体験談 女性向け~オトコの浮気~ 男性向け~オンナの浮気~

ラブホテルでの不倫を立証できる証拠探しのコツ

投稿日:

配偶者に不倫をされてしまうと長年にわたって築いてきた信頼関係が崩れるだけでなく、自身のそれまでの人生に対する後悔も生じ、それらは大きな悩みの種となってしまうことでしょう。

結婚からある程度の期間が経過し、年齢を重ねた夫婦においては、相手の不倫を直感で察知するということもできるかもしれませんが、一方で不倫を立証する上で「直感」は十分な証拠とはなりません。

そこで今回は、不倫の証拠を見つけやすいラブホテルにおける不倫の証拠探しのコツについて解説していきます。

 

ラブホテルの不倫行為の立証をする上で証拠品は必要不可欠

配偶者の不倫を理由とする離婚や慰謝料の請求では、当然相手が不貞行為を働いたことを立証する証拠が必要となります。

しかしながら、裁判においては「疑わしきは罰せず」の原則があることから、当人が不倫を証明できるという確信を持つほどの証拠であっても、第三者の目から見て、それが証拠として不十分であると判断されてしまえば、不倫は認められず、離婚や慰謝料の請求もできないということになりかねません。

そのため、不貞行為を立証する証拠には、証拠品として十分な「質」も求められます。

例えばラブホテルにおける不貞行為を実証する上では、「異性とラブホテルへ入店する瞬間の写真や動画」、あるいは「性交渉時の写真・動画・音声」などが十分な証拠となります。

しかしながら、特にラブホテルへの入店に関しては1回では不貞行為とみなされないこともあるため、複数回の入店が確認できる写真や動画があれば、なおさら立証しやすくなるでしょう。

一方で、例えば配偶者が職場の飲み会の後に異性の同僚とラブホテルへ入店する写真を撮影したとしても、「飲みすぎた同僚を介護していた」、あるいは「仕事の打ち合わせをしていた」などといった理由で言い訳をされてしまうと、少なくともその行為は「疑惑止まり」となってしまいます。

そのため、ラブホテルにおける不貞行為の証拠を押さえる際には、その前後の行動までも把握しておく必要があります。

 

ラブホテルの領収書だけでは不倫の証拠不十分

それでは、逆にラブホテルにおける不貞行為を立証する上で、確実に不十分な証拠としてはどのようなものが考えられるでしょうか。

例えば、夫が不倫をしているケースでは、ラブホテルの利用料を夫が支払っていることが考えられるため、財布の中を確認すれば領収書が出てくるかもしれません。

しかしながら、ラブホテルの領収書は「ラブホテルを利用したこと」の証明にはなるものの、「ラブホテルの中で不貞行為におよんだこと」の証明にはならないため、上述したような「同僚の介護をしていた」といった言い訳をされてしまえば、その証拠品としての価値はほぼ皆無といわざるを得なくなります。

また、同様にラブホテルへ行こうと誘うメールやLINEの履歴、あるいは「旦那さんが知らない女性とラブホテルへ入っていくところを見た」といった第三者による証言なども、いくらでも言い逃れができるという点で不貞行為の証拠としては不十分です。

以上のことから、一般的に不倫を疑わせる証拠と認識されているものであっても、確実に不貞行為を行ったことが証明できるものでなければ、少なくとも裁判などにおいては証拠として不十分であることから、不倫を立証する証拠品の「質」については、一般的な捉え方よりも厳しい基準でその有効性を判断しなければなりません。

ラブホ不倫の複数の証拠を組み合わせて有利な状況を作ろう

しかしながら、特に裁判においては単独では不十分な証拠であっても、それらを複数組み合わせることで有効な証拠とすることも可能です。

例えば、単独では恋愛関係をにおわせる程度のLINEでのやりとりであっても、LINEでやり取りをした直後のラブホテルへの入店を立証する証拠を複数用意できれば、限りなくクロに近い証拠として認められるでしょう。

限りなくクロに近い証拠をさらに複数用意できれば、裁判において有利な状況を作ることができ、最終的に相手の不倫を認めさせ、離婚や慰謝料の請求も可能となります。

基本的に裁判においては、単独の証拠だけで自らの主張を認めてもらうことは困難であり、特に不倫に関しては言い逃れがしやすいという点で、そのことはより顕著となっています。

そのため、相手の不倫を実証するためには、「ラブホテルへの複数回の入店を証明する写真」や「性交渉時の写真や音声」などといった入手することが難しいものではなく、単独では証拠として不十分であるものの、複数組み合わせることで有効となる、入手しやすい証拠を集めるほうが現実的です。

 

まとめ

このように、配偶者の不倫を実証するためには、最初にどのようなものが証拠として十分なのかということを把握し、有効な証拠集めをする必要があります。

また、その際には、単独で不倫が立証できる証拠ではなく、複数集めることによって不倫を立証できる証拠を根気強く集めていくほうが効率的です。

一方で、ラブホテルへ入店する瞬間を何度も写真に納めるといったことを日常生活と並行して行うのは困難を極めます。

そのため、配偶者の不倫を疑っているが、証拠を上手く集められないといった場合には探偵事務所へ相談をしてみることをおすすめします。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-体験談, 女性向け~オトコの浮気~, 男性向け~オンナの浮気~

運営者情報