体験談 女性向け~オトコの浮気~

不貞行為はどこから?風俗の種類によって不倫になるかどうかが違う?

投稿日:

芸能界などで世間をにぎわせる浮気や不倫の問題ですが、パートナーが実際にそのような行為を行っており、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

実は、浮気や不倫に明確な定義はなく、不貞行為というもので定められています。

また、風俗店のサービス内容によっては、こちらも一般の異性と同様に不貞行為と見なされる場合があります。

不貞行為の定義をお伝えし、明確な法律違反でなくとも離婚の理由になり得るグレーゾーンの事例も含めてご紹介します。

不倫かどうかはさて置き、不貞行為の定義とは

不貞行為に定義とはあるのでしょうか。
※あくまでこれは、感情論ではなく形式的なものだとご理解下さい。

不貞行為の渦中にあったり、身近な人の不貞を疑ったりしていると、不貞行為の定義について考えることもあるのではないでしょうか。

浮気や不倫と違って、不貞行為に関しては明確な定義があります。

不貞行為とは「男女間の性交渉とそれに類似する行為」のことをいいます。

「男女間の性交渉」に関しては白黒はっきりとする項目ですのでとてもわかりやすいでしょう。

ですが「性交渉に類似する行為」に対しては、人によって捉え方がまったく違ってしまうので、この点で疑問となる部分みられます。

例えば、女性の胸を触った時点で、性交渉に類似すると考える人がいれば、その一方で、ソフトタッチであればまったく性交渉とは関係のない行為ととらえる人もいるものです。

それぞれのパーソナルによって判断基準が異なることは事実として、現状として、口腔性交や射精をともなう行為については「性交渉に類似する行為」として認められる可能性が高くなっています。

つまり「下半身が絡むかどうか」が、ひとつの境界線だと認識するとわかりやすいでしょう。

また、自分の意思とは関係なく、異性に性的暴行をされた、脅迫されたなど、無理やり肉体関係を持たされてしまった場合は、性的暴行を受けた側は不貞行為には値しません。

当然ですが、性的暴行をした側は自分の意思で行っているため、不貞行為と見なされます。

それ以外の事例もみてみましょう。

法的に結婚をせずに夫婦生活を送るカップルを「事実婚」などといいますが、この場合では、不貞行為による慰謝料請求が可能です。また、婚約状態にいる場合の男女も同様に適用されますが、婚姻届を出している夫婦と比べて請求ができる慰謝料の相場がかなり低くなります。
単に、同棲をしている場合は、事実婚状態でも婚約状態でもないため、パートナーがどれだけ異性と肉体関係を結んでも、慰謝料の請求はできません。

性行為や疑似行為が含まれるサービスは、不貞行為(不倫)になりうる

ガールズバーやキャバクラで女性とお酒を飲むだけなのであれば、不貞行為には該当しません

では、風俗店の場合はどうなのでしょうか?いくつかのサービスを例にご紹介します。

まず、ソープランドから説明します。

ソープランドは個室にお風呂があり、そこで体を洗ったり、マットの上などで性的なサービスをしたりする風俗店のひとつです。

ここでは特有のルールによって「サービスは、恋愛上での本番行為になるため、売春にならない」という建前があります。

そのため、風俗店では唯一、性交渉が黙認されているサービスとなるため、ソープランドに行くことそのものが不貞行為です。

次にヘルスですが、セックス以外のサービスを提供するお店です。

行為をする場所の違いで「デリバリーヘルス」「ホテルヘルス」「ファッションヘルス」の3種類に区分されます。

性交渉は禁止とされていますが、実際はチップを渡すことで本番行為も可能です。

また、これ自体が違法となります。

本番行為を求めなくても、料金を払ってサービスを受けることが性交類似行為ですので、こちらも同様に不貞行為と見なされます。

では不貞行為とみなされないものはあるのでしょうか。

よくピックアップされるのがストリップです。

ストリップは女性のダンサーがステージ上で踊りながら衣装を脱ぎ捨てていくというものです。

そのため、直接性交渉とはみなされません。

一部では、個室の中で性的サービスを行うケースもありますが、一般的には、本番行為や性行類似行為が発生しません

法律違反じゃないから「不倫ではない」というわけではない

ここまで、不貞行為の定義と性行為や、その疑似行為が含まれる風俗店のサービス行為は不定行為になり得るとご紹介してきました。

浮気や不倫は、不貞行為の定義に当てはまった段階で立派な不法行為であり、法律違反です。

では、法律に違反しなければ、何をしてもよいのでしょうか。

法律上、不貞行為と見なされるか見なされないか、グレーゾーンの事例が存在します。

「1、2回程度の性交渉を行ったが、パートナーがしっかりと反省している場合」
「別居後の配偶者以外の異性との性交渉」
「性交渉を伴わない異性との関係」
「同性同士での性交渉」

など、これらの事例は
「婚姻関係を破たんさせたかどうか」
「性的関係が継続しているかどうか」

という2つが焦点になってきます。

そのため、不貞行為の定義に当てはまらない「性交渉を伴わない異性との関係」や「同性同士での性交渉」も「婚姻関係を破たんさせた原因」と裁判で認められた場合は、離婚の理由になるのはもちろん、慰謝料の請求などが発生します。

法律に違反していないからと軽々しく足を運んでしまう、道徳観や倫理観に欠けた行為が、一生の傷になることも十分にあり得るのです。

不貞行為が理由での離婚と同じく、子どもがいる場合だと、親権は相手にとって有利になり、自分の子供にも関わらず月に数回しか会えなくなることもあります。

また、言うまでもありませんが、社会的な信用もすべて失ってしまうでしょう。

法律に触れている、触れていないの問題ではなく、パートナーに対して、常に真摯に向き合うことを第一に考えるべきだといえます。

まとめ

明確に定義をされている不貞行為の内容を突き詰めていくと、風俗店のサービスによっては、お不貞行為と見なされることもあることがわかってきました。

また、不貞行為という不法行為でなくとも、甘い考えで行った行為が、裁判で離婚の理由になり得ることもみえてきたでしょう。

特に、グレーゾーンの事例に関しては、専門家でないと判断が難しいところがあります。

もし、記事の内容に近しいことで悩みがあるのなら、一度、探偵事務所に相談してみてもいいかもしれません。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-体験談, 女性向け~オトコの浮気~

運営者情報