基礎知識

離婚調停中で別居。この間の交際は不倫になる?

投稿日:

離婚しているわけではないけれど、すでに別居している夫婦は意外と多いのかもしれません。

すでに、配偶者に対して気持ちがなくなっている時に別の異性と付き合った場合は、不倫になるのだろうかと思いませんか。

素人では判断がかなり難しいかもしれません。

まだ、婚姻関係があるとは言え、実態を見ると婚姻関係があるとは言えない状態ならば不倫とは言えない可能性もあります。

男女のこととなると、複雑な問題が起こることも珍しくはありません。

離婚調停でも判断が分かれてしまうことも考えられるので、どういうことが考えられるのかを紹介していきます。

「婚姻関係が破たん」しているものとして不貞行為と評価されないこともある

そもそも婚姻関係が破綻しているとは簡単には認定されません。

しかし、中には婚姻関係が破綻していると認定されることもあります。

よほどのことがない限りは厳しいと思ったほうが良いでしょう。

まだ、正式に離婚していなければ不倫していると言ったほうが良さそうです。

別居している人も少なくありません。

しかし、別居していれば他の異性と付き合っていても良いというわけではなく、浮気や不倫だと言われてしまうこともあります。

どういういきさつで別居したのかが問題になるので、不貞行為と評価されることもあれば、されないこともあります。

同居しているよりは、別居している方が婚姻関係が破綻していると判断されやすいことは確かです。

一緒に生活していませんから、わかりやすいでしょう。

同居している場合はかなり厳しいかもしれません。

同居しているけれど、ほとんど言葉を交わさなかったり、スキンシップをほとんどしていないなど問題がある場合も考えられます。

同居していたとしても婚姻関係が破綻していると認定されることもあるので、あきらめる必要はありません。

ただし、簡単なことではないので証拠をたくさんそろえるなどしないといけないでしょう。

離婚調停まで行っているとなると、すでに配偶者に対しての気持ちはなくなっていると言っても良いのかもしれません。

しかし、必ずしも自分の場合が当てはまるかどうかはわからないので、不貞行為と評価して欲しいのならば事前にやるべきことをやりましょう。

どうなると夫婦関係が破たんしたと言えるか

別居しているのだから婚姻関係が破綻しているはずだと思っていませんか。

夫婦どちらにも非がない場合は別居が5年くらい続いていれば婚姻関係が破綻していると認定されます。

これは、あくまでも双方に非がない場合なので5年も別居していなくても良い場合もあります。

どういう状況から別居したのでしょうか。

結婚はしたけれど、すぐに別居が始まった場合は5年も必要ありません。

基本的には同居と別居期間を比べるので同居期間が短いと婚姻関係が破綻していると認定されやすいです。

離婚したいから一方的に別居した場合に他の異性と付き合えば不倫になってしまうでしょう。

この場合は悪意の遺棄に該当する可能性が高いので、離婚が成立しなくなったり慰謝料を請求される事態にまで発展する恐れもあります。

きっと自分が思い描く結果になると思って家を飛び出せば良いというわけではありません。

もう婚姻関係が回復する恐れがないかどうかが大きなカギを握っています。

一人が不倫するなどしており婚姻関係が破綻していると言っても、もう一人が否定することもあります。

この場合は難しい判断となりますが、客観的に見て修復不可能な状態だと判断されれば不倫していても不貞行為とは言えなくなるかもしれません。

客観的な判断に左右されるので、自分の考えとは全く違った判断をされる可能性も十分にあります。

やはり、自分の主張を通そうと思ったらたくさんの証拠をそろえて丁寧に説明するしかないでしょう。

別居前から不貞行為が継続していたことを証明しよう!

配偶者と別居する前から不倫していたとなれば、関係修復も難しいですし婚姻関係が破綻していると判断されるはずです。

すでに、婚姻関係が破綻している状態だったから別居したと判断されるようにするためにも、証拠が必要です。

証拠と認定してもらえそうな物を取っておきます。

メールやSNSには証拠がある場合が多いので、こまめに消したりしないほうが良いでしょう。

不貞行為があったと推察されるような内容があれば証明できます。

そもそも不貞行為とは肉体関係のことを言います。

キスや腕組みなどだけでは不貞行為とは言えません。

あくまでも肉体関係がないといけないので、ホテルへ行った時の領収書も証拠となる可能性はあります。

密室で二人きりとなっているわけですから、肉体関係があった可能性が高いと言えるからです。

別居前から不倫しており、婚姻関係が破綻していたと証明するためにはこれらの証拠を残しておいてください。

日付がないといけないので古い証拠も残しましょう。

自分の中ですでに配偶者への気持ちがなくなっているのであれば、証拠を残すことです。

もう修復は無理だと思うようになったらその時点から手を打ってください。

誰だって気持ちが変化することはあります。

ただし、配偶者の気持ちが変わっていないといけません。

客観的な証拠を積み上げていけば、配偶者がどんなことを言ったとしても自分の言い分が通る可能性は十分にあります。

大変ですが、証明に必要な証拠を大切にしてください。

不利にならない財産分与のためにも専門家に相談しよう

自分が不利になるかもしれないと思いませんか。

離婚した場合、財産分与するので不利にならないようにするためにも専門家に相談してください。

弁護士に相談すれば、きっとなるべく不利にならないようにはしてもらえます。

離婚調停中の不倫に関してどのような判断が下されるのかは注目です。

もしかしたら、慰謝料を請求されるかもしれません。

つまり、婚姻関係が破綻していない状態で不倫が始まったと判断されたということです。

財産分与自体は基本的には婚姻期間中の収入を折半します。

それとは別に慰謝料を支払うので不倫の判断も重要です。

預貯金だけではなく、不動産などを持っていればそれらも折半します。

婚姻期間中の分だけですが、問題はいつまでを婚姻期間とみなすのかです。

別居時以降は含めないのか、離婚が成立した時まで含めるのかなどがあります。

いつの時点までにするかを考えましょう。こういう時こそ専門家の意見が参考になります。

お互いにじっくりと話し合って納得できれば良いですが、不倫が絡んでいるとなると配偶者も感情的になるかもしれません。

不倫によって精神的に苦痛があると慰謝料を多く支払うことにもなりますので、弁護士に中に入ってもらったほうが良いです。

社内不倫であろうが、社外での不倫であろうが慰謝料を請求される可能性はあります。

婚姻関係が破綻している時の不倫であればその心配はなくなります。

少しでも不利にならないようにするためにも信頼できる弁護士に相談してください。

まとめ

男女の仲はとても複雑ですから、離婚調停中に何かがあるかもしれません。

離婚することになったとしても、納得できる形で離婚できればと思いませんか。

不倫に関しては定義もありますし、なるべく自分が不利にならないようにするためにも、どのようないきさつで現在に至るのかをしっかりと説明する必要があります。

証拠があれば、より良いので早めに集め始めてください。

財産分与の問題もありますし、やることはたくさんあります。

すべて自分のためだと思って頑張って行動すればその努力は報われるでしょうから、あきらめないで主張しましょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報