。

そして仮に不倫の事実を知ってしまったとしても、いったん落ち着くことが大切です。

まずは深呼吸をして自分を落ち着かせ、これから先どう対処していくかを慎重に考えていきましょう。

慌てた行動は相手も焦らすことになり、お互いに良くない方向へ進んでしまう場合もあります。

充分に考えてからの行動をとるようにしましょう。

質問に対する答えがちぐはぐに

不倫をしている夫は、普段とは違う行動をとるようになります。

話をするときも急に早口に話をしだしたり、そうかと思えば急に話題を関係のない話に変えてみたりします。

そしてこちらから何かを質問すると、それに対してとてもちぐはぐな回答をしてくることがあります。

あたかも真実かのように話をするので細かな内容になるのですが、すべては不倫がバレないようにするためについた嘘ですから、当然内容がちぐはぐになります。

例えば週末は会社の接待ゴルフに行くと嘘をついて不倫をしていたとします。

家に戻り、どうだったかと聞かれると誰それがどんな成績だったかや天気がどうだった、などといった詳細な行動を説明をしてきます。

ところがゴルフで着たはずのウェアが綺麗な状態のままだったり、話している内容が変だなと感じる内容だったりします。

どんなことでも構いませんが、もしやと疑いを持ったらどんな些細な行動でも見逃してはいけません。

話の内容を冷静に聞き、同じことを再度聞いてみましょう。

そうすると案外さっきと違うことをいっているということがありますし、話の辻褄がやはり合わないという場合もあります。

他にも彼女からのプレゼントをうっかり目につくところに置いてしまったという場合でも、誰からもらったのかなどと聞いてみると夫はうろたえて取り繕うように話し出すでしょう。

よく顔のどこかを触るようになった

不倫をしている夫の行動パターンとしてよくあることは、どこかを触るということです。

不倫に限らず顔を触る行動には、色々な心理が隠されているのです。

もし鼻を触っていたら嘘をついている、何か隠しておきたいことがあるということがうかがえます。

男性は女性よりも嘘をつくのが下手だと言われており、無意識で鼻を触ってしまうのです。

もしも口を隠すようにしていたら、口の動きを見られないようにするということを無意識の行動として行っているのです。

不倫など隠し事がある時に触る場所は鼻や口だけではありません。

それ以外でも頬、顎、おでこなど人によって触る場所は違いますが、一番多いのはおでこや鼻です。

人は嘘をつくとソワソワしたり目がキョロキョロしたりと表情に落ち着きが無くなってきます。

体のどこかに触れていて落ち着きたいと思うということもありますが、いずれにしても無意識に顔を触ってしまうという行動は何かを隠したいという心理が働いているのです。

触れる場所はそれ以外にも髪を撫でてみたりする場合もあります。

また、目線が伏し目がちになり視線を合わせなかったり、汗を掻いていたりと本人は平常心を保とうと思っていても、このような行動で逆に動揺している様子が相手にバレてしまうのです。

まとめ

不倫がわかる行動にはいくつかのパターンがあります。

行動や態度、会話の中から不倫をにおわせることが出てきたら、それが真実かどうか見極める必要があります。

また傾向として職場であったり、近所やPTA、スポーツジムなどといった身近な場所で会う人と不倫をしてるという場合もあり、自分ではなかなか真実を掴みにくいことがあるのです。

様々なリスクを背負う覚悟がないのなら、バレないように調査を依頼してみるという方法もあります。

まずは今後の夫婦生活をどうしたいのかをよく考え、お互いに良い方向へ向かうように次の行動に移すと良いでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報