体験談 女性向け~オトコの浮気~

不倫相手の彼女が結婚!?略奪はできる?

投稿日:

不倫をする人の中には今の奥さんとは離婚をして不倫相手の彼女と結婚したいと考える男性も多くいます。

その一方で、不倫相手の彼女にも実は本命の相手がおり、その相手と結婚するということもないわけではありません。

パートナーとして愛していた彼女が結婚してしまうということにどうにか略奪できないものかと考えてしまうのは仕方ないですが、あくまでもそれは自分本位の考え方です。

本当に不倫相手の彼女を相手の男性から略奪する場合に、かなりのリスクが伴うことやそもそも彼女がそれを望んでいるかなど聞いておくべきことが多く、慎重な行動が求められます。

奥さんがいるのに自分(彼女)に手を出す男とは結婚できないのは当然

不倫相手の彼女からすれば、現在不倫を行っている相手は奥さんがいて、口では離婚したいと言いながらもなかなか夫婦間での話し合いが進展しないことにいら立ちを覚えるものです。

そんな状態でもう少し待ってくれと言われ続ければ、本当にこの人は結婚をするつもりはあるのかと彼女は思います。

一方で不倫をするような男と結婚したとして、再び同じことをしでかすのではないかという懸念も彼女にはあります。

そんな状況では不倫相手と結婚しようなどと思わないのが普通です。男性からすれば、もし不倫相手の彼女と結婚できれば今までの辛かった生活から解放され幸せになると思っている人が多いですが、その気持ちや覚悟というものがなかなか不倫相手の彼女には伝わらないものです。

本気であることを伝える努力をしない限りは、相手もそう簡単に腹をくくってくれません。

自分のためにこれだけのことをしてくれたというものを見せなければ、略奪はおろか、すべてを失うことにもなってしまいます。

何より奥さんがいる時点で不倫相手の彼女からすれば、本気度を疑います。

特に何回も奥さんと離婚して一緒になろうと言われ続ければ、単に体目当てでなんとか引き留めたいだけと逆に現在の関係性すら疑うようになってしまいます。

そんな状態になれば略奪はほぼ不可能です。

ちゃんとした誠意を見せること、リスクを負ってそれを示すことなどをしない限り、また同じことを彼はするはずだと相手に思われるのがオチです。

「結婚しても俺のことが一番好き」という自己陶酔から覚めよ

不倫相手の彼女から、別の男性と結婚をするからこの関係を解消したいと言われたら、ほとんどの男性はもったいないと感じるはずです。

自分との時間を送る方がどれだけ幸せなことか、結婚してからわかるはずだと確信しているケースも見られます。

それだけ自分は不倫相手の彼女が好きであり、褒められることではないにしても、すぐに相手を見つけられる自分は男性として優れているという自信にあふれています。

こうした状態だからこそ、自分と結婚をした方がいいし、自分のことが忘れられないはずだと思いこんでしまうものです。

気をつけておきたいのは、女性は簡単に昔の男性のことを忘れる点です。

あれだけ熱心に付き合っていたのに、しばらくして略奪しようと思っても全くその気がなかったというケースもよくあります。

いつまでも自分のことを好きでいてくれるというのはいわば男性側の妄想のようなものであり、女性は意外とそのあたりはシビアです。

そのことを知らずに略奪を試みることは可能性が著しく低いものにいつまでもチャレンジをするようなものであり、非効率的です。

略奪を仕掛ける前にまず自己陶酔から覚めることが必要です。

そして、事実だけを見て、本当に略奪はできるのか、その可能性を模索することが求められます。

冷静に振り返れば、相手がつかんだ幸せを壊すことは本意ではないと思うようになるかもしれません。

略奪したとしても、相手の男性や自分の奥さんから慰謝料請求をされる可能性もあるため、自己陶酔の状態から早く覚めたいところです。

家族や友人、会社から見放されても欲しい彼女なのか?

略奪をして結婚し直すことは、このご時世では相当なリスクです。不倫自体も糾弾される中で略奪するとなれば、ほとんどの人はその行為をよしとしません。

相談を友人などにしても、ほぼすべての友人はやめておけと言うはずです。

それでも強行すれば、友人は今までの付き合いを考え直すほど倫理的に受け付けず、人間関係を壊す問題も秘めています。

当然家族も友人も、会社もこの事実を知ればコンプライアンス的にまずいと重要な仕事は任せられないというようなことにもなりかねません。

いわばそれだけのリスクが略奪という行為に関係し、周囲を一瞬にして敵にするだけのものがあります。

こうなると、今付き合っている不倫相手の彼女がすべてを失ってでも手に入れたい彼女なのかという部分に焦点が当たりだします。

そもそもなぜそこまで熱を入れてしまうのか、それを明確に説明できない中でそうした行為に及ぶことは、万が一思い違いだった時に今まで積み上げてきたものをすべて壊すだけのものになってしまいます。

例えば、周囲が誰も助けなかった状況で不倫相手となった彼女だけが支えてくれたとか、事業をする際に誰もお金を貸してくれなかったが彼女だけ貸してくれたなど恩人として頭が上がらない存在であれば、まだそこまでしても手に入れたいというのはわかります。

しかし、性的な相性がいいからとか、一緒にいると落ち着くからというようなその彼女ではなくても特に問題はない理由だとリスクを負ってまで略奪をすることは控えてもよさそうです。

本気なら離婚してけじめをつけてからプロポーズすべき

もし本当に略奪を目指すのであれば、最初に離婚をしておくことが求められます。退路を断つ行為であり、彼女に対しここまでの覚悟は決めたというのをすぐに見せられます。

すると相手はこの人は本気で一緒になりたいのかと思うようになります。そこからプロポーズをすることで本気で愛していることを伝えることができます。

不倫相手の彼女が恐れるのは、安全な場所から不倫をしてきていざとなれば逃げて、家族と幸せな時間を過ごすのではないかという危惧ですが、そうしたものが断ち切られれば彼女とすれば一安心です。

結婚をしたい相手がいるともし不倫相手の彼女が言い出した段階でもはや時間は残されていません。

この時点で離婚の話を切り出していなければ間に合わないと思っておいた方がいいです。逆に本当に離婚の話をしてて、調停などで難航していた場合はその事実を克明に伝えることも必要です。

調停中に不倫相手といることが分かれば、調停にも影響を与えます。

そうした理由で今は会えないけど必ず結婚しようと力強く宣言し、その証拠となるものが用意できれば相手も多少は待ってくれます。

相手にも相手の人生があり、幸せに暮らしたいと願うのは当然のことです。にもかかわらず、自分の人生を何だと思っているのかと思わせれば略奪は不可能です。

一緒に幸せになろうと真剣に思わせる行動や覚悟、誠意を見せていくことが絶対条件であり、それらが揃ってようやくプロポーズをすることで可能性が高まります。

まとめ

結果的に略奪を成功させたケースは少なからずあり、離婚してから数年後に結婚するケースが多いです。

ただそこまでには、浮気をしないことや誠意を持って彼女や彼女の家族、周囲の人に接していること、収入面で不安にさせないことなど乗り越えるべきハードルがたくさんあることも事実です。

愛の力だけで略奪を成功させることは不可能です。

むしろ愛の裏にある真剣な気持ちや今後の人生設計などがしっかりしていなければ、怖くて相手をチェンジすることはできません。

リスクも手間もかなりかかりますが、そこまでして手に入れたい存在なのかというのを行動を起こす前に考えることをおすすめします。

不倫疑惑のある旦那がいる!

-体験談, 女性向け~オトコの浮気~

運営者情報