基礎知識

不倫の証拠をつかめ!探偵への依頼方法と料金まとめ

投稿日:

パートナーが不倫をしているかもと思っても、本人に直接聞けないという人も多いです。

誰にも相談できないので一人で悩む人も多いですが、一人で悩んでいるとストレスがどんどんたまり病気になる危険性もあります。

周りに相談できる人がいないという場合は、探偵に相談してみるといいでしょう。

男女のいろんなトラブルの相談にのってくれ効果的な解決策を考えてくれます。

場合によっては裁判に有利になるような不倫の証拠も集めてくれるので、とても助かります。

ここでは探偵の依頼方法や料金なども詳しく紹介にしているので興味のある人は参考にしてみてください。

不倫されて離婚するなら探偵を使って証拠収集

不倫をされて離婚を考えている人もいるでしょうが、裁判になると証拠がとても重要になります。

自分でこっそり証拠を集めることもできますが、仕事をしている場合は四六時中証拠集めを行うわけにはいかないので、思うような証拠を集められないという場合も多いです。

素人だと尾行などがばれてしまうケースもありますが、そうなるとパートナーはますますバレないように気をつけるので証拠収集が難しくなります。

探偵を使って証拠を収集する方j法もありますが、探偵に不倫調査を依頼する場合は詳しい状況を報告することが大事です。

たとえばパートナーが何曜日によく残業が多いとか、この日は出張の予定が入っているなどの細かい情報を報告してください。

財布の中に入っているレシートなどから、このお店やホテルを利用しているなどの情報もしっかり探偵に伝えておくと、調査の手間が省けて短期間で証拠を収集できます。

当然短期間ならば料金もかなり安くなるので助かります。

相手の生活パターンや言動なども担当者にしっかり伝えておくと良い結果を得ることが可能です、探偵の選び方ですが、できるだけ不倫調査の実績が多い所に依頼するといいでしょう。

実績が豊富な所の方が調査に必要なアイテムが揃っているので、調査がうまくいきやすいです。

私も自分で最初は証拠を集めていましたが、思うように証拠を集められなかったので、探偵に依頼した経験があります。

パートナーや相手の詳しい状況も詳しく報告したので、短期間で結果が出て料金も安かったです。

探偵に依頼できる調査内容と料金

不倫調査を探偵に依頼したいと思う人もいますが、依頼できる内容や料金が気になるという人も多いです。

周りに探偵を利用した人がいれば聞いてみるといいですが、なかなか探偵を利用したことを周りに伝える人はいないので、探偵を依頼した人を探すのは難しいです。

口コミや体験談を利用する方法もありますが、良い口コミや体験談は探偵事務所のスタッフが書いていることもあるので気をつけてください。

良い口コミや体験談だけでなく、悪い口コミや体験談もしっかり確認して選ぶと失敗しません。

探偵に依頼できる調査内容ですが、不倫調査の場合は対象者がどのような行動をとっているかを調査し、浮気をしているかを確認します。

不倫相手が何歳で、独身なのか既婚者なのかも調べ不貞行為の事実確認をします。

対象者が浮気をしていた場合は、証拠を収集して依頼者に渡しますが、対象者の顔がわかる証拠写真や動画を集め、時間も明確に記載してくれるので確実な証拠として使えます、浮気調査後は場合によっては、カウンセラーや弁護士を紹介してアフターケアをしてくれるサービスもおこなっています。

事実を調査するだけでなく、依頼主の心に寄り添ってくれることも探偵としての仕事と言えるでしょう。

気になるのは調査料金ですが、時間料金型とバック料金制、成功報酬型などがあるので契約する前に料金システムをしっかり確認することが大事です。

相手の情報などが多い場合は時間料金型を選び、情報が少ない場合はパック料金型を選ぶといいでしょう。

慰謝料に探偵費用は上乗せできる?

離婚を考えている人は、慰謝料に探偵費用を上乗せできるか気になる人もいます。

浮気をした方が悪いので、探偵費用を支払う義務があるのは当然と考える人もいますが、実際は探偵の調査料金は慰謝料として請求できません。

私も良く知らなかったので、探偵の調査にかかった料金も当然慰謝料に請求できるものだと思っていましたが、実際には請求できないと知りショックを受けたことがあります。

探偵に依頼する場合はすべて自腹になることを覚悟して依頼することが大事です。

ただし相手と示談が成立した場合は、探偵を雇った費用を請求できるケースがあります。

状況や交渉次第で変わることもあるので弁護士としっかり相談してみてください。

相手に決定的な証拠をつきつけて相手側が完全降伏した場合は、請求の示談交渉が成立する可能性が高くなります。

浮気相手は完璧な証拠を提示されると、弱気になり裁判もさけたくなるので、その時に探偵費用の支払も請求すれば認めてもらえる確率が高くなります。

浮気の証拠を集めるのは、探偵に依頼しなくてもできるので、余計な費用を減らすこともできます。

ただし無理をして証拠を集めようとすると、相手にばれてしまい、ますます証拠を収集するのが難しくなります。

仕事がある人などは、ずっと対象者を見張っているわけにはいかないので、自分が調査できない時間帯だけ探偵に依頼するといいでしょう。

その時に気をつけることは情報を細かく伝えることです。情報を細かく伝えることで費用を安くできます。

離婚協議で有利に立つには証拠の量が重要

離婚協議で有利に立つには、やはり証拠の量がとても重要です。

対象者とホテルに入った所を写真に撮っても、これはこの後ホテルのロビーでコーヒーを飲んだだけと言われると証拠としてはかなり弱くなります。

やはりホテルの部屋に二人一緒に入った瞬間や、出てきた瞬間を写真に撮ることが大事です

。その時に気をつけることは、二人の顔がはっきりわかることです。

顔がはっきりわからないと、いくらホテルから出てきた瞬間を写真に撮っても、証拠としての効果が薄いです。

写真に日時もしっかり記載することが大事で、日時がないと証拠として認められないこともあるので注意が必要です、自分では浮気の証拠をうまく集められないという人は、探偵に相談してみることも大事です。

証拠集めのアイテムも用意しているので、より確実に証拠を集めることが可能です。探偵に浮気の証拠集めを依頼する場合は、少しでも対象者の情報を提供することです。

情報が多ければ多いほどより多くの証拠を集めてもらえます。

情報が多いと短期間で調査が終了するので、料金もかなり安くなるケースも多いです。

離婚協議になると不安に感じる人もいますが、探偵がアフターケアでアドバイスをしてくれることもあるので助かります。

弁護士を紹介したり裁判の証人になってくれることもあります。

私も離婚協議になったことがありますが、探偵に集めてもらった証拠が役に立ち、予想以上の慰謝料をもらうことができたので本当に感謝しています。

まとめ

長い人生の中には家庭での夫婦関係がおかしくなり、パートナーが不倫をしてしまうケースも良くあります。

その時に一人で悩むのではなく探偵に相談してみるといいでしょう。

不倫のはっきりした証拠を集めることが無理ならば、探偵に証拠を収集してもらうと効果的です。

その時に多くの情報を提供すると、短期間で調査が完了し料金も安くすむケースもあります。

探偵に依頼する時の料金は、いろんなシステムがあるので、契約をする前によく料金システムを確認することが大事です。

後で追加料金が発生するのかも確認しておくと、トラブルにまきこまれずにすみます。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報