体験談 基礎知識

配偶者の裏切り。不倫は許す?許さない?

投稿日:

どんなに人間ができていても不倫されて嫌な思いをしない人はいないでしょう。なぜ不倫が許せないかといえば、あなたについた嘘の上に成り立っている恋愛だからです。人は嘘をつかれることで、自分がないがしろにされていると感じるのです。

全てを受け入れて再スタートは立派な決断

浮気されて離婚という決断をすることは簡単です。

嫌なものを遠ざけてしまえばいいのですから。

しかし、夫婦関係を再スタートするという選択をしたのであれば、それは立派な決断といえます。

一度壊れた夫婦関係を再構築するのは、並大抵の努力ではないからです。

完全とはいえないまでも、夫婦関係が修復されるには数年かかるとみてください。

家庭で起きるいろいろな出来事を一緒に喜び、共有していくことで、時間があなたの心の傷を癒してくれます。

すぐには無理でも、長い時間をかければ、また配偶者を信用できるようになる可能性もあります。

配偶者の裏切りによる荒波という経験を経、かえって前よりもより強固な関係になるかもしれません。

なによりも、あなたが配偶者の弱さを受け入れたという事実は配偶者にとって、なによりもありがたいものです。

配偶者の浮気・不倫はやった本人が最も悪いです。

しかし、原因のいくらかは、あなたにあることも覚えておいてほしいことです。

子供第一になって、配偶者とセックスレスになってはいませんでしたか?

休日も配偶者がなにをしているのかわからないくらい、関心が薄れていませんでしたか?

不倫は配偶者を責めるべきことではありますが、あなたにも少しは問題があるかもしれません。

家族とはいうものの、もともとは他人なのですから、二人の努力なしには、関係を修復はできません。

許すという決断をしたのであれば、肝を据えて配偶者を受け入れましょう。

不倫の事実を無理に許さなくてもいい

配偶者の不倫を許すという決断をくだしたものの、頭では理解していても感情的にどうしても許せない、ということもあります。

その場合、無理に許さなくてもいいのです。

あなたの心の深い傷はそう簡単には癒せません。

無理に許そうと努力することで、かえって気持ちが離れてしまうこともあります。

ここは自然に任せ、時間が解決するのを待つことが得策といえます。

時が経てばあなたも、いろいろなことを受容できる年齢になります。

その時にやっと配偶者を許せるようになるのかもしれません。

別れないという決断をしたものの、顔を見れば嫌なことを思い出して、ついきつい態度になってしまうこともあります。

そんな時は素直に謝り、適度な距離を保つことです。

あなたの気持ちが、回復してくるのを気長に待つことです。

配偶者はそれを理解できないかもしれませんから、話し合うことも必要になるでしょう。

話し合うことを恐れてはいけません。

 

許すという決断をしたなら、配偶者とは一生付き合うことになるのです。

じっくり向き合って、あなたを理解してもらい、また配偶者のことも理解しましょう。

でも距離を保つといっても、全然顔を合わせない生活をしてはいけません。

少なくとも朝食か夕飯を一緒に取ることを心がけましょう。

一緒の食卓を囲むと不思議と心も通じ合えるようになるものです。

食べながらたわいのない話を少しだけでもする。

その積み重ねがやがて、あなたの気持ちを癒し、配偶者との関係も修復することになります。

不倫した事実がどうあれ、自分が出した決断に納得することが重要

上記のように、一度裏切った配偶者を許すというのは努力のいるものです。

ですから、親兄弟が言うから別れないことにした、というような消極的な決断では、やがてあなたの気持ちが折れてしまうことにつながりかねません。

きっかけは親兄弟からの勧めだったとしても、最終的にあなたが配偶者を許す、という決断をすることが必要です。

それまではいろいろな葛藤があるかもしれません。

別れる、許す、どちらの決断をするにしても、可能であればしばらく実家に帰るなり、友達の家に身を寄せるなりして、物理的に配偶者と顔を合わせないようにしてひとりで考える時間を持ちましょう。

ひとりになって冷静に自分がどうしたいのか、決断をするのです。

自分ひとりでは決断できない場合はカウンセリングなど、プロの手を借りてもよいのではないでしょうか。

とても大事なことですから、自分が納得のいく答えをみつけるまで、焦らないで時間をたっぷりかけ考えてください。

そのように自分で決めた決断なら、そう簡単には諦めたりせず、関係が修復できるまで努力もできるはずです。

もちろん、夫婦の問題なのですから、配偶者の協力も必要です。

時間をとって、自分が出した決断をきちんと配偶者に伝えましょう。

しっかりと自分の気持ちだと納得のいく決断ができたなら、それが別れるという結論でも、許すという結論であっても、前に進んでいけるはずです。

配偶者だけでなく、子供がいるのであれば、なおさら前に進んでいく必要があるはずです。

そのために偽らない本当の気持ちを自分に聞くことが必要なのです。

まとめ

夫婦関係の修復には時間も努力もいるものです。

ですから、本当のあなたの気持ちを確かめることが大切です。

しかし、不倫が発覚するのが早ければ、お互いに傷も浅くて済むということもあるでしょう。

なんとなく変だなと感じることがあったら、プロに調査してもらうことも時には必要かもしれません。

ちょっとした勇気を出すことで、家庭が守れるのであれば、それに越したことはありませんね。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-体験談, 基礎知識

運営者情報