基礎知識

単身赴任で不倫に走らせないテクニック

投稿日:

男性は本能的に子孫繁栄を組み込まれており、女性よりも浮気や不倫をしやすい傾向だと言われています。

これは結婚をして既婚者になっても変わりはなく、特に気を付けたいのが単身赴任の時で、真面目で普段は妻一筋の人ほど、寂しさなどから不倫に走ってしまう場合があります。

この時に大切なのは無理強いや束縛をするのではなく、自分の存在をさりげなくアピールして分かりやすい愛情を伝えることです。

常に妻から愛されている、大切に思われていると分かれば裏切ることはほとんどありません。

単身赴任時に役立つテクニックを覚えておくと、不倫のリスクを避けることができます。

夜に電話をする

既婚男性が単身赴任をした時に不倫をしやすくなるのは、必ずしも肉体的な欲求ではなく、寂しさによるものが多いと言われています。

普段の生活が愛情に包まれているほど、自宅に帰って一人の時間が耐え切れず、温もりを求めて不倫をしてしまうわけです。

そこでポイントのひとつが寂しさを感じさせないようにすることで、自分の存在をアピールするようにすると不倫に走ることがすくなくなります。

そこでおすすめの方法が電話で、今は昔と違ってそれぞれスマートフォンを持っているので難しくはなく、電話代も気にしなくて良いので楽です。

昭和の時代は料金の高さ、場合によっては単身赴任先に引かれていないケースもあり、話すこともできないので寂しさが溜まっていってしまい、結果的に過ちを犯してしまうわけです。

直接会うのは難しくとも、毎日夜に「おやすみ」の挨拶だけでも良いので言葉を交わす、コミュニケーションをとっていくのは重要になります。

夫側としても自分が必要とされている、愛されていると実感すれば、テレフォンタイムを楽しみにして余計なことはしません。

ここで気を付けたいのはメールでも構わないと思うところですが、声で会話をするのが大切になってきます。

文字ではなく声を聞くことによって相手の存在を確認することができるので、「おやすみ」の一言でいいのでやり取りをすると寂しさを感じずに済みます。

また妻の存在を声を通して認識、実感できるので、裏切りの行為に罪悪感を抱き行動に出ることがなくなります。

束縛しすぎないようにする

夫が単身赴任して不安に思うのが妻の本音で、男性は浮気や不倫をするものという認識がどこかにあります。

そのためトラブルを防ごうと厳しいルールを作ってしまう、束縛しようとしますが、これは逆効果になる場合があるので注意が必要です。

例えば何時までにメールをする、連絡をすると決めるのはいいですが、破った時に相手を責めるのは良くありません。

まずは理由を聞くことで、単身赴任は遊びに行っているのではなく仕事であり、会社側は家族と離れていると分かっているので、時に無理を押し付けてくる場合もあります。

疲れて帰ってきて、約束を破ったからと責められると嫌気が差すのは当然です。

これが続いてしまうと不快感が強くなり、癒しを求めて不倫に走ってしまう可能性が高まります。

約束を取り付けるのは自分の存在をアピールする、愛情や信頼感を築くには重要ですが、無理な時の反応が過剰になると嫌になるので、状況を見極めながら適切な対処が必要です。

他にも何をしていたのか尋ねるのはいいですが、警察の取り調べのように追及するのはやめた方がよく、信頼されていないと思ってしまいます。

単身赴任は夫としても望んでいるわけではないので、根掘り葉掘り聞きだされるのは不快感が強まってしまうはずです。

愛情を伝えるのは有効な手段になりますが、無理強いするのは逆効果になり、バランスが重要になってきます。

この点を上手く理解してテクニックとして学んでおくと、不倫をしようという気持ちを防ぐことができるようになるはずです。

会う時に手料理をふるまう

単身赴任中でも様子を見に行く、帰省してくる機会はあり、この時に大切なのが愛情をしっかりと伝えることです。

久々なら少しくらい大げさに喜んだ方が相手に気持ちが伝わりやすく、恥ずかしがる人もいるかもしれませんが、ここはストレートに「お帰り」の気持ちを表現した方が良い結果となります。

スキンシップを増やすのも良く、会いたかったと全身で伝えていくと分かりやすいです。

また単身赴任中の男性の悩みが食事で、料理が上手い人でも毎日自炊となると疲れてしまいますし、苦手な場合は外食や購入が多くなり、侘しさを感じている人が多くなります。

そこで手料理をふるまうのは大きなポイントになり、昔から男性の心を射止めるには胃袋を掴むといった言葉があるように、家庭料理というのは重要です。

この時に特別なご馳走ではなく、普段と同じような料理メニューの方が喜ばれる可能性が高くなります。

久しぶりに会ったから外食したい、女性としてはそう願うかもしれませんが、夫側の希望としては家庭料理の方が嬉しいです。

離れている寂しさは一緒ですが、単身赴任中という状況を重視して、夫の願いをかなえてあげるようにしてください。

こういった些細なところも不倫に走らせないテクニックで、手料理によって家庭を思い起こさせることができます。

自分が既婚者である、愛されていると分かれば不倫に走ることはありません。

単身赴任中に久しぶりに会うときほど、夫と妻という立場を認識させると不倫を防げます。

久しぶりに夜の生活を頑張る

単身赴任中は寂しさを感じるだけではなく、肉体的な欲求も高まります。

夜の生活が頻繁だった夫婦ほどできないというのは辛く、これは女性よりも男性の方が耐えるのが難しいと言われています。

性的な欲望から不倫に走ってしまうケースがありますので、上手く対処することが重要です。

最も分かっていても距離的な問題は解決が難しいのが事実で、それだけに久々に会った時は積極的になるのもよく、ある意味では分かりやすい愛情表現であると言えます。

若い夫婦はもちろんですが、熟年の場合も同様に行って良く、肉体的な快楽だけではなく、別に求められている、必要とされているといった認識が大きいです。

単身赴任中は妻が夫の不倫を心配するだけではなく、夫側も同じように思っています。

男性として求められるというのは自信につながりますし、妻の愛情を感じられれば不倫に走ることはありません。

肉体的な欲求はあっても、双方の愛情が確かなら裏切りの行為に出ることは少なく、離れているからこそ気持ちが繋がっていると分かると安心感が生まれます。

そういったことから単身赴任中に会った時は、夜の生活を頑張るのも不倫防止のテクニックの一つです。

積極的になれない時は、せめて自分から誘うなど求めていくことが大切になります。

自分が必要と思われている、そういった認識が気持ちを揺らがせないためには重要です。

分かりやすい愛情表現として夜の生活はぴったりなので、努力するのも必要になります。

まとめ

人生は長く、結婚生活で時に単身赴任を命じられることもあります。

この時に離れて暮らす夫の不倫を心配するのが妻の本音で、走らせないようにするテクニックを学んで実践すると防ぐことができるので試してください。

不倫は肉体的な衝動だけではなく、寂しさや人恋しさから起きる場合が多く、そこを理解して対処すれば防ぐことは可能です。

方法としては自分の存在を積極的にアピールしていくことで、愛情を感じられて、裏切り行為に走ることが少なくなります。

ただこの時に束縛や無理強いは逆効果になってしまうので注意が必要です。

また久々に会った時には手料理を振る舞う、夜の生活を頑張るなど愛情を伝えることが大切になります。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報