基礎知識

W不倫で妊娠…中絶する?それとも子どもを産んでみる?

投稿日:

不倫関係にある男女が性行為をするのは誰にも止めることができません。

しかし、避妊をしなければ妊娠するということは覚えておく必要があります。

おなかの中に子どもがいるということは、本来嬉しいことのはずですが、不倫という関係においては難しいでしょう。

そのまま出産するということもできますし、中絶しか選択肢がないこともあります。

よく話し合う必要がありますし、中絶というのは女性の身体だけでなく精神的な面まで多大な影響をもたらします。

慰謝料といったお金も必要になってくるだけでなく、正解がないので自分に合った方法を選択しなければいけません。

子どもを産むメリット・デメリット

不倫した相手が妊娠し出産するという場合、自分の子どもができるというメリットがあります。

不倫相手にも中絶という負担をかけることがありません。

しかし、1人の人間が誕生することは簡単なことではないことを知っておきましょう。

自分の妻には内緒で産んでほしいと思っても、戸籍などの関係や金銭的な面からすぐにバレてしまいます。

今まで不倫を隠していた場合、自分の不貞を認めるだけでなく相手を妊娠させて出産までさせていることが分かったら、離婚する危険性は非常に高いです。

実は、夫婦の間には貞操義務というものがあり、夫婦以外の人と性行為をしてはいけないと決まっています。

不倫で相手が妊娠したということは、貞操義務違反となり、自分にも非があることを認めなければいけません。

この場合、妻である女性は夫に対して離婚請求と慰謝料の請求をすることが法的に認められています。

不倫相手の出産費用も数十万という単位で必要になりますし、それに加えて離婚などというのは社会的な立場をおびやかしてしまうでしょう。

自分としては中絶をしてほしいと思っているけれども、相手が産んでしまったら何もできることはありません。

認知をすれば養育義務が課されますし、その分の費用などもかかってきます。

中にはこの出産を機会に妻と離婚し、不倫相手と再婚するという方法を選択する男性もいます。

世間的に褒められた行動ではありませんが、このような選択をしている男性もいるということです。

中絶するメリット・デメリット

中絶するというのは、女性のお腹の中で育っている赤ちゃんを強制的に外に出すという方法です。

口では軽く中絶してほしいと言うことができますが、女性の身体への負担はとても強い方法であることを知っておきましょう。

おまけに、中絶が出来る期間というものが決められています。

妊娠5週から22週までの間と決まっていて、妊娠が発覚してからの時間的な猶予はそれほどありません。

12週目以降になると出産するような形で中絶をするので、体への負担も強くなります。

中絶することで得られるメリットは、不倫関係を知られるリスクが減るという点です。

費用も15~50万円ほどで済み、離婚などに発展する危険性を大幅に減少することができます。

赤ちゃんという存在がいるといないでは、妻に対する心象も大きく変わるでしょう。

しかし、中絶にはデメリットもあります。

それは、相手の女性の体に大きな負担をかけてしまう点です。

体はもちろん、精神的に不安定になってしまうことも少なくありません。

赤ちゃんはもういなくなったから、自分には関係ないと思っていても復讐されてしまうこともあります。

中には妊娠したことで不倫相手の女性が取り乱してしまうこともあるかもしれません。

自分にとっても冷静でいられる話ではありませんが、落ち着いて結論を出す必要があります。

ただ、中絶できる期間というのは限られていて、22週を過ぎてしまうと出産しなければいけなくなります。

妊娠に気が付くのが遅いと対処のしようがないケースもあります。

知っておきたい慰謝料の話

不倫相手でも女性を妊娠させてしまった男性には、女性に対して身体的、精神的および経済的な負担を解消するための義務があります。

赤ちゃんがおなかにいるという話を聞いて姿をくらます男性もいますが、相手が中絶をしていたらお金を支払う必要があるということを知っておきましょう。

過去の裁判でも判例があり、200万円の支払いを命じた判決もあります。

出産した場合は慰謝料を支払う必要がありませんが、今度は養育費などを支払わなければいけません。

また、慰謝料というのは本来、貞操義務を違反した夫から妻に支払われるものです。

相場は100~500万円とされていますが、子どもがいる場合はこれに加えて養育費もかかることを覚えておきましょう。

不倫というのは公にすることが出来ない関係ですが、それは法律に違反しているからです。

不倫を知った妻は精神的な苦痛を感じますが、これを金銭面で補填するという考えが損害賠償と言えるでしょう。

妻は夫だけでなく不倫相手の女性に対しても請求することができます。

お金を支払うことが難しいので離婚したくないと考える男性も多いですが、妻が不倫の証拠を持って裁判まで持ち込んでしまうと離婚が認められるケースがほとんどです。

離婚すると財産分与といって、家や貯金などは折半になり、もし別居していれば離婚が成立するまでの間の生活費も補償しなければいけません。

これは決して安い金額ではありません。

親権を争うなど、夫婦の間でいがみあうことも少なくないでしょう。

中絶後の不倫相手の本音は?

中絶後の不倫相手は、もしかしたら男性に対して自分は平気だからという言葉を言うかもしれません。

しかし、それは本音ではありません。

中絶した段階や術式などによっても異なりますが、負担のない中絶はあり得ないからです。

妊娠すると産婦人科では赤ちゃんの様子をエコーで見せてくれます。

最初は小さなかたまりのようなものが、だんだんと人の形になっていくのは神秘的です。

産婦人科によってはエコーの写真をくれるというサービスを行っているところもあります。

この写真は自分のお腹の中に赤ちゃんがいたという証明です。

中絶しても写真は捨てられずにとっておくという女性は多いです。

また、この選択をしたことで、女性の多くはほっとした気持ちと悲しい気持ちの板挟みになってしまいます。

赤ちゃんが生まれない方が良かったという安堵の気持ちと、赤ちゃんがいなくなってしまったという気持ちです。

中には自分が赤ちゃんを殺してしまったと責めてしまう女性も多いです。

中絶の手術をした後の女性というのは、ホルモンバランスの変化により精神的に不安定になります。

納得した上であっても、理不尽な気持ちや妊娠させた男性を恨む気持ちも出てくるでしょう。

出血や痛みなどの身体的な苦痛もあるので、心身をあんていさせるためのサポートが欠かせません。

自分が手術を受けたのだから、当然離婚して自分と結婚してくれるものだと思ってしまう女性もいます。

女性によって気持ちの揺れ幅が異なることが分かります。

まとめ

不倫という禁じされた関係を楽しんでいる男女は少なくありません。

しかし、そこには妊娠するという可能性があります。

出産しても中絶しても不倫相手の女性の心と体は大きく傷つきます。

今までバレないからと続けていた不倫関係も、これを機に妻にバレてしまうことも多いです。

不貞を働いた夫を笑顔で許せる妻はいないでしょう。

精神的に無理と判断して、離婚などの手続きに入ってしまいます。

すると、今まで築いてきた社会的な立場や親権などの問題、養育費など金銭的な負担まで必要になります。

一時の遊びのつもりでも、その代償は安くありません。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-基礎知識

運営者情報