基礎知識

旦那の浮気相手に突撃するためのお作法

投稿日:

旦那が浮気をしている場合、奥さんの立場からすると旦那と浮気相手の存在がとても許せないものです。

浮気後、まず自分がどうしたいのかを考えておくとよいでしょう。

現場を押さえて、離婚するのか、別れさせてやり直したいのか、慰謝料を請求するのかなど、ある程度自分がどうしたいのかを先に考えておく必要があります。

精神的にもおかしくなりそうですが、冷静になって行動することが一番大切でしょう。

また旦那に対しても、今後の結婚生活を存続させていく意思があるのかどうか、別れたいのかなど、どうしたいのかを問う必要があります。

相手の住所を突き詰める

旦那が浮気をしている場合、まずはその証拠を見つけることが大切です。

これまで、毎日、仕事から帰ってきて同じ時間帯に帰宅していたにも関わらず、突然、帰りが遅くなってしまったり、家に朝帰りをするようになっていたのであれば、他に女性がいる可能性があるでしょう。

旦那が浮気しているかどうかについては、まず証拠を見つけることが先決ですので、記憶に残るように手帳などに旦那の帰宅時間などを書き、財布などにホテルや旅館などのレシートがあるかどうかを確認されるとよいでしょう。

またスマホのラインやメールなどをチェックしてみて、浮気相手と連絡を取っているかどうかについてもチェックしておく必要があります。

証拠を夫にすぐに見せつけるのではなく、いくつか証拠を収集しておき、まとめておきましょう。

また相手の住所を突き止める必要がありますので、ラインやメールなどから推測できないかどうか確認されるとよいでしょう。

手がかりが少ない場合は、住所を自分で調べるのはなかなか難しいことです。

もし慰謝料請求や法的な処置を取りたい場合は、弁護士照会を利用して相手の住所を調べることが可能です。

他にも興信所を使って相手の住所を調べる方法もあるでしょう。

弁護士照会をするためには、相当の理由が必要になります。

浮気相手に慰謝料として金銭の要求をしたい場合などです。

名前や生年月日、銀行の口座番号、車のナンバー、携帯番号から弁護士照会をすると住所を調べることが出来ます。

落とし前をつけさせる方法を決めておく

旦那の浮気の証拠を見つけることができた場合は、民法の不貞行為に当たるため慰謝料の請求をすることが出来ますし、夫に対しては離婚裁判を行い旦那からも慰謝料を貰うことが可能です。

またお子さんがいらっしゃる場合は、親権や養育費などについても家庭裁判所で話し合いを交えながら決めていくことになります。

証拠を見つけた後、今後の結婚生活をどうするのかについて二人で話し合いをするか、もしくは第三者を交えて話し合いをする必要が出てきますが、まず自分がどうしたいのかを自分の気持ちを心の中で冷静に生理をしておく必要があります。

旦那に浮気相手と別れてもらって元の平穏な結婚生活に戻りたいという場合であれば浮気現場に突入して事を大きく騒ぎだしてしまえば、平穏な結婚生活に戻るのは難しくなりますのであまり騒がずに、旦那と話し合いを行い旦那の気持ちを確かめるのがよいでしょう。

男性の浮気の場合、一時的な気分のものである場合や、ほんの遊び心だという場合もありますので、旦那一人に釘を刺してもう浮気をしないと約束をさせて、元の平穏な生活に戻ることも可能です。

もし旦那が浮気相手との生活を望んでおり、相手も旦那とともに暮らしたいというのであれば、話し合いで離婚をするか、または離婚裁判を行う必要が出てくることもあるでしょう。

今後はどうするのかについてもある程度、考えてから浮気の現場を抑えた方が賢明です。

離婚するのか復縁するのかを冷静な気持ちで考える必要があります。

旦那の浮気を第三者に報告して味方を作っておく

旦那が浮気をした場合、夫婦のことだから他人に恥を知られたくないという気持ちがあるため、妻は一人で負の気持ちを抱え込んでしまうこともあるのではないでしょうか。

負の気持ちには悔しいと思う気持ちや許せないというものなど様々なものがあると推測しますがここで妻は一人で気持ちを抱え込まずに自分の兄弟や友人、親など親しい人に報告をして味方を作っておきましょう。

旦那の浮気を第三者に報告することによって自分の味方を作っておくことが出来ますし、精神的に気持ちが不安定になった時に、支えてもらうことも出来ます。

また第三者が浮気をした旦那に対して、妻を悲しませることをしてはいけないと諭してもらうことも可能です。

そのためにも、浮気をされたことについて周囲に報告をしておいた方が自分の味方が増えますので後から色々な面で手助けをしてくれることも多くなるでしょう。

また万が一、離婚をした場合、元旦那から無理な要求などをされた場合、自分の身内などが守ってくれることもありますので、自分の身辺の様子などについてあらかじめ話してあると、スムーズに事を運べる場合などがあります。

離婚後に妻側が子供の親権を勝ち取った場合、別れた夫がやってきて子供を取り返しに来た時など、後から色々な問題が出てくるケースもありますので浮気をされた事実などやその後離婚になってしまった場合などについても、自分の身内や親しい人に報告をしておいた方がメリットがあるといえます。

嫌がらせや復讐をすると逆に訴えられるかも?

浮気をした旦那や浮気相手の女性に対して、復習や嫌がらせなどの行為を行うと逆に法的に訴えられてしまう場合もありますので注意をしましょう。

例えば、怒りや恨みの感情が強くなると、何度も無言電話をかけてしまったり、職場に乗り込んで暴言を浴びせてしまったり、暴力を振るってしまうなど、こうした様々な嫌がらせをしてしまうと、不法行為に相当するため、逆に自分が訴えられ慰謝料を請求される場合がありますので、注意が必要です。

こうした行為は迷惑行為であり、名誉棄損行為や傷害事件、暴行事件などになってしまうケースもあります。

嫌がらせがエスカレートしてしまうと、職場に行って退職を要求してしまったり、恐喝や強迫行為をしてしまうことがありますので注意が必要です。

女性の場合、浮気をした旦那ではなく、浮気相手の女性に負の感情が芽生えやすくなってしまうので、こうした増悪の気持ちが強く向かってしまう傾向がありますので、注意しなければなりません。

許せない気持ちになってしまったら、まずは自分が冷静にならなければなりません。

浮気を専門に扱っている法律事務所やカウンセラーなどに通って、自分の気持ちを整理しましょう。

相手を許せないという気持ちがある場合は、法律の力を借りて、正当な方法で慰謝料を請求したり、離婚をするのが一番です。

金銭的に償ってもらうことで、苦痛を慰謝料という形で受け入れてみてはいかがでしょうか。

また心の傷は時間が解決してくれることもあります。

まとめ

旦那が浮気をした場合は、まずは相手について調べましょう。相

手の住所を正当に知るには、離婚したいなどの理由がある場合は弁護士照会で知ることが出来ます。

また浮気の事実については第三者に報告をしておくとよいでしょう。

浮気発覚後、やり直したいのであれば、あまり騒がずに旦那一人に浮気の証拠を示し、やり直したいという気持ちを伝えた方が賢明です。

嫌がらせや復讐をすると逆に相手に訴えられてしまいますので注意が必要です。

やり直す気持ちがないのであれば、弁護士を立てて慰謝料を請求したり、離婚をするのがよいでしょう。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報