基礎知識

夫の浮気が離婚事由にならないパターンに要注意

投稿日:

夫が浮気をしていることはわかっているのに、離婚理由として成立しない場合があることをご存知でしょうか。

実際に泣き寝入りの状態で苦しんでいる妻はとても多く、心の中で許すことができないまま生活を繰り返していることも珍しくありません。

謝罪を受けたとしても浮気の事実は残り続けますし、ちょっとしたことが疑心暗鬼に繋がり、夫婦共に悪循環に陥ってしまうこともあるでのです。

今回は、なぜ傷つけられた方が苦しむ結果になってしまうのか、浮気をされても離婚が成立しないケースについて詳しくお話していきます。

またどのように気持ちを整理していけばいいのかについても考えてみましょう。

浮気されても離婚事由にならない場合がある?

夫の浮気が発覚した時にそのまま見逃して生活を維持するか、または離婚をして慰謝料請求を行うか考えます。

しかし、中には浮気の事実が明確なのに関わらず離婚に応じてもらえないケースもあるのです。

なぜ、相手に非があるのに離婚が成立できないのでしょうか。

その理由は、浮気は法律で裁かれるものではないからというのが理由にあります。

例えば、不倫のように相手との関係に不貞行為が成立していることが立証できる場合は離婚裁判を起こし、成立させることもできるのですが、浮気は法律に反しているとは言えないのです。

夫が不貞行為がないと言い訳し、さらにその証拠もない場合、浮気を理由に離婚をすることは難しいと言えるでしょう。

明らかに関係を持っていることが疑わしくても、夫本人の自白がない場合には立証することができません。

また、夫側に離婚する気持ちがない場合には、謝罪をし浮気の事実を許してくれと言ってくるかもしれません。

家庭を守ることや子供との生活を守ることを優先してしまう妻にとっては、浮気の事実を認め謝罪をしている夫との生活を継続してしまうケースも少なくないのです。

妻にとっては一度でも裏切られた気持ちは離婚事由に該当しますが、すでにセックスレスだったり夫婦関係が破綻している状況の場合は、浮気だけで夫を責めて話を進めることができない場合も多いようです。

ただし、その後浮気の事実によって夫婦関係が破綻してしまったという状況になれば、いずれ離婚が成立することもあります。

一度だけの不貞行為ではほとんど認められない

浮気の概念は法律で定められているものではなく、浮気の認識には個人差があります。

不倫の場合は、下半身が絡む不貞行為が立証されることで、夫とその相手に対して慰謝料請求できますし、離婚事由にもなります。

しかし、浮気の線引きというのは、その人によって認識に差がある為、「手を繋いで歩いていた」だけでも浮気と考える人もいれば、「キスをしていた」事実があっても浮気と考えない人もいるのです。

このような認識の差を夫婦で話し合ったことがあれば、お互いに意識の差は生まれませんが、中にはそのような話を一度もしたことがないケースも少なくなく、「一度の浮気は許されるもの」と考えている夫もいます。

有名な歌に「三年目の浮気ぐらい大目に見てよ」なんてフレーズがあるように、意識の差がそこに存在していることは確かなことなのです。

その為、不貞行為があったとしても成り行きで行った場合や、夫に浮気の概念がない場合には離婚事由として認められないことが多いようです。

あくまでも継続的な関係が成立していることが重要で、一度の不貞行為では認められないことも多いようです。

妻にとって回数の問題ではないのですが、継続的に裏切っていたという事実がない以上、このことを理由に成立させることは難しいと言えるでしょう。

継続的に浮気をしていた証拠があれば、状況は変わります。

酔った勢いで一度だけ関係を持ったぐらいでは理由として不十分であると考えられる以上、請求したところで無駄に終わってしまうかもしれません。

夫婦関係が破綻したきっかけになるかどうかの判断

浮気が離婚事由になるケースは、その事実によって夫婦関係が破綻したことを立証しなくてはいけません。

例えば、すでに夫婦関係が劣悪な状態で、会話も必要以上にしなかったり、セックスレスに陥っている場合には浮気が理由で破綻したのではなく、そもそも最初から破綻していたと考えられてしまいます。

その為、浮気が理由には該当しません。

浮気が発覚する前までは夫婦関係が良好で仲の良い家族だったのに、その事実が発覚してから家の中が居心地の悪いものになってしまったり、夫への疑念が拭えなくなってしまい必要以上に関わらなくなったなどの現状があれば応じてもらえることもあるでしょう。

ただこのような内容のことは家族にしかわかりませんし、妻と夫に認識の差があれば立証することも難しいのです。

もし本気で別れたいのであれば、浮気の事実が発覚した後に、精神的苦痛を生じたとして心療内科を受診したなどの履歴が必要になるでしょう。

事実を知った段階でショックを受けるのは妻として当然ではありますが、証拠を残すような行動まで機転がまわらないことも少なくないのです。

目の前で起きた事実と向き合うだけで精一杯になるのが当然で、傷付けられた人が今後のことを決めることができると誰しもが思います。

しかし、実際にはそこまで簡単ではなく、夫が拒否をし続ける以上簡単に応じてもらうことは望めません。

浮気以前からの夫婦関係までほじくり返して抵抗してくることも珍しくありません。

相手を責める前に自分に落ち度がなかったかを確認

浮気をされた妻は一番最初に夫を責める傾向があります。

そして次にその相手に敵意を露わにし、自分を傷つけた相手に攻撃をしようと考えるものです。

しかし、夫が浮気をするに至った原因が自分にあったとしたらどうでしょうか。

子育てに追われて夫をないがしろにしてしまっていたり、セックスに対して応じなくなったなど思い当たることはありませんか。

相手を責めたくなってしまうのは当然のことですが、自分にも落ち度はなかったのか冷静になって考えてみることも大切です。

感情的なまま離婚を選択することは後悔にも繋がりやすいので、まずは自分の気持ちとしっかり向き合い、自分の落ち度についても考えてみましょう。

お互いに一生涯共に生きていくことを約束した関係です。

感情のまま夫を責めるのではなく、なぜ浮気をしてしまったのか確認してみてください。

居場所がなく、自分は愛されていないのだと不安になり他の女性に走ってしまう夫は少なくありません。

本来であれば、妻に愛されたいという気持ちが根底にはあり、それが叶わないからこそ他の女性でその穴を埋めようとしたのかもしれないのです。

もちろん夫のしたことは許されるものではありません。ただ、夫やその相手を責めるだけではなく、そのように至った理由にも目を受けてあげることが大切です。

感情をぶつけてしまうと、逆上した夫との間にトラブルが生じることもありますので、一旦冷静になる時間を確保してから話し合いをするようにしてください。

まとめ

妻にとってこれからの生活を考えた時、一度でも裏切られた人と生活をしていくことはとても苦しいことです。

一度の過ちを許してあげたい気持ちもあるものの、自分の気持ちに折り合いが付かず別れを選択してしまいたくなるでしょう。

しかし、大事なのはその事実とどう向き合っていくのかです。

夫が心から謝罪をし変化していく様子があれば、再構築していくことも無駄ではないかもしれません。

そこに至るまでには悩み苦しむ時間があるでしょうが、冷静さを失い感情的になっても良いことは何もありません。

冷静になり、どのように向き合っていくのか再度考えてみてください。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報